漢詩のルール〜「七言絶句仄起式」

前回の記事で「平仄式」について、紹介させていただきました。ただ、その規則性は実際の詩、しかも数は三首だけからの帰納として紹介したので、一般的ではありませんでした。

今回は、一般的な「平仄式」として多くの作詩参考書に掲載されているものを学習します。まずは、具体的な「平仄式」を挙げます。

上のPNG画像をクリックすると別ウィンドウでSVG画像が表示されます。

この「平仄式」には名前があります。それは「七言絶句仄起式」です。

“漢詩のルール〜「七言絶句仄起式」” の続きを読む

漢詩のルール〜「押韻」について

今回の記事は、漢詩のルールのひとつである「押韻」について学習します。なお、取り上げる詩は、これまでと同じ「華清宮(杜常)」です。

さて、四声(平声・上声・去声・入声)を平字と仄字に分け、平仄を調べることを前回まで学習しました。次の段階は、平字の「韻」について調べます。ただし、調べるのは、「程・清・声」の三文字についてです。

「韻」の調べ方については「漢和辞典で詩韻を調べる(1)」の記事を参考にしてください。この記事の中で「情」の字を取り上げています。

『字源』で「情」の字を調べた

ここで「赤丸」で示している部分の記号が平仄を表し、「情」の字が「平字」であることがわかります。

“漢詩のルール〜「押韻」について” の続きを読む