「漢文とは何か」(其の八)〜「音訓」から「訓読」への道程

「漢文とは何か」(其の二)〜漢文は中国語なのか?』において、「漢文とは」の答えとして『漢文入門』(前野直彬;筑摩書房)の定義を採用しました。

「漢文」とは中国の古典的な文を、中国語を使わずに、直接日本語として読んだ場合、その文に対してつけられた名称である。

また、「日本語として読む」ことを「訓読」と呼ぶことも勉強しました。さらには、「漢文」の原文を構成する漢字の音訓についても学習しました。

では、これだけで「漢文」を「訓読」することができるようになるのでしょうか?まだ、「訓読」に必要な「返り点」や「再読文字」などについても学習しなければ、当然読むことはできませんが、それ以前に漢字の「音訓」の勉強をしても、まだまだ読むためには準備がいるみたいです。

“「漢文とは何か」(其の八)〜「音訓」から「訓読」への道程” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の六)〜漢字の「音訓」の正体(3)

前回までに「音読み」と「訓読み」の初歩について学びました。前々回では『「漢文とは何か」(其の四)〜漢字の「音訓」の正体(1)』と題して「音読み」が中国語の発音が訛ったものであることを学びました。

今回は、この「音読み」の初歩からもう少し範囲を広げて学んでみたいと思います。

“「漢文とは何か」(其の六)〜漢字の「音訓」の正体(3)” の続きを読む