字音・声母・韻母・声調など字音について独習してみた(承前)

前回、声母(子音)韻母(母音)について独習しました。しかし、四種類の漢字「媽」、「麻」、「馬」、「罵」は、すべて同じ「ma」と表記されてしまいます。ただし、それぞれの漢字は、意味が異なります。つまり、声母(子音)と韻母(母音)だけでは、その違いを表現することができないことになります。

これは日本語においても同様のことが起こります。例えば「橋」と「箸」は、いずれも「ハシ」ですが、そのアクセントにより違いを表現します。このアクセントのように発声に関わる声の調子のことを「声調」と言います。

今回は、この「声調」について独習します。

“字音・声母・韻母・声調など字音について独習してみた(承前)” の続きを読む

字音・声母・韻母・声調など字音について独習してみた

中国語入門などのテキストを読むと、『中国語の漢字1文字は1音節から構成されています』と書かれています。その1音節(漢字音)は、子音母音から次のように構成されていることが記述されています。

子音+母音+(子音)

これは、発音についての学習で多くの中国語入門テキストに説明されているので、詳しくはそちらをご覧ください。

今回は、これらを音韻学(漢字の音韻を研究する学問)と呼ばれる学問での分類に従った、「声母」、「韻母」、「声調」の言葉について独習します。

[声母][韻母][声調]

“字音・声母・韻母・声調など字音について独習してみた” の続きを読む

白文、訓読文、書き下し文の違いと漢字表記(新字体と旧字体)について

ここでは、主に「白文」、「訓読文」、「書き下し文(読み下し文)」の違いと、漢字の新字体旧字体について独習(本サイトの作者である滄洲が学習するので「独習」という言葉を使うことにしました)します。なお、今回の独習に使用する漢文(漢詩)は、これまで何度か登場した李白の「静夜思」です。

“白文、訓読文、書き下し文の違いと漢字表記(新字体と旧字体)について” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の八)〜「音訓」から「訓読」への道程

「漢文とは何か」(其の二)〜漢文は中国語なのか?』において、「漢文とは」の答えとして『漢文入門』(前野直彬;筑摩書房)の定義を採用しました。

「漢文」とは中国の古典的な文を、中国語を使わずに、直接日本語として読んだ場合、その文に対してつけられた名称である。

また、「日本語として読む」ことを「訓読」と呼ぶことも勉強しました。さらには、「漢文」の原文を構成する漢字の音訓についても学習しました。

では、これだけで「漢文」を「訓読」することができるようになるのでしょうか?まだ、「訓読」に必要な「返り点」や「再読文字」などについても学習しなければ、当然読むことはできませんが、それ以前に漢字の「音訓」の勉強をしても、まだまだ読むためには準備がいるみたいです。

“「漢文とは何か」(其の八)〜「音訓」から「訓読」への道程” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の七)〜漢字の「音訓」の正体(4)

これまで「音読み」、「訓読み」の初歩的な事柄について学習しました。「音読み」では、中国語の発音が訛ったものであること、また、中国語としての発声法(声調)である四声を表現できないことなどがわかりました。

一方、「訓読み」は「やまとことば」であり、中国語の意味を表す「読み」もあれば、全く意味の違う「国訓」や和製漢字である「国字」などがあることがわかりました。

今回は、「訓読み」について、もう少し学習してみました。なお、『漢字の「音訓」の正体』という仰々しい題の学習は今回が最終回です。

“「漢文とは何か」(其の七)〜漢字の「音訓」の正体(4)” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の六)〜漢字の「音訓」の正体(3)

前回までに「音読み」と「訓読み」の初歩について学びました。前々回では『「漢文とは何か」(其の四)〜漢字の「音訓」の正体(1)』と題して「音読み」が中国語の発音が訛ったものであることを学びました。

今回は、この「音読み」の初歩からもう少し範囲を広げて学んでみたいと思います。

“「漢文とは何か」(其の六)〜漢字の「音訓」の正体(3)” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の五)〜漢字の「音訓」の正体(2)

『漢字の「音訓」の正体』などと大げさな題で、実はその内容は「音読み」の初歩でした。まだ「音読み」については、もう少し学ばなければならないことがあるのですが、今は先に「訓読み」の初歩について調べてみます。

“「漢文とは何か」(其の五)〜漢字の「音訓」の正体(2)” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の四)〜漢字の「音訓」の正体(1)

漢文を読む場合、私たちは中国語で発音することなく、日本語として読む「訓読」を行い、その対象となる文を漢文と呼ぶことを勉強しました。

日本語で読む以上、当然ながら中国語の発音で読む訳ではありません。では、中国語の発音は全く無関係でしょうか?

ここまでの「漢文とは何か」と題する記述の流れから、中国語の発音が無関係でないことは予測できると思います。それが漢字の「音訓」、すなわち「音読み」と「訓読み」です。今回は、このうち「音読み」について勉強することにします。

“「漢文とは何か」(其の四)〜漢字の「音訓」の正体(1)” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の三)〜漢文を読む?

前回、前野直彬先生の『漢文入門』(筑摩書房)の定義を引用して「漢文」の定義を勉強しました。ここで、もう一度引用しておきましょう。

「漢文」とは中国の古典的な文を、中国語を使わずに、直接日本語として読んだ場合、その文に対してつけられた名称である。

そして、この「日本語として読む」ことを「訓読」と呼ぶことも勉強しました。今回は、この「読む」、つまり「訓読」について、もう少し勉強してみます。

“「漢文とは何か」(其の三)〜漢文を読む?” の続きを読む

「漢文とは何か」(其の二)〜漢文は中国語なのか?

前回は、

「漢文とは何か」(其の一)〜日本と中国で「漢文」の意味が異なる?

と題して、日本と中国で「漢文」の意味が異なることを勉強しました。今回は、漢文は中国語なのでしょうか、もし、中国語だとするならば漢文を読むということは、中国語を読むことなのでしょうか?今回は、「漢文は中国語なのか?」ということについて勉強しました。

“「漢文とは何か」(其の二)〜漢文は中国語なのか?” の続きを読む