梅雨聽蛙(拙作)

梅雨(ばいう)(かえる)()

苔気(たいき) ()(かこ)み 夜雨(やう)(ふか)く、 群蛙(ぐんあ) 乱吠(らんぱい) (おと)()さず。

推敲(すいこう) 一字(いちじ) (ひと)閑坐(かんざ)し、 鼓吹(こすい) 千声(せんせい) (とも)苦吟(くぎん)せん。

下平声十二侵(字:深・音・吟)

あれこれ推敲していたら、かなり時期外れの作品となってしまいました。

「敲」字は平仄両用の文字です。「鼓吹」ときの「吹」字は仄用(寘韻)になります。

投稿者: 滄洲

趣味で漢詩を作ったり、三体詩や聯珠詩格などの詩集、論語や老子などの漢文を読んだりしている「滄洲」と言います。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA