【操觚字訣】の一部まとめ「愁・憂・患」「傷・痛・隠・悼・惨」「怨・恨・憾・懟・憝」

twitter「漢詩作法入門講座」において【操觚字訣】を少しづつツイートしています。全てではないけれど、Facebookページ「漢詩作法入門講座」でもまとめていますが、改めてブログ「趣味の漢詩漢文」でもまとめてみたいと思います。

#漢詩 #操觚字訣 #詩語 #漢文

まとめ(1)【操觚字訣】愁・憂・患

愁は、かなしみ、ものさみしき意、あつまりて、のびぬなり、詩語に「旅愁」「愁雲」などとつづく、

憂は、心をいため、物をきずかひする患なり、欝してとけぬなり、

患は、気のどくなること、やまひ或はなんぎなどの意、憂主(レ)心、患主(レ)事、(通解下系)と、

恤もうれふるなり、物ごとくつたくにすること也、

憂患と上の文の如くかけば、難儀なることを、くにすると云こと也、大学の憂患は、上にいふとは異なり、畳用していふこと也、右の三字緩急軽重の別を弁ずべし

まとめ(2)【操觚字訣】傷・痛・隠・悼・惨

傷は、憂思也、又創也、損也、毀傷也、戕害也と注す、「傷心」といへば、心をやぶりそこなふごとく、つよくいたみあんじる也、

痛は、もとやまひとよむ字也、楚疼して身にいたみのあること也、「痛心」といへば心のいたひほど也くるしむ意あり、傷よりはせまくつよし、

隠は、「隠憂」「惻隠」などいふ通り、心のそこよりしつとりと、しようしに思ふ、いたみなり、

悼は、傷の意に憐愛の意を兼ぬ、むごいと思ふてうはかはへださずに、中心にてふびんに思ふ也、悼(レ)死の類也、

惨は、心のいやきをいたむこと也、

悽は、悽愴とつづき、物かなしく眉をひそむる也、

傷痛ははげし、隠悼惨はぶらりといたむ、軽重はいづれにもあるなり

まとめ(3)【操觚字訣】怨・恨・憾・懟・憝

怨は、恚也、恨也、仇也、讎也、人をうらみ、又あだとするなり、

恨は、心にとどまり、怨の至極ふかき也、わが心にもちて、ああひよんなことをしたと、いつまでもくやむ也、人に対するより、わが方へかかる字なり、「望悵」「悵恨」なとつづくにてしるべし、

憾は、恨のあさきなり、正字通に云、恨與レ憾声義微別、憾意浅、恨意深、憾音軽、恨音重と、これにて明かなり、

懟は、怨也もと憝に作る、懟は対の声に従ひ、憝は敦の声に従ふ、しかれば、うらみの相対すると、あつきとに就て分つ字なり


では、次の記事で、また、お会いしましょう。
失礼します。

投稿者: 滄洲

趣味で漢詩を作ったり、三体詩や聯珠詩格などの詩集、論語や老子などの漢文を読んだりしている「滄洲」と言います。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA