漢詩のルール〜「平仄式」について

次の三首の平仄を調べてみましょう。

各詩の学習は、それぞれの記事を参考にしてください。

それぞれの平仄は次のようになります。

華清宮
○●○○●●◎ ●○○●●○◎ ○○●●○○● ○●○○●●◎
行盡江南數十程 曉風殘月入華清 朝元閣上西風急 都入長楊作雨聲
宮詞
○●○○●●◎ ○○●●●○◎ ●○○●○○● ●●○○●●◎
金殿當頭紫閣重 仙人掌上玉芙蓉 大平天子朝元日 五色雲車駕六龍
呉姫
●●○○●●◎ ●○○●●○◎ ○○●●○○● ●●○○●●◎
自是三千第一名 内家叢裏獨分明 芙蓉殿上中元日 水拍銀盤弄化生

ここで、平仄を表している○や●の記号のみを並べてみます。

○●○○●●◎ ●○○●●○◎ ○○●●○○● ○●○○●●◎
○●○○●●◎ ○○●●●○◎ ●○○●○○● ●●○○●●◎
●●○○●●◎ ●○○●●○◎ ○○●●○○● ●●○○●●◎

どうでしょう。三首の平仄を縦に眺めて見ると、平仄の規則性が少しだけ見えてきませんか?偶々の部分もありますが、平仄が常に同じ規則性を持っている部分があります。

×●○○●●◎ ×○×●●○◎ ×○×●○○● ×●○○●●◎
×●○○●●◎ ×○×●●○◎ ×○×●○○● ×●○○●●◎
×●○○●●◎ ×○×●●○◎ ×○×●○○● ×●○○●●◎

このような平仄の規則性を「平仄式」と言います。

この平仄式には一定のルールがあります。例えば、前回学習した押韻は一・二・四句の七文字目、一句目の二文字目は必ず仄で四文字目は平、また、各句の一文字目は平仄はどちらでも良い…など、いろいろあります。

漢詩には、この「平仄式」に代表されるようないくつかのルールがあります。そして作詩も、そのルールに従っています。


では、次の記事で、また、お会いしましょう。
失礼します。

投稿者: 滄洲

趣味で漢詩を作ったり、三体詩や聯珠詩格などの詩集、論語や老子などの漢文を読んだりしている「滄洲」と言います。 よろしくお願いします。