『三体詩』より「李浦が京に之くに別る」(王昌齢)【訓読文】

【訓読文】

【作者】
王昌齢(おう しょうれい)=(698〜755)。唐代中期の詩人。字は少伯。

【書き下し文】
李逋(りほ)が京(きょう)に之()くに別(わか)る
故園(こえん) 今(いま) 㶚陵(はりょう)の西(にし)に在()り。江畔(こうはん) 君(きみ)に逢()い 酔()うて迷(まよ)わず。
小弟(しょうてい) 隣荘(りんそう)に 尚()お漁猟(ぎょりょう)せん。一封(いっぷう)の書(しょ)は寄()す 数行(すうこう)の啼(なみだ)。

【語 釈】
李浦=人名。未詳。=長安の都。故園=ふるさと。㶚陵=漢の文帝の陵墓。長安の東南校外にある。江畔=川のほとり。江は長江(揚子江)を指す。醉不迷=酒を飲んでも酔えない意。小弟=おとうと。鄰莊=別荘の隣。漁獵=魚を捕って遊ぶ。

 

では、次の記事で、また、お会いしましょう。
失礼します。

投稿者: 滄洲

趣味で漢詩を作ったり、三体詩や聯珠詩格などの詩集、論語や老子などの漢文を読んだりしている「滄洲」と言います。 よろしくお願いします。