【操觚字訣】 嘗、曾

今回は【操觚字訣】より、「嘗、曾」をお届けします。

嘗は、なむる、こゝろむとよむ字なり、かつてとよむとき、曾なりと註す、か子て、かねが子、そふいふ覺へあると云意なり、常と同しき所あり、曾は詞之舒也、又經也、嘗也、乃也、則也、品字箋曾字下に云、又不料之辭、大雅、曾是掊克、曾是在位、又反辭 大雅、曾不其玷、論語、曾謂泰山、又何曾は、俗語何嘗と同し、これらの多義あり、みなかつてとよめども、意義各々別あり、嘗と同音になり、全く同じき所あり、乃と則とは、かつてすなはちとよめども、助語のうへ、深義なし、ことばのてにはになる、詞ののぶると云も、この義にちかし、經といふは、そふあることを、へるなり、不料のことば、さふあるまいと、思ふたにと云こと、反辭は、さふあるはづが、さふなきなり、未曾と、下より返らざれば、俗語なり、かたから、とんとゝ、みてよくあたる所あり、各その文勢によりて考へしるべし、


「​嘗」と「曾」の文字、「かつて」と読む場合に意味上の違いはないようです。ただし、『又何曾は、俗語何嘗と同し』とあるように「かつて」を意味する文字としての「​嘗」は俗な文字で、「雅」な文字としては「曾」を用いることが賢明なようです。

実際、三体詩の実接では「​嘗」の用法を見ることはできませんでした。また、唐詩の絶句でも、「​嘗」を用いた例は極々少数でした。

では、次の記事で、また、お会いしましょう。
失礼します。

投稿者: 滄洲

趣味で漢詩を作ったり、三体詩や聯珠詩格などの詩集、論語や老子などの漢文を読んだりしている「滄洲」と言います。 よろしくお願いします。