【操觚字訣】見、所、被

今回の【操觚字訣】は、「見」「所」「被」です。

和點に、「らる」とよむこと、人よりそふせらるゝと云ふことなり、語辭とすること、三字とも、字書に註なし、本義にてその別を辨すべし、「見禽被殺」はとらへられて、刄殺するをかふむるをみるなり、「見輕侮」は、人にあなどらるゝをみるなり、「所親厚」は、親厚するところなり、惠まる、寄らる、許さるの類、各この意にて分つべし


今回の「見」「所」「被」については、高校漢文のテキストなどにも「受身形」として詳しく解説されていますので、現代の我々には、そちらの方が参考になるかもしれません。


投稿者: 滄洲

趣味で漢詩を作ったり、三体詩や聯珠詩格などの詩集、論語や老子などの漢文を読んだりしている「滄洲」と言います。 よろしくお願いします。