白文、訓読文、書き下し文の違いと漢字表記(新字体と旧字体)について

ここでは、主に「白文」、「訓読文」、「書き下し文(読み下し文)」の違いと、漢字の新字体旧字体について独習(本サイトの作者である滄洲が学習するので「独習」という言葉を使うことにしました)します。なお、今回の独習に使用する漢文(漢詩)は、これまで何度か登場した李白の「静夜思」です。

白文についての独習

漢字は、もともと中国から輸入されたものですが、その中国では「簡体字」と「繁体字」と呼ばれ、字体の異なる漢字があります。同様に日本においても「新字体」と「旧字体」と呼ばれ、字体の異なる漢字があります。

ここで、使用する漢字を一応定めておきます。当然と言えば当然なのですが、これまでの例も、また、これからの例についても「日本の漢字」を使用します。

さて、「白文」ですが、これは原文としての漢文であり、単純に漢字の羅列として表現されるものです。

靜夜思 李白
牀前看月光疑是地上霜擧頭望山月低頭思故郷

また、本来、古典である原文には句読点はないのですが、それでは「切れ目」がどこにあるのかわかりにくいので、句読点を付けたものもあります。

靜夜思 李白
牀前看月光疑是地上霜擧頭望山月低頭思故郷

中国においても「標点符号」と呼ばれる「,」「。」や「?!」などの記号を使用することがあります。

靜夜思 李白
牀前看月光疑是地上霜擧頭望山月低頭思故郷

本サイトでは、この句読点が付いた漢文も「白文」として扱います。また、「白文」において漢字は「本字(正字)」と呼ばれる主に「旧字体」と呼ばれる文字を多くは使用します(旧字体が必ず本字ということではありません)。

注意:
ただし、文字コード(文字の電子符号化)としては「UTF-8」を使用していますが、このコード体系がすべての漢字を表現できるわけではないので、その場合は、俗字や略字を使用することもあります。

また、「静夜思」は五言絶句なので、次のように改行して表示することもあります。

 靜 夜 思 李白
牀 前 看 月 光
疑 是 地 上 霜
擧 頭 望 山 月
低 頭 思 故 郷

あるいは、縦書きの画像を使用することも多々あります。

「靜夜思」李白:牀前看月光、疑是地上霜。擧頭望山月、低頭思故郷。

訓読文についての独習

訓読文」とは、「白文」に「返り点」や「送りがな」を付加して、漢文を日本語として読めるようにしたものです。

 靜 夜 思 李白
牀 前 看月 光、疑 是 地 上 霜。擧頭 望山 月、低頭 思故 郷

この例では、「返り点」のみで「送りがな」を付けていませんが、「返り点」は、あくまで日本語として読むための語順を表記したもので、中国語としての原文、つまり白文にはないものです。そのため、これも「訓読文」となります。

なお、「訓読文」では主に「歴史的仮名遣い」を使用します(ただし、私の学習不足のため誤っているところがあるのは、ご容赦ください)。また、「送りがな」は「カタカナ」で表し、対象となる漢字の右下に記述します。次の画像は縦書きで「訓読文」を表現したものです。

書き下し文についての独習

書き下し文」とは、「訓読文」を日本語の語順で書き表したもので、それを読めば「読み下し文」と呼ぶらしいが、私はあまり使い分けていないので、混同して用いることがあります(これは良くないことかもしれません)。

この「書き下し文」では、通常、漢字は「新字体」として、「現代仮名遣い」で表記するようにしています(ただし、これも歴史的仮名遣いのときと同様に、私の学習不足のため誤っているところがあるのは、ご容赦ください)。

以下に、「静夜思」の書き下し文を例示しておきます。

 静夜思(せいやし) 李白(りはく)
牀前(しょうぜん) 月光(げっこう)を看(み)る、
(うたが)うらくは是(こ)れ 地上(ちじょう)の霜(しも)かと。
(こうべ)を挙(あ)げて 山月(さんげつ)を望(のぞ)み、
(こうべ)を低(た)れて 故郷(こきょう)を思(おも)う。

独習のまとめ

  • 「白文」は、原文としての漢文を呼ぶ
  • 「白文」では、主に「本字」を使用する
  • 独習では、句読点があるものも「白文」に含める
  • 「訓読文」は、「白文」に「返り点」や「送りがな」を付けたものを呼ぶ
  • 「訓読文」では、「歴史的仮名遣い」を用いる
  • 「訓読文」の「送りがな」は「カタカナ」で表し、漢字の右下に記述する
  • 「返り点」のみで「送りがな」がない場合の漢文も「訓読文」とする
  • 「書き下し文」は、「訓読文」を日本語の語順で「送りがな」を付けて書き表したものを呼ぶ
  • 「書き下し文」は、「新字体」および「現代仮名遣い」で記述する
  • 「読み下し文」と呼ぶこともある

今回のキーワード

白文、訓読文、書き下し文、読み下し文、本字、正字、新字体、旧字体、標点符号、歴史的仮名遣い、現代仮名遣い、返り点、送りがな、静夜思、李白


今回の勉強で使用したテキスト

前野直彬(2015年)『漢文入門』筑摩書房
加藤徹(2013年)『白文攻略 漢文法ひとり学び』白水社
古田島洋介・湯城吉信(2011年)『漢文訓読入門』明治書院
石川忠久(2009年)『漢詩鑑賞辞典』講談社

投稿者: 滄洲

趣味で漢詩を作ったり、三体詩や聯珠詩格などの詩集、論語や老子などの漢文を読んだりしている「滄洲」と言います。 よろしくお願いします。