漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 詩話を読もう > 淡窓詩話 > 高青邱について

高青邱について - 淡窓詩話

○問 高青邱が詩、明朝第一なる由、妙處如何。又諸體の長短如何。

高青邱が詩、第一たることは趙甌北の説なり。予は明人の集を盡讀みたるには非ず。然れども一代の大家、李何王李徐袁鍾譚などの集の妙錄せしものを讀みて、其一班を窺ふに、其體皆一偏にして、中正ならず。高が純粹中正なるに如かず。これに由りて趙が説の誣言(フゲン)に非ることを知れり。明人の詩は、皆門戸を張り、同調を誘引し、己れに異なるを排撃して、勝つことを求むるを主とせり。是れ其體の一偏に流る﹅所以なり。高が時までは、未だそれ等の事あらず。故に中道を得たりと思はる。

高が詩は、七古七律最も長ぜり。五古五律之に次ぐ。絶句は其所長に非ず。

==========