漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 詩話を読もう >淡窓詩話

淡窓詩話 - 目次 -

淡窓詩話」は、広瀬淡窓が門下生の問いに答えて、詩の本質、作詩の方法や心得、詩の味わい方などについて語ったものを、養子、広瀬青邨が明治初年に編集したものです。原文は、カナまじり文ですが、ここでは、すべて平仮名表記にしました。また、旧仮名遣いは改めていませんが、一部は、読み易いように「先ツ」を「先づ」のように改めた部分もあります。

【作者小伝】

広瀬淡窓(ひろせ-たんそう)=(1782-1856) 江戸後期の儒者・漢詩人・教育家。豊後国日田の人。名は簡、のち建。字は廉卿、のち子基。淡窓と号す。1817年豊後日田郡堀田村に私塾、咸宜園(かんぎえん)を開き、敬天を旨とする教育を行う。門下に高野長英・大村益次郎・長三洲等を輩出す。安政3年(1856)歿、75才。

上巻
詩を学ぶ順序は
問 詩を學ぶには、諸體何れを先に學び、何れを後にすべきや。
五家(陶王孟韋柳)の妙処及び長短は
問 先生陶王孟韋柳の詩を好み玉ふと聞及べり。五家の妙處及び長短、何れの處にありや。
高青邱について
問 高青邱が詩、明朝第一なる由、妙處如何。又諸體の長短如何。
『論詩』について
問 先生「論詩」詩の結末の、「誰明六義要。以起一時衰。」とあり。如何なる處を以て、今時の衰を起し玉ふや。
『詩の悟り』について
問 詩は禪の如し悟を得るに在りと。小子輩如何なる處に力を著けて悟を得べきや。
詩を学ぶ益
問 詩を學ぶの益は、孔子の言に盡せり。然れども今の詩は古の詩に非ず。故に世儒務めて其無用を論ず。如何心得べきや。
一句一聯の妙処
問 一句一聯の妙處は、古人の論を聞きて之を曉れり。篇法の妙に至りては、未だ窺ひ知ること能はず。願はくば其一端を聞かん。
佳句について
問 古人佳句と稱するもの、必しも佳句に非るものあるべし。古人の稱せざるもの、亦佳句あるべし。願はくは其一二を聞かん。
詩訣について
問 當今の詩人、我門より盛なるはなし。宜園百家詩抄の如き、世の傳誦する所なり。皆先生教導の宜しきに因れり。小子輩幸に函丈に侍す。願はくは先生の詩訣を得ん。
詩の要訣について
問 五言の起句に韻を用ふると、七言の起句に韻を用ひざると、法あることにや。
下巻
作詩の要について
問 詩を作るの要、何を以て先とすべきや。
平仄について
問 嘗て聞く邦人の詩平仄正しからず。漢人の爲さざる所多しと。如例なる處を云ふや。
起句の押韻について
問 嘗て聞く邦人の詩平仄正しからず。漢人の爲さざる所多しと。如例なる處を云ふや。
五七絶を作る心得について
問 五七絶を作るには、如何心得べきや。
古人の詩を學ぶ心得について
問 古人の詩淵源する處、及び詩を學ぶの心得は如何。
李蘇仙才と称すについて、歴代の諸家の長短について
問 李蘇皆仙才と稱す。異同如何。
問 歴代の諸家各長短あるべし如何。
文人、經衡、心學の詩論について
問 世の文人、詩を作る者を賤すること甚し。經衡に志す者は、詩文共に浮華の具なりとして之を廢す。心學を談ずる者に至りては、經籍をも蔑棄して、之を故紙と稱す。其論愈出て愈高妙なり。如何折衷すべきや。
詩を論ず
問 汎く詩を論ず
==========