漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 詩話を読もう > 詩學逢原 > 詩語常語取義(1)

詩語常語取義(1) - 詩學逢原

詩 學 逢 原 卷之上

南海 祇阮瑜著
金龍 釋敬雄校

詩語常語取(詩語常語義を取る)

(およそ)詩を學ばんと欲する者、先(まづ)宜く詩の原を知るべし。詩の原とは、元來詩は心の聲にて、心の字には非ず。六經の教それぞれに立る所各別なり。易は卜筮の書なり。書は誥命の書なり。禮は儀式の書なり。春秋は記録なり。詩は歌謠なり。皆これを借て教を設く故、詩は聖人、昔の音樂の唱歌、人の戒となり、教となるべき者を、三百餘篇選み、後世に示されたり。然れば、詩は元と聲の教にて、外の書の如く、あらはに義理を述て、人に異見する如くなる者には非ず。其聲を聞て、人自然に感通して、惡心止み善心發す。是を「思無邪」と稱し、周南召南を學べと示されたる、皆聲音の上の事なり。

宋儒これを知らず、理窟を以て詩を説くは大に誤なり。然るに周の末に至りて、音樂の道亡びて、其節拍子、はやし方、共に絶へ亡びぬれば、昔の如く音聲を聞て、感ずること無といへども、姑く吟咏讀誦して、心に感通する所、今に遺(のこ)れるのみ。大序に所謂「動天地、感鬼神(天地を動し、鬼神を感ず)」と云へるは、昔の音樂律呂に協(かな)へて、歌ひたる時のことなり。後世只吟咏したるばかりにては、さほどの感はあるまじ。若(もし)今新に作り出すに、誠あらば、歌はずとも、はやさずとも、天も鬼神も感通すべし。

右の如く昔の音樂の教、世に亡びたるを以て、孔子の時代には、古詩をとくと讀習ひ、よく誦(よみ)て、自ら義理をも明め、我身の戒とし、人にも教へ、人に心底を示し、義理を説く資(たすけ)となせり。故に孔子曰く「誦詩三百」と云ひ、「可與言(一レ)詩」ともいへり。其法自ら作出すに及ばず。三百篇に載たる詩又は逸詩にても、或は二句三句四句六句、其の入るべき所を抜出し、これを賦す。是を「斷章取義」と名付けて、春秋の代の、列國士大夫、會盟朝聘に臨みて、己が心底を通ずる爲め、或は祝賀を述、或は喜をうつし、或は憂をうつし、或は問答の辭を資くること縱にも横にも自由自在に取扱ふこと、外の書にてはならざることなれども、詩は元より理を説き、義を辨ずる道具にあらず。惟(ただ)人情を寫したる唱歌故、人これを聞て、其感ずるに隨ひ、いかやうにも道理の付くこと、詩に限りて、不可思議の妙用自ら具(そなは)る。是孔孟家、詩を取扱ふ一種の祕學なり。

其取扱ひやうの手段は、語孟左氏禮記等に委く出でたり。後世詩を學ぶ人、この取扱を忘れ、態々自分に作り出して、其情を抒ぶ。其始屈原が離騒より起り、漢魏六朝に及びて益々盛なり。其故いかにとなれば、上代は人心質樸にて、詩義にもさとく通ぜし故、右のとほり斷章取義にて、己が情も通し、人も能(よく)徹せり。後世さやうばかりにては、事たらぬやうに覺え、人も慥(たしかに)取こと薄き故、自新咏を作り出して、情を十分に抒(のべ)たり。それより次第に盛になりて、六朝に至て、專(もつぱら)巧拙の品も出來、體裁も多くわかれ、後は謝霊運、鮑照、庾信が輩、經史中の故事熟宇を引用(ひきもち)ひ、遂には學術材藝を爭ふ業となりたり。

是昔日の簡畧なる語、後世には長く華美になり來ること、韓公所謂の如く、周公より以下は、其説長と云へる、古今時世の勢しからざることを得ず。其後唐に及びて、又一變して、詩を以て人を取ること始り、詩を作らせて、其工拙を見て、人の賢否を擇(えら)び定め、官を授け、職に任ず。かかりしかは、天下擧(あげ)て詩を好み、兒童婦人賤隷に及ぶ迄詩を能することになり、弔賀送贈にも、必ず詩を用ゆることになれり。引て宋に至りて、又詩を以て理窟を説き、議論を發明し、猶又和韻と云ことはやり、それより元明を歷、今日に至て、詩只慰みごとになり、甚だしきは、俳語戯劇の詞を用ひ、或僻字僻事を出して、才を爭ひ、博を衒(てら)ひ、月露風雲に耽り、花鳥遊宴に戯れ、酒琴と同く、竝書畫の媒となる。

以の外本意を取失ひたること知る人は嘆息に堪ふべからず。然れども、今日に至て、一人の微力を以、廻瀾を既に倒れたるに反すことは迚(とて)も叶はざることなり。嗚呼詩の原は一なり。三代の初、人情のやむことを得ざるより、聲音に發したる迄の物なりし。周の時國々の詩を、太史に集め、列國の風、善惡興衰を觀られしこと、詩の一事にて、又管弦祭に被(くはえ)て、廟堂朝廷の祭祀燕饗に奏し、邦國閨門に用ひて、人情を和するの樂章となせる、又詩の一事なり。孔子の時に至りて、弦歌諷誦して、斷章取義又一事なり。唐はこれを以て士を取り、後世遊戯の具となる。又各一事なり。一詩歷代を經て、かく用る所はかはれども、かはらざる所は、其源人情のあらはるる所に於ては一なり。故に今日我輩、造り出す所の品はともあれ、せめて本意に負かざらんは、斯道の大幸なるべし。我故に先詩の源流を論ずること右の如し。

學者願くはこれに依て、其源に泝り、本意に協ふやように作り、習ふべきことなり。其本意と云は、前に云ふとほり、詩は人情を吟咏する聲の道具にて其作る法、賦比興の三體ありて、其境界、其心情を其ままに寫し出すを賦とし、物に比し、たとへて作るを比とし、物を見に就て、情感じて作るを興とす。其事其辭、千變萬化すと雖も、此三體を出でず。三體の作例は、三首篇以下、いづれの詩にも具はれり。熟讀して自ら知べし。

右に論ずる如く、詩は理窟を述べ、議論をする道具に非ず。宋人詩を以て道學を論じ、史論人物を論ず。甚しくしては、杜子美が詩に、一字の褒貶(ほうへん)を寓す。これを詩史と云ふべしと稱歎し、時事を論ずる處、忠義君を忘れずと稱美する類、以の外なる僻事と云ふべし。一字の褒貶を寓して、世の教戒とすることは春秋の教にて、後世史官の守る所、曾て詩を借ること無く、詩も亦性情を吟咏すべき器を以て、史法を借べき義無し。時事を論ずるは、肉食の人これを謀ると云ひて、それぞれの官に居者の任なり。それだに尸祝は樽爼を越て、庖厨せずといへり。況や杜子美は、華州の司戸參軍より後は、西蜀の一布衣なり。心は忠義を守り、君上を忘ぬ志尤さもあるべし。

其比、安慶緒、史思明が賊臣、吐藩回鶻の夷虜、干戈鋒鏑天下に止むことなしと雖、郭子儀、李賜冰より以下、名將勇士、郡國に充滿せり。其任する所、如在(じょさい)も無く粉骨を盡、子美たとひ、奇謀長策ありと云とも、其位に非ざれば、千言萬語も畢竟一笑にしかず。しかるを、詩に於て、これを發す。何の益かあるや。小雅大雅に時事を言ひて、諷したる詩あるは、言べき人の言たるなるべし。これを以て子美が志は、たとひ病の世話やき、物にかかりなどとも稱せんは、無理ならず。是を以詩聖とは、大きなる心得違ひ、笑に勝へざるべし。是獨宋人の罪のみにも非ず。其萌(きざ)し唐人にも時々これ有り。就中杜牧が詠史の諸作等、甚議論に渉れり。是宋人の嚆矢(こうし)となれる者なり。

さて其性情を吟咏すること、亦惟常語を以、ひらたく、打つけに咏ずるには非ず。常語を以、ひらたく打つけに言ひてすむことなれば、態々(わざわざ)詩をつくるに及ず。譬へば、うつくしき情を述んとて、是はうつくしくして、たまられぬと云えばすむことなり。哀しきことをいはんとて、さてさてにくきやつかなと云。愛することを言んとて、かはいやかはいやと云ふ類、皆常語にて襁褓(きゃうはう)の孩兒も云ふことを得。是亦外の義に非ず。口より出れば、聲は聲ながら、文なき故、たとひ云ひても、情も暢ることを得ず。聞者も、なにの感ずることも、面白きこともなし。故に詩は「聲爲文是謂(聲文を爲す、是を音と謂ふ)」、其文をなす所、是れ詩なり。其文をなす、わざと作りこしらへて成すに非ず。「情は生于文(文より生じ)、文は生于情(情より生ず)」と云ひて、情の厚き所、自然に其文を成すこと、風の萬物に觸れて、自ら音あるが如し。

故に詩は常語をさけ、雅語を用て、面白く物になずらへ、心を表し、哀しきとて、打つけにかなしと云はず、うれしきとて、打つけにうれしきと、詞には出さずして、しかも打咏じたる上に、自然とかなしみの心見え、自然とうれしき情の餘る所、我もよく言ひおほせ、人も能聞て、感を起す。是れ詩の妙用にして、外の辭とかはる者なり。古人の所謂「長歌之哀過於泣哭(長歌の哀は泣哭に過ぐ)」とて、啼きわめくよりは、歌にうたふ悲は、人聞てあはれを催すこと深し。何となれば、詩歌聲音の自然に人心に入ること深き故なり。

とかく物になずらへ、事に興して、それとさだかに見えず聞えずして、どことも無く、面白く趣深く、味長きやうに作るを、好とし、詩語雅語とは云なり。ひらたく、そのままに述たるは常語、なずらへて言ひて、本體へさわらざるは、詩語と知るべし。然りとて、謎の如く隠して云ふには非ず。其用を言ひ體を言はぬを云ふなり。先づ此作り方を合點すれば、詩法思ひ半に過て、工拙は未だ論ぜず。先詩の姿と云ふ者になるなり。其上にて、工拙は功によるべし。詩の姿いまだ具らずして、常語をならべたる分にては、千萬首作りても、詩には非ず。咄(はなし)なり。故に予先づ初めに常語を去り、詩語になる手段を示すこと左の如し。此の例を以て、餘は類に觸れて長ずべし。今此の辭の鄙俚なるは、初學の早く會得せんが爲めなり。高明これを罰すること勿れ。

==========