漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 漢詩の作り方 > 漢詩の書籍 > 作詩に役立つ参考図書

作詩に役立つ参考図書 - 漢詩の書籍

漢詩人必携の図書」と「漢和辞典」があれば、初心者にも漢詩を作ることができます。まずは、これらの本と辞典を活用して詩を作って見てください。こうして詩を作る要領がつかめてくると、「詩」というものを考えて作詩をする必要が出てきます。そのためには先人の作品を研究しなければなりません。そこで、必要になってくるのが作詩のための手本です。

書 名著 者発行元
評釈と詩話 漢詩の再吟味』太刀掛呂山呂山詩書刊行会
『漢詩の手本』第一輯~第八輯
『中国名家詩選』第一輯~第二輯

「呂山詩書刊行会」から発行されている各書籍は単なる鑑賞書ではなく、作詩のために参考となることを主眼に詩が選択されています。また、作詩上の注意など作詩者のために書かれた貴重な本です。「呂山詩書刊行会」から発行されている書籍については,一般書店では取り扱っていないので、直接「呂山詩書刊行会」に申し込むか、古書店を探すことになります。

書 名著 者発行元
『和漢名詩類選評釈』簡野道明明治書院
新釈漢文大系『日本漢詩(上・下)』猪口篤志明治書院
『中国名詩鑑賞辞典』山田勝美角川書店
『日本漢詩鑑賞辞典』猪口篤志角川書店
『和漢名詩類選評釈』
和漢の名詩が感懐、節序などに分類されており、一冊でより多くの詩を見るにはとても便利なものです。
『日本漢詩』
日本漢詩について古代から近代に到るまでの代表的な詩人について解説されており、とくに詩人の伝については詳細に記述されています。
『中国名詩鑑賞辞典』、『日本漢詩鑑賞辞典』
角川書店のものも良書です。「日本漢詩鑑賞辞典」は絶版となっているため入手するためには古本屋に行かなければならないでしょう。

どの本も作詩のための本ですから、ただ読むだけでは効果はありません。「読み、作る」、これを繰り返すことが大切だと思います。

その他にも有用な作詩に役立つ参考図書は多くの種類がありますが、代表的なものは「滄洲書店(漢詩・東洋思想班)の「漢詩の作り方」をご参照下さい。

ページトップに戻る

==========