漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 漢詩の鑑賞 > 詩人別の鑑賞 > 梁川紅蘭

梁川紅蘭(2) - 漢詩の鑑賞

作者小伝

梁川紅蘭(ヤナガワ コウラン)。(1,804~1879)。幼名きみ、名を景婉、他に芸香といい、字を玉書または月華とし、紅鸞と号していたが、後に字を道華、号を紅蘭と改める。文化元年、美濃国安八郡曾根村に生まれる。幼少の頃より詩文を習い、琴もよくした。文政三年、紅蘭十七歳のときに頼山陽とならぶ江戸後期の大詩人である梁川星巌と夫婦の契りを交わす。このとき紅蘭は、本姓である稲津氏を改め、張氏と称する。そのため本来であれば「張紅蘭」とすべきであるが、近代以降は梁川姓の方が広く使われているので、ここでも梁川姓の方を用いた。

文政五年、夫婦はともに遠く西の九州へ向けて旅立つ。文政九年、一時帰郷した後、翌年には京都に赴き、ここで頼山陽と親しく往来する。天保三年、今度は江戸に向かい、最初、南八丁堀に寓居を定めるが、火事で焼失す。その後、墨田川畔を転々とし、最後は、神田柳原のお玉が池のほとりに落着く。この居所は玉池吟築と名付けられ、ここに詩社「玉池吟社」が設けられた。ここでは多くの子弟が集まり、その中には小野湖山、大沼枕山、森春涛、江馬天江などの幕末から明治にかけて詩壇を担うことになる多くの人を輩出した。弘化二年、江戸での活動に終止符を打ち、一時帰郷の後、再び京都に入る。京都でも江戸在住のときと同様、鴨川のほとりを転々とすることになる。また、この頃の星巌は僧月性、佐久間象山、吉田松陰らと盛んに往来し、尊皇攘夷の思想を強めていく。安政五年、夫星巌がコレラにより息を引き取る。それからまもなく安政の大獄が始まり、紅蘭も投獄される。安政六年、獄中生活に堪え、出獄する。晩年は、京都で私塾を開き子女の教育に尽くした。明治十二年三月二十九日病没。享年七十六。

偶成

「偶成」 四十多愁方作衰。堂無錦葆可憐児。何來黄蝶解人意。妝點石榴紅一枝。

【読み方】

偶成(グウセイ)

四十(シジュウ)(ウレ)い多(オオ)くして 方(マサ)に衰(オトロ)えを作(ナ)す。堂(ドウ)に 錦葆(キンポウ) 可憐(カレン)の児(コ)(ナ)し。

何来(カライ)の黄蝶(コウチョウ) 人意(ジンイ)を解(カイ)し。妝点(ショウテン)す 石榴(セキリュウ) 紅一枝(コウイッシ)

【語 釈】

四十=四十歳。この作は、作者四十四歳頃の作品である。 =家、部屋というほどの意。 錦葆=にしきのむつき。可愛らしい産着。葆は褓と同義。おしめ、産着のこと。 可憐児=愛らしい子供。 何来=どこからともなくやって来る。 人意=人の心。 妝点=よそおいかざること。妝は粧と同義。 石榴=ざくろ。

==========

この詩、年老いて子供のいない寂しさを詠じたものか。作者は生涯子供を授かることがなかった。

嵐山歸路

「嵐山歸路」寂寂殘花三里村。暮霞光斂月黄昏。不知吾亦流形者。看盡天機消長痕。

【読み方】

嵐山(ランザン)の帰路(キロ)

寂寂(セキセキ)たる 残花(ザンカ) 三里(サンリ)の村(ムラ)。暮霞(ボカ)(ヒカリ)(オサ)まりて 月黄昏(ツキコウコン)

(シ)らず 吾(ワレ)も亦(マ)た 流形(リュウケイ)の者(モノ)なるを。看(ミ)(ツ)くす 天機(テンキ) 消長(ショウチョウ)の痕(アト)

【語 釈】

嵐山=京都嵐山のこと。 帰路=帰り路。 寂寂=さびしいさま。静かなさま。寂如、寂然、寂乎に同じ。 残花=散り残ってしなびた花。 暮霞=夕暮れ。夕焼けのことを霞光という。 光斂=夕焼けの日の光がおさまる。 月黄昏=黄昏どきの月。黄昏は斂昏に同じ。 流形=万物がいろいろな形として現れる。転じて、万物、森羅万象をいう。 天機=天の機密。目に見えない自然の働き、また、その意思。 消長=衰えることと栄えること。栄枯、盛衰に同じ。

==========

「看」と「長」の字は両韻字である。『詩韻含英異同弁』によって寒韻のところを調べてみると、「看」の字は、

寒韻 視也○翰韻同

と出ている。これは、「看」の字が寒韻でも翰韻でもどちらでも良いことを意味している。すなわち、平仄両用の文字ですので「○」と「●」のどちらでも好きなように使える。しかし、「長」の字を陽韻で調べると、

養漾韻並異

と出ており、意味により韻が、「陽・養・漾」の三つに分かれることを意味している。このうち養と漾はともに仄韻なので韻を平と仄に分けて考えてみると次のようになる。

  • ○ 陽韻 ながい --- 長短
  • ● 養韻 おさ、としうえ --- 年長、村長
  • ● 漾韻 あまり --- 冗長

このように「長」の字は短に対しての「ながい」の意味の場合は平字で、それ以外の場合は仄字になると考えておけばよいだろう。

宿越智仙心水樓

「宿越智仙心水樓」 好是曉風殘月天。一条夢落落梅邊。香魂片片喚不返。三弄聲流漁笛船。

【読み方】

越智仙心(オチセンシン)の水楼(スイロウ)に宿(シュク)

(ヨ)し是(コ)れ 暁風(ギョウフウ) 残月(ザンゲツ)の天(テン)。一条(イチジョウ)の夢(ユメ)は落(オ)つ 落梅(ラクバイ)の辺(ヘン)

香魂(コウコン) 片片(ヘンペン)として 喚(ヨ)べども返(カエ)らず。三弄(サンロウ)(コエ)は流(ナガ)る 漁笛(ギョテキ)の船(フネ)

【語 釈】

越智仙心=人名。未詳。 水楼=水辺の楼。 暁風=明け方に吹く風。 残月=明け方の空に消え入りそうになっている月。残は「のこる」の意ではなく、「そこなう」である。 一条=細長いものを数える助数詞。ひとすじ。 香魂=花の精。また、美人のたましい。芳魂に同じ。 片片=軽くひるがえるさま。切れ切れなさま。 三弄=三度弄す。弄は「奏でる」、「音楽の調べ」の意味。ここでは三曲目の意味。 漁笛=漁夫の吹く笛。笛の曲に「梅花落」というものがある。この詩は、その曲を頭において作詩している。

==========

この詩の転句の平仄を次に示してみる。

となり、下三字の平仄が合っていない。これを「下仄三連」といい、我々が作詩する場合にも気を付けなければならないことである。ところで、この詩の場合、「仄三連」であるから単純に間違っているかというと、そうでもない。なぜならば、古人の作にも時々見られるが、入声の字は本来、仄字なのであるが、平字として借用するということが侭行われている。この詩の場合、

不 物韻(入声)

であり、平字として借用したものであろう。ところで我々初心者が作詩する場合には、なるべく借用を避けたいものである。なぜならば、借用するよりも他の字に置き換えたほうがいい場合が多いからであり、また安直な借用になりやすいからである。

笠置山下作 (本二首録一)

「笠置山下作」一簇人家水北涯。鳴鑾迹没草離離。春風吹溼青簔雨。寸寸香魚上釣絲。

【読み方】

笠置山下(カサギサンカ)の作(サク)

一簇(イッソウ)の 人家(ジンカ)(ミズ)の北涯(ホクガイ)。鳴鑾(メイラン)(アト)(ボッ)して 草(クサ)、離離(リリ)たり。

春風(シュンプウ)(フ)いて湿(ウル)おす 青簔(セイサ)の雨(アメ)。寸寸(スンスン)の 香魚(コウギョ) 釣糸(チョウシ)に上(ノボ)る。

【語 釈】

一簇=ひと集まり。簇はむらがる。 水北涯=水は木津川をいう。川の北方に町があるといっている。 鳴鑾=天子の車につける鈴。転じて、笠置山にあった後醍醐天皇の行在所をいう。 離離=草木、花や実などが茂りたれるさま。 青簔雨=青葉に降り注ぐ雨。 寸寸=一寸ばかりの。ごく小さいものをいう。 香魚=鮎のこと。年魚ともいう。 釣糸=釣り糸。

==========

鮎のことを「香魚」あるいは「年魚」というが、「鮎」の字を使うことはできないのであろうか。使うことはできるが、そのときは「あゆ」という意味にならない。これは漢和辞典を調べれば分かることだが、つぎのように出ている。

なまず。淡水魚の一種。[国]あゆ。清流にすむ、サケ科の小魚。

ここで[国]の印は、それが国訓、すなわち本邦でのみ通用することを表している。漢詩では、この国訓を使うことはできない。これを「和臭を忌む」という。つまり、漢詩で用いる「鮎」は「なまず」になってしまうのである。このような漢字は沢山あるので注意が必要である。なお、「五月連休」なども「国訓」に類するもので「和臭」となる。

==========