漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 漢詩の鑑賞 > 詩人別の鑑賞 > 梁川紅蘭

梁川紅蘭(1) - 漢詩の鑑賞

作者小伝

梁川紅蘭(ヤナガワ コウラン)。(1,804~1879)。幼名きみ、名を景婉、他に芸香といい、字を玉書または月華とし、紅鸞と号していたが、後に字を道華、号を紅蘭と改める。文化元年、美濃国安八郡曾根村に生まれる。幼少の頃より詩文を習い、琴もよくした。文政三年、紅蘭十七歳のときに頼山陽とならぶ江戸後期の大詩人である梁川星巌と夫婦の契りを交わす。このとき紅蘭は、本姓である稲津氏を改め、張氏と称する。そのため本来であれば「張紅蘭」とすべきであるが、近代以降は梁川姓の方が広く使われているので、ここでも梁川姓の方を用いた。

文政五年、夫婦はともに遠く西の九州へ向けて旅立つ。文政九年、一時帰郷した後、翌年には京都に赴き、ここで頼山陽と親しく往来する。天保三年、今度は江戸に向かい、最初、南八丁堀に寓居を定めるが、火事で焼失す。その後、墨田川畔を転々とし、最後は、神田柳原のお玉が池のほとりに落着く。この居所は玉池吟築と名付けられ、ここに詩社「玉池吟社」が設けられた。ここでは多くの子弟が集まり、その中には小野湖山、大沼枕山、森春涛、江馬天江などの幕末から明治にかけて詩壇を担うことになる多くの人を輩出した。弘化二年、江戸での活動に終止符を打ち、一時帰郷の後、再び京都に入る。京都でも江戸在住のときと同様、鴨川のほとりを転々とすることになる。また、この頃の星巌は僧月性、佐久間象山、吉田松陰らと盛んに往来し、尊皇攘夷の思想を強めていく。安政五年、夫星巌がコレラにより息を引き取る。それからまもなく安政の大獄が始まり、紅蘭も投獄される。安政六年、獄中生活に堪え、出獄する。晩年は、京都で私塾を開き子女の教育に尽くした。明治十二年三月二十九日病没。享年七十六。

思郷 二首 (其一)

「思郷」 西征千里更西征。雲態山容關遠情。又是刈萱關外水。似聞阿爺喚児聲。

【読み方】

(キョウ)を思(オモ)

西征(セイセイ) 千里(センリ)(サラ)に西征(セイセイ)。雲態(ウンタイ) 山容(サンヨウ) 遠情(エンジョウ)に関(カン)す。

(マタ)(コ)れ 刈萱関外(カルカヤカンガイ)の水(ミズ)。聞(キ)くに似(ニ)たり 阿爺(アヤ)(コ)を喚(ヨ)ぶの声(コエ)に。

【語 釈】

西征=西に旅すること。征は、「ゆく」と訓み、遠くに旅する意。 =助字。そのうえ、ふたたび。 雲態山容=雲のさま、山のすがた。句中対にして互文。山水の景色をいう語に「山容水態」の語あり。 関遠情=遠くにある人の心を動かす。ここでは作者自身の心を動かすことをいう。遠情は遠意に同じ。「関」は、かかわること。ここでは心を動かす、かきたてること。 又是=助字。「又」はそのうえ、さらに。「是」は強意の助字。 刈萱関外水=刈萱関は、現在の福岡県太宰府市に古代置かれていた関所の名称。外ははずれというほど意。水は川のこと。 阿爺=父の俗称。阿は親しみを込めた接頭辞。

==========

詩形から見た場合、「阿爺」では平仄が「●○」となり、四字目が孤平となってしまう。我々がもし作詩する場合には「老父」ぐらいにすればよいのではないだろうか。大家の作品には、禁忌を犯しているものがまま見受けられるが、それは語意が他の語に容易に置き換えられぬからであり、現代の我々が軽々しく真似をすべきものではないだろう。

この詩では「刈萱」と「阿爺」が照応している。ここでは浄瑠璃・説経の『苅萱』の世界を意識している。この中では、苅萱道心と石童丸父子の哀話が語られている。ただし、私も浄瑠璃や説経には詳しくないのでそれ以上のことは未詳。

思郷 二首 (其二)

「思郷(其二)」 紅事闌珊緑事新。毎因時節涙霑巾。遙知櫻筍登厨處。姉妹團欒少一人。

【読み方】

紅事(コウジ) 闌珊(ランサン) 緑事(リョクジ)(アラ)たなり。時節(ジセツ)に因(ヨル)る毎(ゴト)に 涙(ナミダ)、巾(キン)を霑(ウルオ)す。

(ハル)かに知(シ)る 桜筍厨登(オウジュンチュウトウ)の処(トコロ)。姉妹(シマイ)の 団欒(ダンラン) 一人(イチニン)を少(カ)くを。

【語 釈】

紅事=紅色の花が咲くこと。ここでは春のこと。 闌珊=おとろえるさま。 緑事新=木々の新緑が生えること。ここでは初夏をいう。 毎因=毎は、そのたびごとに。因は機会が訪れること。助字。 時節=季節の変わり目。移り変わる季節。時気に同じ。 涙霑巾=涙でハンカチが濡れる。 桜筍登厨処=処は時というほどの意。桜筍厨の語あり。晩春から初夏にかけて桜桃が熟し、竹筍が勢いよく伸びてくる。陰暦四月十五日になると、朝廷の百官は、天子から桜桃と竹筍を盛り合わせたご馳走をいただいた。これを「桜筍厨」と呼んだ。

==========

この詩は、王維の次の詩を参考にしていると思われる。

  九月九日憶山東兄弟

独在異郷為異客。毎逢佳節倍思親。

遥知兄弟登高処。遍挿茱萸少一人。

九月九日、山東の兄弟を憶う。

独り異郷に在りて 異客と為る。佳節に逢う毎に 倍親を思う。

遥かに知る 兄弟 高きに登る処。遍く茱萸を挿して 一人を少くを。

梅花煙月圖

「梅花煙月圖」朦朧澹月挂昏黄。殘雪綴枝斜出墻。羨殺花間雙翠羽。春眠夢暖夜雲香。

【読み方】

梅花煙月(バイカエンゲツ)の図(ズ)

朦朧(モウロウ)たる 澹月(タンゲツ) 昏黄(コンコウ)に挂(カ)かる。残雪(ザンセツ)(エダ)を綴(ツヅ)り 斜(ナナ)めに墻(ショウ)を出(イ)づ。

羨殺(センサツ)す 花間(カカン)の 双翠羽(ソウスイウ)。春眠(シュンミン)(ユメ)は暖(アタタ)かにして 夜雲(ヤウン)(カンバ)しきを。

【語 釈】

朦朧=おぼろげなさま。畳韻の語。 澹月=うすくかすんだ月。淡月に同じ。 昏黄=たそがれ。黄昏の語を平仄の関係上倒置して用いている。 綴枝=雪が枝を飾る様子を表現したもの。 斜出墻=梅の枝が垣根より出ている。梅の別名を横斜ともいう。 羨殺=うらやむ。殺は動詞にそえて意味を強める助字。 双翠羽=つがいのかわせみ。

==========

「朦朧」のような詩語を「畳韻語」という。畳韻語とは二つの文字の韻が同じものをいう。これらの詩語には声調をよくする働きがあり、また、美しい詩語が多い。

「梅」と「双翠羽」には、「羅浮の夢」の故事あり。

「趙師雄羅浮に遷る。一日天寒し。日暮松林酒店の旁に於いて美人の淡粧素服出でて芳香人を襲う。因りて与に、酒屋を叩き、共に飲む。師雄酔臥し、覚むるに及び、起きて視れば、大梅樹下に在り。翠羽ソウ喞す。相顧みれば月落ちて参横す。惆悵して已まず。」と。

霜曉

「霜暁」雲弄日華深淺色。波餘風影去來痕。清霜昨夜傳消息。夢到江南橘柚村。

【読み方】

霜暁(ソウギョウ)

(クモ)は日華(ニッカ)を弄(ロウ)す 深浅(シンセン)の色(イロ)。波(ナミ)は風影(フウエイ)を餘(アマ)す 去来(キョライ)の痕(アト)

清霜(セイソウ) 昨夜(サクヤ) 消息(ショウソク)を伝(ツタ)う。夢(ユメ)は到(イタ)る 江南(コウナン) 橘柚(キツユウ)の村(ムラ)

【語 釈】

日華=日の光。弄は日光が雲を彩ること。 深浅色=深い色と浅い色。 風影=風によっておこる波の影。餘は名残り。風のなごりとして波に影ができること。 去来痕=行ったり来たりした痕。 清霜=けがれなき真っ白な霜。 江南橘柚村=揚子江南部。実際の地名としてではなく、春の到る所と解釈す。橘柚は、みかんとゆず。江南地方は橘柚の名産地でもある。

==========

この詩の起句と承句は対句になっている。このように起句と承句が対句となる形式の詩を前対格という。前対格の場合は、一般に起句の韻を踏まない、いわゆる「踏み落とし」にする。

 踏み落とし
 韻

この詩の対句は、「雲」と「波」が共に実字(名詞)、「弄」と「餘」が共に虚字(動詞)で文法的にも意味的にも対している。また、「日華」と「風影」は、「日の華」、「風の影」であり、修飾関係語、「深浅の色」、「去来の痕」も修飾関係、さらに「深浅」と「去来」は、「深いと浅い」と「去ると来く」という並列関係になり、文法的にも意味的にも対している。また、「雲」と「波」は主語、「弄」と「餘」は述語、「日華」と「風影」は補足語という関係も対遇している。

日華深浅
実字虚字修飾関係並列関係実字
風影去来

もし、このとき次のように作詩したとしよう。

  
  

「深浅」は並列関係、「白沙」は修飾関係となり、対しないようになる。このように対句を考える時は意味面も重要であるが、文法的にも対ということを考えなければならない

登西邱望湖

「登西邱望湖」茫茫積水浸遥空。晴好雨奇無一同。困極亦知還有日。何惟山澤氣相通。

【読み方】

西邱(セイキュウ)に登(ノボ)り、湖(コ)を望(ノゾ)

茫茫(ボウボウ)たる 積水(セキスイ) 遥空(ヨウクウ)を浸(ヒタ)す。晴好雨奇(セイコウウキ)(イツ)として同(オナ)じくする無(ナ)し。

(コン)(キワ)まり 亦(マタ)(シ)る 還(カエ)るに日(ヒ)(ア)るを。何(ナン)ぞ惟(タ)だ 山沢(サンタク)(キ)、相(アイ)(ツウ)ずるのみならんや。

【語 釈】

茫茫=広々としているさま。また、水が遠く続いているさま。 積水=たくさん集まった水。ここでは湖をいう。 浸遥空=水平線が空と接することをいう。遥空は、遥かなる大空。 晴好雨奇=山水の景色が晴れたときでも雨のときでも美しいこと。 無一同=同じ眺めはひとつとしてない。 困極=苦しみ行き詰まる。困窮に同じ。 還有日=いつか帰るときがある。還期、還日に同じ。 何惟=何は反語。「何ぞ・・・・ならんや」と訓じ、「・・・・でない」という反語の形をとる。惟は、「惟だ・・・・のみ」と訓ず。 山沢気相通=山沢は山と沢。易経に「天地位を定め、山沢気を通ず。」とあり。また、「山沢気を通じ、然る後に能く変化して、ことごとく万物を成すなり」とある。山と沢は、お互いに気を通じ合うだけでなく、相互作用によって万物を変化させていることをいう。転結句、今は困窮しているけれどもそのうち安らぎもやってくるということを比喩したもの。「苦あれば楽あり」といったところか。

==========
==========