漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 漢詩の鑑賞 > 詩人別の鑑賞 > 江馬細香

江馬細香(2) - 漢詩の鑑賞

作者小伝

江馬細香(エマ サイコウ)(1787~1861)。天明七年、大垣藩医江馬蘭斎の第二子、長女として生まれる。彼女は、父の手ほどきを受けて幼少より詩文に親しんでいた。また、墨竹、南宗画などもよくした。

文化十年(1813)、頼山陽が蘭斎を訪れ、彼女は初めてこの偉大な文人と出会う。この山陽を介して、武元登登庵、浦上春琴、小石元瑞らの京の文人達との交流が始まり、詩画の技を大いに高める。一方、郷里においても、梁川星巌、村瀬藤城らと集い、詩社「白鴎社」を結び、盛んに詩酒を戦わせた。文久元年九月四日、七十五才で没。

夏日偶作

「夏日偶作」永日如年晝漏遲。霏微細雨熟梅時。午窗眠足深閨靜。臨得香奩四艶詩。

【読み方】

夏日偶作(カジツグウサク)

永日(エイジツ)(ネン)の如(ゴト)く 昼漏(チュウロウ)(オソ)し。霏微(ヒビ)たる 細雨(サイウ) 熟梅(ジュクバイ)の時(トキ)

午窓(ゴソウ)(ネム)り足(タ)りて 深閨(シンケイ)(シズ)かに。臨(ノゾ)み得(エ)たり 香奩(コウレン) 四艶詩(シエンシ)

【語 釈】

永日=のどかな日。日なが。 昼漏遅=昼間の時間。漏は水時計のこと。転じて時間のことを意味する。ここでは時間が経つのが遅いことをいう。 霏微=雨や雪などのこまやかに降るさま。 細雨=さみだれ。 熟梅時=梅の実の熟する季節。 午窓眠足=十分に昼寝をした。 深閨=奥深き処にある婦人の部屋。 臨得=臨は、手本を写すこと。得は助字。 香奩四艶詩=香奩体の詩四首。香奩体とは、婦人の艶情、媚態、閨怨などを歌った詩。

==========

夏夜

「夏夜」碧天如水夜清涼。月透青簾影在觴。細酌待人人不到。一繊風脚素馨香。

【読み方】

夏夜(カヤ)

碧天(ヘキテン)(ミズ)の如(ゴト)く 夜(ヨル)、清涼(セイリョウ)たり。月(ツキ)は青簾(セイレン)を透(トオ)り 影(カゲ)、觴(ショウ)に在(ア)り。

細酌(サイシャク)(ヒト)を待(マ)てども 人(ヒト)(イタ)らず。一繊(イッセン)の 風脚(フウキャク) 素馨(ソケイ)(カンバ)し。

【語 釈】

碧天=あおき空。ここでは夜空のこと。 如水=水は川。天の川を形容したものか。 青簾=青き簾。竹やアシなどで作られた簾。 =さかずき。 細酌=酒を少し飲むこと。 一繊=わずか。かよわい。 風脚=風が通ること。 素馨=植物名。ジャスミンのこと。

転句「細酌待人人不到」では、「人」の字が重出しているが、このような句中における同字重出は看過されます。作詩の場合に忌む同字重出は、異なる句において同じ字が2度以上使われている場合です。ただし、先人の作品には、同字重出しているものも多くありますが、それらの詩と我々初心者が作る詩を同列で論じるべきではないと思います。ゆえに、一句内の同字重出は看過し、異なる句での同字重出は絶対に避けるように作詩すべきでしょう。

==========

秋海棠

「秋海棠」 庭階經雨氣凄涼。冷艶莖莖發海棠。一任秋宵花睡去。無人秉燭照紅粧。

【読み方】

秋海棠(シュウカイドウ)

庭階(テイカイ)(アメ)を経(ヘ)て 気(キ)、凄涼(セイリョウ)たり。冷艶(レイエン) 茎茎(ケイケイ) 海棠(カイドウ)(ヒラ)く。

一任(サモアラバアレ) 秋宵(シュウショウ)(ハナ)、睡(ネム)り去(サ)り。人(ヒト)の燭(ショク)を秉(ト)りて 紅粧(コウショウ)を照(テ)らす無(ナ)きは。

【語 釈】

秋海棠=植物名。夏の終わりに淡紅色の花を開く。 庭階=庭の階段。庭除に同じ。庭に下りるきざはし。 凄涼=心や情景がものさびしいさま。 冷艶=冷ややかな美しさ。 茎茎=茎という茎に花が開くさま。 一任=自身以外のものに任せる。ままよ。「さもあらばあれ」と訓む。任他に同じ。 秉燭=ろうそくをとる。秉は、手にもつの意。「秉燭夜遊(へいしょくやゆう)」の語有り。 紅粧=美人のよそおい。また、化粧した美人のこと。

「原二首節一」は、この詩がもともと二首あったもので、そのうちのひとつだけを掲載したという意味です。

==========

冬夜作時有瓶中挿梅花水仙

「冬夜作時有瓶中挿梅花水仙」 小閤沈沈靜夜長。微明灯影照書牀。可憐瓶裏双清態。人定更深暗合香。

【読み方】

冬夜(トウヤ)の作(サク)、時(トキ)に瓶中(ヘイチュウ)に梅花(バイカ)と水仙(スイセン)を挿(サ)せる有(ア)り。

小閤(ショウコウ) 沈沈(チンチン)として 静夜(セイヤ)(ナガ)し。微明(ビメイ)の灯影(トウエイ) 書牀(ショショウ)を照(テ)らす。

可憐(カレン) 瓶裏(ヘイリ) 双清(ソウセイ)の態(タイ)。人(ヒト)(サダ)まりて 更深(コウシン)(アン)に香(コウ)を合(ガッ)す。

【語 釈】

小閤=小さなねや。また、婦人の小さな部屋。閨閤は、婦人の部屋。 沈沈=静まりひっそりとしたさま。 書牀=書案のことか。書案は本を読むつくえ。 双清態=梅花と水仙のふたつの清らかなすがた。 人定=人が寝静まるとき。 更深=夜更け。深夜。深更と同じ。

==========

冬夜

「冬夜」 人靜寒閨月轉廊。了來書課漏聲長。撥爐喜見紅猶在。又剔殘灯讀幾行。

【読み方】

冬夜(トウヤ)

(ヒト)(シズ)かに 寒閨(カンケイ)(ツキ)、廊(ロウ)に転(テン)ず。書課(ショカ)を了来(リョウライ)すれば 漏声(ロウセイ)(ナガ)し。

(ロ)を撥(カキタ)て 喜(ヨロコ)び見(ミ)る 紅(コウ)、猶(ナオ)(ア)るを。又(マタ)、残灯(ザントウ)を剔(ケズ)りて 読(ヨ)むこと幾行(イクギョウ)ならん。

【語 釈】

寒閨=寒々とした婦人の部屋。 月転廊=廊は、わたどの、ろうか。月が廊下を照らすようになった。 了来=おわる。ここでは書課をおえること。来は助字。 書課=本を読むことを割り当てた部分。課は、課題。 漏声長=漏声は水時計の音。長い時間が経ったこと。 紅猶在=炉に火種がまだ残っていた。 又剔残灯=ろうそくの芯を切ること。 読幾行=どれほど読んだことであろうか。

==========
==========