漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 漢詩の鑑賞 > 詩集別の鑑賞 > 聯珠詩格 - 四句全對格

四句全對格 - 聯珠詩格 - 漢詩の鑑賞

四句全對格とは

第一句(起句)と第二句(承句)が対句となっており、また、第三句(転句)と第四句(結句)も対句となっている。第一句(起句)と第二句(承句)をあわせて「起聯」、第三句(転句)と第四句(結句)をあわせて「後聯」ともいう。

漫興

原詩

「漫興(杜工部)糝徑楊花鋪白氊。點溪荷葉疊青錢。竹根稚子無人見。沙上鳧雛傍母眠。」

【作者】

杜工部(とこうぶ)=(712〜770)。杜甫の別称。盛唐の詩人。字は子美。号は少陵野老、杜陵野老、または杜陵布衣。杜少陵、杜工部とも呼ばれる。

【詩形】

七言絶句 仄起式 下平声先韻

【読み方】

漫興(まんきょう)

(けい)に糝(さん)ずる 楊花(ようか) 白氈(はくせん)を鋪(し)き。渓(けい)に点(てん)ずる 荷葉(かよう) 青銭(せいせん)を畳(たた)む。

竹根(ちくこん)の稚子(ちし) 人(ひと)の見(み)る無(な)く。沙上(さじょう)の鳧雛(ふすう) 母(はは)に傍(そ)うて眠(ねむ)る。

==========

【語 釈】

漫興=見るまま、思うままに詩を作ること。糝徑=糝は、こながき。ねこやなぎの花が道に落ちているさまをいう。楊花=ねこやなぎの花。鋪白氊=氊は、毛氈。敷物。白い敷物のようであることを形容した語。點溪=谷川に蓮の葉が浮いているさまをいう。荷葉=はすの葉。疊青錢=はすの葉が重なるように浮いているさま。青銭は、はすの葉の形容。竹根稚子=竹の根元からはえている筍。鳧雛=かもの雛。鳧は、かも。

精刊本、起聯の注に「糝字點字乃下字妙處無此則止成童子對偶耳(糝字點字乃ち字を下す妙処なり、此れ無ければ則ち止み、童子の対偶を成すのみ)」、また、後聯の注に「稚子或以爲笋或謂當作雉鳥之雉(稚子或は以て笋と爲す、或は謂う、当に雉鳥の雉に作るべし)」とあり。

絶句

原詩

「絶句(杜工部)兩箇黄鸝鳴翠柳。一行白鷺上青天。窗含西嶺干秋雪。門泊東呉萬里船。」

【作者】

杜工部(とこうぶ)=(712〜770)。杜甫の別称。盛唐の詩人。字は子美。号は少陵野老、杜陵野老、または杜陵布衣。杜少陵、杜工部とも呼ばれる。

【詩形】

七言絶句 仄起式 下平声先韻
西

【読み方】

絶句(ぜっく)

両箇(りょうこ)の黄鸝(こうり) 翠柳(すいりゅう)に鳴(な)き。一行(いっこう)の白鷺(はくろ) 青天(せいてん)に上(のぼ)る。

(まど)には含(ふく)む 西嶺(せいれい) 千秋(せんしゅう)の雪(ゆき)。門(もん)には泊(はく)す 東呉(とうご) 万里(ばんり)の船(ふね)

==========

【語 釈】

兩箇黄鸝=二羽のうぐいす。黄鸝は、高麗うぐいす、日本のものより大きい。一行白鷺=一列になって飛ぶ白いさぎ。青天=青空。西嶺=西の方の山々。千秋雪=万年雪のこと。東呉=東の呉地方。萬里船=遠い道程(呉地方)をやって来た舟をいう。

精刊本、起聯の注に「前輩謂二句極盡寫物之工(前輩謂う、二句、写物の工を極尽す)」、また、後聯の注に「含泊二字亦下字用功處(含泊二字亦字を下す用功の処)」とあり。

溪陰堂

原詩

「溪陰堂(蘇東坡)白水滿時雙鷺下。緑槐高處一蟬吟。酒醒門外三竿日。臥看溪南十畝陰。」

【作者】

蘇東坡(そとうば)=(1,037〜1,101)。蘇軾(そしょく)、北宋の政治家、詩人、書家。東坡居士と号す。字は子瞻。唐宋八大家の一人。弟の蘇轍とともにそれぞれ大蘇、小蘇とも称される。

【詩形】

七言絶句 仄起式 下平声侵韻
滿
竿

【読み方】

渓陰堂(けいいんどう)

白水(はくすい) 満(み)つる時(とき) 双鷺(そうろ)(くだ)り。緑槐(りょくかい) 高(たか)き処(ところ) 一蝉(いっせん)(ぎん)ず。

(さけ)は醒(さ)む 門外(もんがい) 三竿(さんかん)の日(ひ)。臥(ふ)して看(み)る 渓南(けいなん) 十畝(じっぽ)の陰(いん)

==========

【語 釈】

溪陰堂=増注に「揚州儀真県の東、范氏の園に在り」とあり。揚州は、現在の江蘇省揚州市。白水滿時=谷川の水があふれ流れるところ。白水は、清く澄んだ水。雙鷺下=つがいの鷺が舞い降りる。緑槐=えんじゅ。三竿日=太陽の高さが竿三本分の高さになった頃。溪南=谷川の南側。十畝陰=畝は、広さの単位。六尺四方の広さを一歩、百歩を一畝とした。

精刊本、起聯の注に「高齋詩話云此詩用老杜兩箇黄鸝鳴翠柳意(高斎詩話に云う、此の詩老杜が『兩箇黄鸝鳴翠柳』の意を用う)」、また、後聯の注に「此聯不拘拘對偶有自然之對老作也(此の聯対偶に拘拘たらず、自然の対有り、老作なり)」とあり。

==========