漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 顔淵第十二

子路第十三 - 論語

子路(しろ)第十三(だいじゅうさん)

子路問政。子曰。先之勞之。請益。曰。無倦。

子路(しろ)、政(まつりごと)を問(と)う。子(し)(いわ)く、之(これ)を先(さき)んじ、之(これ)を労(を)す。益(えき)を請(こ)う。曰(いわ)く、倦(う)むこと無(な)かれ。

仲弓爲季氏宰問政。子曰。先有司。赦小過。擧賢才。曰。焉知賢才而擧之。曰。擧爾所知。爾所不知。人其舎諸。

仲弓(ちゅうきゅう)、季氏(きし)の宰(さい)と為(な)りて政(まつりごと)を問(と)う。子(し)(いわ)く、有司(ゆうし)を先(さき)にし、小過(しょうか)を赦(ゆる)し、賢才(けんさい)を挙(あ)げよ。曰(いわ)く、焉(いづく)んぞ賢才(けんさい)を知(し)りて之(これ)を挙(あ)げん。曰(いわ)く、爾(なんじ)の知(し)る所(ところ)を挙(あ)げ、爾(なんじ)の知(し)らざる所(ところ)は、人(ひと)(そ)れ諸(これ)を舎(す)てんや。

子路曰。衞君待子而爲政。子將奚先。子曰。必也正名乎。子路曰。有是哉。子之迂也。奚其正。子曰。野哉由也。君子於其所不知。蓋闕如也。名不正則言不順。言不順則事不成。事不成則禮樂不興。禮樂不興則刑罰不中。刑罰不中則民無所措手足。故君子名之必可言也。言之必可行也。君子於其言。無所苟而已矣。

子路(しろ)(いわ)く、衛君(えいくん)、子(し)を待(ま)ちて政(まつりごと)を為(な)せば、子(し)(まさ)に奚(なに)をか先(さき)にせん。子曰く、必(かなら)ずや名(な)を正(ただ)さんか。子路(しろ)(いわ)く、是(こ)れ有(あ)るかな。子(し)の迂(う)なるや、奚(なん)ぞ其(そ)れ正(ただ)さん。子(し)(いわ)く、野(や)なるかな由(ゆう)や。君子(くんし)は其(そ)の知(し)らざる所(ところ)に於(お)いて、蓋(けだ)し闕如(けつじょ)す。名(な)(ただ)しからざれば則(すなわ)ち言(こと)(したが)わず、言(こと)(したが)わざれば則(すなわ)ち事(こと)(な)らず、事(こと)(な)らざれば則(すなわ)ち礼楽(れいがく)(おこ)らず、礼楽(れいがく)(おこ)らざれば則(すなわ)ち刑罰(けいばつ)(あた)らず、刑罰(けいばつ)(あた)らざれば、則(すなわ)ち民(たみ)手足(しゅそく)を措(お)く所(ところ)(な)し。故(ゆえ)に君子(くんし)は之(これ)に名(な)づくること必(かなら)ず言(い)う可(べ)きなり。之(これ)を言(い)うこと必(かなら)ず行(おこな)う可(べ)きなり。君子(くんし)は其(そ)の言(こと)に於(お)いて、苟(いやしく)もする所(ところ)(な)きのみ。

焚遲請學稼。子曰。吾不如老農。請學爲圃。曰。吾不如老圃。焚遲出。子曰。小人哉焚須也。上好禮則民莫敢不敬。上好義則民莫敢不服。上好信則民莫敢不用情。夫如是則四方之民襁負其子而至矣。焉用稼。

焚遅(はんち)、稼(か)を学(まな)ばんことを請(こ)う。子(し)(いわ)く、吾(われ)老農(ろうのう)に如(し)かず。圃(ほ)を為(つく)ることを学(まな)ばんことを請(こ)う。曰(いわく)く、吾(われ)老圃(ろうほ)に如(し)かず。焚遅(はんち)(い)づ。子(し)(いわ)く、小人(しょうじん)なるかな焚須(はんす)。上(かみ)(れい)を好(この)めば則(すなわ)ち民(たみ)(あえ)て敬(けい)せざること莫(な)く、上(かみ)(ぎ)を好(この)めば則(すなわ)ち民(たみ)(あえ)て服(ふく)せざること莫(な)く、上(かみ)(しん)を好(この)めば則(すなわ)ち民(たみ)(あえ)て情(じょう)を用(もち)いざること莫(な)し。夫(そ)れ是(かく)の如(ごと)くなれば則(すなわ)ち四方(しほう)の民(たっみ)、其(そ)の子(こ)を襁負(きょうふ)して至(いた)る。焉(いずく)んぞ稼(か)を用(もち)いん。

子曰。誦詩三百。授之以政不達。使於四方。不能專對。雖多亦奚以爲。

(し)(いわ)く、詩(し)三百(さんびゃく)を誦(しょう)して、之(これ)に授(さず)くるに政(まつりごと)を以(もっ)てすれども達(たっ)せず。四方(しほう)に使(つか)いして専(ひと)り対(こた)うること能(あた)わざれば、多(おお)しと雖(いえど)も亦(また)(なに)を以(もっ)て為(な)さん。

子曰。其身正。不令而行。其身不正。雖令不從。

(し)(いわ)く、其(そ)の身(み)(ただ)しければ、令(れい)せずして行(おこな)わる。其(そ)の身(み)(ただ)しからざれば、令(れい)すと雖(いえど)も従(したが)わず。

子曰。魯衞之政。兄弟也。

(し)()く、魯衛(ろえい)の政(まつりごと)は、兄弟(けいてい)なり。

子謂衞公子荊。善居室。始有曰。苟合矣。少有曰。苟完矣。富有曰。苟美矣。

(し)、衛(えい)の公子荊(こうしけい)を謂(い)う、善(よ)く室(しつ)に居(お)れり。始(はじ)めて有(あ)るに曰(いわ)く、苟(いささ)か合(あつま)れり。少(すこ)しく有(あ)るに曰(いわ)く、苟(いささ)か完(そなわ)れり。富(さか)んに有(あ)るに曰(いわ)く、苟(いささ)か美(よ)し。

子適衞。冉有僕。子曰。庶矣哉。冉有曰。既庶矣。又何加焉。曰。富之。曰。既富矣。又何加焉。曰。教之。

(し)、衛(えい)に適(ゆ)く。冉有(ぜんゆう)(ぼく)たり。子(し)(いわ)く、庶(もろもろ)なるかな。冉有(ぜんゆう)(いわ)く、既(すで)に庶(もろもろ)なり。又(また)(なに)をか加(くわ)えん。曰(いわ)く、之(これ)を富(と)まさん。曰(いわ)く、既(すで)に富(と)めり。又(なた)(なに)をか加えん。曰(いわ)く、之(これ)を教えん。

子曰。苟有用我者。朞月而已可也。三年有成。

(し)(いわ)く、苟(いやし)くも我(われ)を用(もち)いる者(もの)(あ)らば、朞月(きげつ)にして可(か)なり。三年(さんねん)にして成(な)すこと有(あ)らん。

子曰。善人爲邦百年。亦可以勝殘去殺矣。誠哉是言也。

(し)(いわ)く、善人(ぜんじん)(くに)を為(おさ)むること百年(ひゃくねん)、亦(また)(もっ)て残(ざん)に勝(か)ち、殺(さつ)を去(す)てる可(べ)し。誠(まこと)なるかな是(こ)の言(げん)や。

子曰。如有王者。必世而後仁。

(し)(いわ)く、如(も)し王者(おうじゃ)(あ)らば、必(かなら)ず世(せい)にして後(のち)に仁(じん)ならん。

子曰。苟正其身矣。於從政乎何有。不能正其身。如正人何。

(し)(いわ)く、苟(いやし)くも其(そ)の身(み)を正(ただ)せば、政(まつりごと)に従(したが)うに於(お)いて何(なに)か有(あ)らん。其(そ)の身(み)を正(ただ)すこと能(あた)わざれば、人(ひと)を正(ただ)すことを如何(いかん)せん。

冉有退朝。子曰。何晏也。對曰。有政。子曰。其事也。如有政。雖不吾以。吾其與聞之。

冉有(ぜんゆう)、朝(ちょう)より退(しりぞ)く。子(し)(いわ)く、何(なん)ぞ晏(おそ)きや。対(こた)えて曰(いわ)く、政(まつりごと)(あ)り。子(し)(いわ)く、其(そ)の事(こと)ならんや、如(も)し政(まつりごと)(あ)らば、吾(われ)を以(もっ)てせずと雖(いえど)も、吾(われ)(そ)れ之(これ)を与(あず)かり聞(き)かん。

定公問。一言而可以興國。有諸。孔子對曰。言不可以若是其幾也。人之言曰。爲君難。爲臣不易。如知爲君之難也。不幾乎一言而興邦乎。曰。一言而喪邦。有諸。孔子對曰。言不可以若是其幾也。人之言曰。予無樂乎爲君。唯其言而莫予違也。如其善而莫之違也。不亦善乎。如不善而莫之違也。不幾乎一言而喪邦乎。

定公(ていこう)(と)う、一言(いちげん)にして以(もっ)て国(くに)を興(おこ)す可(べ)きこと、諸(こ)れ有(あ)りや。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、言(げん)(もっ)て是(かく)の若(ごと)く其(そ)れ幾(き)す可(べ)からず。人(ひと)の言(げん)に曰(いわ)く、君(きみ)(た)ること難(かた)し。臣(しん)(た)ること易(やす)からず。如(も)し君(きみ)(た)ることの難(かた)きを知(し)らば、一言(いちげん)にして邦(くに)を興(おこ)すことを幾(き)せず。曰(いわ)く、一言(いちげん)にして邦(くに)を喪(ほろ)ぼすこと、諸(こ)れ有(あ)りや。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、言(げん)(もっ)て是(かく)の若(ごと)く其(そ)れ幾(き)す可(べ)からず。人(ひと)の言(げん)に曰(いわ)く、予(われ)(きみ)(た)ることを楽(たの)しむこと無(な)く、唯(ただ)(そ)の言(げん)にして予(われ)に違(たが)うこと莫(な)しと。如(も)し其(そ)れ善(ぜん)にして之(これ)に違(たが)うこと莫(な)ければ、亦(また)(ぜん)ならずや。如(も)し不善(ふぜん)にして之(これ)に違(たが)うこと莫(な)ければ、一言(いちげん)にして邦(くに)を喪(ほろ)ぼすことを幾(き)せざらんや。

葉公問政。子曰。近者説。遠者來。

葉公(しょうこう)(まつりごと)を問(と)う。子(し)(いわ)く、近(ちか)き者(もの)(よろこ)び、遠(とお)き者(もの)(きた)る。

子夏爲莒父宰問政。子曰。無欲速。無見小利。欲速則不達。見小利則大事不成。

子夏(しか)、莒父(きょほ)の宰(さい)と為(な)り政(まつりごと)を問(と)う。子(し)(いわ)く、速(すみ)やかならんと欲(ほっ)すること無(な)かれ、小利(しょうり)を見(み)ること無(な)かれ。速(すみ)やかならんと欲(ほっ)すれば則(すなわ)ち達(たっ)せず。小利(しょうり)を見(み)れば則(すなわ)ち大事(だいじ)(な)らず。

葉公語孔子曰。吾黨有直躬者。其父攘羊。而子證之。孔子曰。吾黨之直者異於是。父爲子隱。子爲父隱。直在其中矣。

葉公(しょうこう)、孔子(こうし)に語(かた)って曰(いわ)く、吾(わ)が党(とう)に身(み)を直(なお)くする者(もの)(あ)り、其(そ)の父(ちち)(ひつじ)を攘(ぬす)めり、而(しか)して子(こ)(これ)を証(しょう)す。孔子(こうし)(いわ)く、吾(わ)が党(とう)の直(なお)き者(もの)は是(これ)に異(こと)なれり、父(ちち)は子(こ)の為(ため)に隠(かく)し、子(こ)は父(ちち)の為(ため)に隠(かく)す、直(なお)きは其(そ)の中(うち)に在(あ)り。

焚遲問仁。子曰。居處恭。執事敬。與人忠。雖之夷狄。不可棄也。

焚遅仁を問う。子曰く。居処恭あり、事を執りて敬あり、人と忠あること、夷狄に之くと雖も棄つ可からざるなり。

子貢問曰。何如斯可謂之士矣。子曰。行己有恥。使於四方不辱君命。可謂士矣。曰。敢問其次。曰。宗族稱孝焉。郷黨稱弟焉。曰。敢問其次。曰。言必信。行必果。硜硜然小人哉。抑亦可以爲次矣。曰。今之從政者何如。子曰。噫。斗筲之人。何足算也。

子貢(しこう)(と)いて曰(いわ)く、何如(いか)なる斯(こ)れ之(これ)を士(し)と謂(い)う可(べ)き。子(し)(いわ)く、己(おのれ)を行(おこな)うに恥(はじ)(あ)り、四方(しほう)に使(つか)いして君命(くんめい)を辱(はずかし)めず、士(し)と謂(い)う可(べ)し。曰(いわ)く、敢(あえ)て其(そ)の次(つぎ)を問(と)う。曰(いわ)く、宗族(そうぞく)には孝(こう)と称(しょう)し、郷党(きょうとう)には弟(てい)と称(しょう)す。曰(いわ)く、敢(あえ)て其(そ)の次(つぎ)を問(と)う。曰(いわ)く、言(げん)(かなら)ず信(しん)、行(おこな)い必(かなら)ず果(はた)す、硜硜然(こうこうぜん)として小人(しょうじん)なる哉(かな)。抑(そもそも)(また)(もっ)て次(つぎ)と為(な)す可(べ)し。曰(いわ)く、今(いま)の政(まつりごと)に従(したが)う者(もの)は何如(いかん)。子(し)(いわ)く、噫(ああ)、斗筲(としょう)の人(ひと)、何(なん)ぞ算(かぞ)うるに足(た)らん。

子曰。不得中行而與之。必也狂狷乎。狂者進取。狷者有所不爲也。

(し)(いわ)く、中行(ちゅうこう)を得(え)て之(これ)に与(くみ)せずんば、必(かなら)ずや狂狷(きょうけん)か。狂者(きょうしゃ)は進(すす)みて取(と)り、狷者(けんしゃ)は為(な)さざる所(ところ)有り。

子曰。南人有言。曰。人而無恆。不可以作巫醫。善夫。不恆其德。或承之羞。子曰。不占而已矣。

(し)(いわ)く、南人(なんじん)(い)えること有(あ)り。曰(いわ)く、人(ひと)として恒(つね)(な)ければ、以(もっ)て巫医(ふい)と作(な)す可(べ)からずと、善(よ)いかな。其(そ)の徳(とく)を恒(つね)にせず、或(あるい)は之(これ)に羞(はじ)を承(すす)むと。子(し)(いわ)く、占(うらな)わざるのみ。

子曰。君子和而不同。小人同而不和。

(し)(いわ)く、君子(くんし)は和(わ)して同(どう)ぜず、小人(しょうじん)は同(どう)じて和(わ)せず。

子貢問曰。郷人皆好之。何如。子曰。未可也。郷人皆惡之何如。子曰。未可也。不如郷人之善者好之。其不善者惡之。

子貢(しこう)(と)いて曰(いわ)く、郷人(きょうじん)(みな)(これ)を好(よ)みせば、何如(いかん)。子(し)(いわ)く、未(いまだ)だ可(か)ならず。郷人(きょうじん)(みな)(これ)を悪(にく)めば何如(いかん)。子(し)(いわ)く、未(いま)だ可(か)ならず。郷人(きょうじん)の善(ぜん)なる者(もの)は之(これ)を好(よ)みし、其(そ)の不善(ふぜん)なる者(もの)は之(これ)を悪(にく)むに如(し)かず。

子曰。君子易事而難説也。説之不以道。不説也。及其使人也。器之。小人難事而易説也。説之雖不以道説也。及其使人也。求備焉。

(し)(いわ)く、君子(くんし)には事(つか)え易(やす)くして説(よろこ)ばしめ難(がた)し。之(これ)を説(よろこ)ばしむるに道(みち)を以(もっ)てせざれば、説(よろこ)ばず。其(そ)の人(ひと)を使(つか)うに及(およ)びては、之(これ)を器(うつわ)にす。小人(しょうじん)には事(つかえ)え難(がた)くして説(よろこ)ばしめ易(やす)し。之(これ)を説(よろこ)ばしむるに道(みち)を以(もっ)てせざると雖(いえど)も説(よろこ)ぶ。其(そ)の人(ひと)を使(つか)うに及(およ)びては備(そな)わらんことを求(もと)む。

子曰。君子泰而不驕。小人驕而不泰。

(し)(いわ)く、君子(くんし)は泰(たい)にして驕(おご)らず、小人(しょうじん)は驕(おご)りて泰(たい)ならず。

子曰。剛毅。木訥。近仁。

(し)(いわ)く、剛毅(ごうき)、木訥(ぼくとつ)は仁(じん)に近(ちか)し。

子路問曰。何如斯可謂之士矣。子曰。切切偲偲怡怡如也。可謂士矣。朋友切切偲偲。兄弟怡怡。

子路(しろ)(と)いて曰(いわ)く、何如(いか)なる斯(こ)れ之(これ)を士(し)と謂(い)う可(べ)き。子(し)(いわ)く、切切(せつせつ)、偲偲(しし)、怡怡如(いいじょ)たり、士(し)と謂(い)う可(べ)し。朋友(ほうゆう)には切切(せつせつ)、偲偲(しし)、兄弟(けいてい)には怡怡(いい)たり。

子曰。善人教民七年。亦可以即戎矣。

(し)(いわ)く、善人(ぜんじん)(たみ)を教(おし)うること七年(しちねん)、亦(また)(もっ)て戎(じゅう)に即(つ)く可(べ)し。

子曰。以不教民戰。是謂棄之。

(し)(いわ)く、教(おし)えざる民(たみ)を以(もっ)て戦(たたか)う、是(こ)れ之(これ)を棄(す)つと謂(い)う。

ページトップに戻る

==========