漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 顔淵第十二

顔淵第十二 - 論語

顔淵第十二(がんえんだいじゅうに)

顔淵問仁。子曰。克己復禮爲仁。一日克己復禮。天下歸仁焉。爲仁由己。而由人乎哉。顔淵曰。請問其目。子曰。非禮勿視。非禮勿聽。非禮勿言。非禮勿動。顔淵曰。回雖不敏。請事斯語矣。

顔淵(がんえん)(じん)を問(と)う。子(し)(いわ)く、己(おのれ)に克(か)って礼(れい)に復(かえ)るを仁(じん)と為(な)す。一日(いちじつ)己(おのれ)に克(か)って礼(れい)に復(かえ)れば、天下(てんか)(じん)に帰(き)す。仁(じん)を為(な)すは己(おのれ)に由(よ)る、而(しか)して人(ひと)に由(よ)らんや。顔淵(がんえん)(いわ)く、其(そ)の目(もく)を請(こ)い問(と)う。子(し)(いわ)く、礼(れい)に非(あら)ざれば視(み)ること勿(なか)れ、礼(れい)に非(あら)ざれば聴(き)くこと勿(なか)れ、礼(れい)に非(あら)ざれば言(い)うこと勿(なか)れ、礼(れい)に非(あら)ざれば動(うご)くこと勿(なか)れ。顔淵(がんえん)(いわ)く、回(かい)や不敏(ふびん)なりと雖(いえど)も、請(こ)う斯(こ)の語(ご)を事(こと)とせん。

仲弓問仁。子曰。出門如見大賓。使民如承大祭。己所不欲。勿施於人。在邦無怨。在家無怨。仲弓曰。雍雖不敏。請事斯語矣。

仲弓(ちゅうきゅう)(じん)を問(と)う。子(し)(いわ)く、門(もん)を出(いで)ては大賓(たいひん)を見(み)るが如(ごと)くし、民(たみ)を使(つか)うは大祭(たいさい)に承(つかう)るが如(ごと)くす。己(おのれ)が欲(ほっ)せざる所(ところ)は、人(ひと)に施(ほどこ)すこと勿(なか)れ。邦(くに)に在(あ)っても怨(うら)み無(な)く、家(いえ)に在(あ)っても怨(うら)み無(な)し。仲弓(ちゅうきゅう)(いわ)く、雍(よう)や不敏(ふびん)なりと雖(いえど)も、請(こ)う斯(こ)の語(ご)を事(こと)とせん。

司馬牛問仁。子曰。仁者其言也訒。曰。其言也訒。斯謂之仁矣乎。子曰。爲之難。言之得無訒乎。

司馬牛(しばぎゅう)(じん)を問(と)う。子(し)(いわ)く、仁者(じんしゃ)は其(そ)の言(げん)や訒(しの)ぶ。 曰(いわ)く、其(そ)の言(げん)や訒(しの)ぶは、斯(こ)れ之(これ)を仁(じん)と謂(い)うか。子(し)(いわ)く、之(これ)を為(な)すこと難(かた)し、之(これ)を言(い)うに訒(しの)ぶこと無(な)きを得(え)んや。

司馬牛問君子。子曰。君子不憂不懼。曰。不憂不懼。斯謂之君子矣乎。子曰。内省不疚。夫何憂何懼。

司馬牛(しばぎゅう)君子(くんし)を問(と)う。子(し)(いわ)く、君子(くんし)は憂(うれ)えず懼(おそ)れず。 曰(いわ)く、憂(うれ)えず懼(おそ)れず、斯(こ)れ之(これ)を君子(くんし)と謂(い)うか。子(し)(いわ)く、内(うち)に省(かえり)みて疚(やま)しからざれば、夫(そ)れ何(なに)をか憂(うれ)い何(なに)をか懼(おそ)れん。

司馬牛憂曰。人皆有兄弟。我獨亡。子夏曰。商聞之矣。死生有命。富貴在天。君子敬而無失。與人恭而有禮。四海之内皆兄弟也。君子何患乎無兄弟也。

司馬牛(しばぎゅう)(うれ)えて曰(いわ)く、人(ひと)(みな)兄弟(けいてい)(あ)り、我(われ)(ひと)り亡(な)し。子夏(しか)(いわ)く、商(しょう)(これ)を聞(き)けり。死生(しせい)(めい)(あ)り、富貴(ふうき)(てん)に在(あ)り。君子(くんし)(けい)して失(うしな)うこと無(な)く、人(ひと)と恭(うやうや)しくして礼(れ)(あ)らば、四海(しかい)の内(うち)(みな)兄弟(けいてい)なり。君子(くんし)(なん)ぞ兄弟(けいてい)(な)きを患(うれ)えんや。

子張問明。子曰。浸潤之譖。膚受之愬。不行焉。可謂明也已矣。 浸潤之譖。膚受之愬。不行焉。可謂遠也已矣。

子張(しちょう)(めい)を問(と)う。子(し)(いわ)く、浸潤(しんじゅん)の譖(そし)り、膚受(ふじゅ)の愬(うった)え、行(おこな)われざるは、明(めい)と謂(い)うべきのみ。 浸潤(しんじゅん)の譖(そし)り、膚受(ふじゅ)の愬(うった)え、行(おこな)われざるは遠(えん)と謂(い)うべきのみ。

子貢問政。子曰。足食足兵。民信之矣。子貢曰。必不得已而去。於斯三者何先。曰。去兵。子貢曰。必不得已而去。於斯二者何先。曰。去食。自古皆有死。民無信不立。

子貢(しこう)(まつりごと)を問(と)う。子(し)(いわ)く、食(しょく)を足(た)し、兵(へい)を足(た)し、民(たみ)(これ)を信(しん)ず。子貢(しこう)(いわ)く、必(かなら)ず已(や)むを得(え)ずして去(す)てるは、斯(こ)の三者(さんしゃ)に於(お)いて何(いず)れを先(さき)にせん。曰(いわ)く、兵(へい)を去(す)てん。子貢(しこう)(いわ)く、必(かなら)ず已(や)むを得(え)ずして去(す)てるは、斯(こ)の二者(にしゃ)に於(お)いて何(いず)れを先(さき)にせん。曰(いわ)く、食(しょく)を去(す)てん。古(いにしえ)より皆(みな)(し)(あ)り、民(たみ)(しん)(な)ければ立(た)たず。

棘子成曰。君子質而已矣。何以文爲。子貢曰。惜乎。夫子之説君子也。駟不及舌。文猶質也。質猶文也。虎豹之鞟。猶犬羊之鞟。

棘子成(きょくしせい)(いわ)く、君子(くんし)は質(しつ)のみ、何(なん)ぞ文(ぶん)を以(もっ)て為(な)さん。 子貢(しこう)(いわ)く、惜(お)しいかな、夫子(ふうし)の説(せつ)は君子(くんし)なり、駟(し)も舌(した)に及(およ)ばず。 文(ぶん)は猶(なお)(しつ)のごとく、質(しつ)は猶(なお)(ぶん)のごとし。虎豹(こひょう)の鞟(つくりがわ)は、猶(なお)犬羊(けんよう)の鞟(つくりがわ)のごとし。

哀公問於有若曰。年饑用不足。如之何。有若對曰。盍徹乎。曰。二吾猶不足。如之何其徹也。對曰。百姓足。君孰與不足。百姓不足。 君孰與足。

哀公(あいこう)、有若(ゆうじゃく)に問(と)いて曰(いわ)く、年(とし)(う)えて用(よう)(た)らず、之(これ)を如何(いかん)せん。有若(ゆうじゃく)(こた)えて曰(いわ)く、盍(なん)ぞ徹(てっ)せざるや。曰(いわ)く、二(に)なれども吾(わ)れ猶(なお)(た)らず、之(これ)を如何(いかん)ぞ其(そ)れ徹(てっ)せん。対(こた)えて曰(いわ)く、百姓(ひゃくせい)(た)らば、君(きみ)(たれ)と与(とも)にか足(た)らざらん。百姓(ひゃくせい)(た)らざれば、君(きみ)(たれ)と与(とも)にか足(た)らん。

子張問崇德辨惑。子曰。主忠信。徙義。崇德也。愛之欲其生。惡之欲其死。既欲其生。又欲其死。是惑也。誠不以富。亦祇以異。

子張(しちょう)、徳(とく)を崇(たか)くし惑(まど)いを弁(べん)ずることを問(と)う。子(し)(いわ)く、忠信(ちゅうしん)を主(しゅ)とし、義(ぎ)に徙(うつ)るは、徳(とく)を崇(たか)くするなり。之(これ)を愛(あい)しては其(そ)の生(せい)を欲(ほっ)し、之(これ)を悪(にく)んでは其(そ)の死(し)を欲(ほっ)す。既(すで)に其(そ)の生(せい)を欲(ほっ)して、又(また)(そ)の死(し)を欲(ほっ)す、是(こ)れ惑(まど)えるなり。誠(まこと)に富(とみ)を以(もっ)てせず、亦(また)(まさ)に異(い)を以(もっ)てす。

齊景公問政於孔子。孔子對曰。君君。臣臣。父父。子子。公曰。善哉。信如君不君。臣不臣。父不父。子不子。雖有粟。吾得而食諸。

(せい)の景公(けいこう)、政(まつりごと)を孔子(こうし)に問(と)う。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、君(きみ)、君(きみ)たり、臣(しん)、臣(しん)たり、父(ちち)、父(ちち)たり、子(こ)、子(こ)たり。公(こう)(いわ)く、善(よ)いかな。信(しん)に如(も)し君(きみ)、君(きみ)たらず、臣(しん)、臣(しん)たらず、父(ちち)、父(ちち)たらず、子(こ)、子(こ)たらざれば、粟(あわ)(あ)りと雖(いえど)も、吾(わ)れ得(え)て諸(これ)を食(くら)わんや。

子曰。片言可以折獄者。其由也與。子路無宿諾。

(し)(いわ)く、片言(へんげん)(もっ)て獄(うった)えを折(さだ)むべき者(もの)は、其(そ)れ由(ゆう)か。子路(しろ)(だく)を宿(とど)むること無(な)し。

子曰。聽訟吾猶人也。必也使無訟乎。

(し)(いわ)く、訟(うった)えを聴(き)くこと吾(わ)れ猶(なお)(ひと)のごときなり。必(かなら)ずや訟(うった)え無(な)からしめんか。

子張問政。子曰。居之無倦。行之以忠。

子張(しちょう)(まつりごと)を問(と)う。子(し)(いわ)く、之(これ)を居(お)いて倦(う)むこと無(な)く、之(これ)を行(おこな)うに忠(ちゅう)を以(もっ)てす。

子曰。博學於文。約之以禮。亦可以弗畔矣夫。

(し)(いわ)く、博(ひろ)く文(ぶん)を学(まな)びて、之(これ)を約(やく)するに礼(れい)を以(もっ)てすれば、亦(また)(もっ)て畔(そむ)かざるべきか。

子曰。君子成人之美。不成人之惡。小人反是。

(し)(いわ)く、君子(くんし)は人(ひと)の美(び)を成(な)し、人(ひと)の悪(あく)を成(な)さず。小人(しょうじん)は是(こ)れに反(はん)す。

季康子問政於孔子。孔子對曰。政者。正也。子帥。以正。孰敢不正。

季康子(きこうし)、政(まつりごと)を孔子(こうし)に問(と)う。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、政(まつりごと)は正(せい)なり。子(し)(ひき)いるに、正(せい)を以(もっ)てせば、孰(たれ)か敢(あえ)て正(ただ)しからざらん。

季康子患盗。問於孔子。孔子對曰。苟子之不欲。雖賞之不竊。

季康子()きこうし、盗(とう)を患(うれ)えて、孔子(こうし)に問(と)う。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、苟(いやしく)も子(し)の欲(ほっ)せずんば、之(これ)を賞(しょう)すと雖(いえど)も窃(ぬす)まず。

季康子問政於孔子曰。如殺無道。以就有道。何如。孔子對曰。子爲政。焉用殺。子欲善而民善矣。君子之德風。小人之德艸。艸上之風必偃。

季康子(きこうし)、政(まつりごと)を孔子(こうし)に問(と)うて曰(いわ)く、如(も)し無道(むどう)を殺(ころ)して、以(もっ)て有道(ゆうどう)に就(つ)かば、何如(いかん)。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、子(し)(まつりごと)を為(な)すに、焉(なん)ぞ殺(さつ)を用(もち)いん。子(し)(ぜん)を欲(ほっ)すれば民(たみ)(ぜん)ならん。君子(くんし)の徳(とく)は風(かぜ)なり、小人(しょうじん)の徳(とく)は草(くさ)なり、草(くさ)に之(こ)の風(かぜ)を上(くわ)うれば必(かなら)ず偃(ふ)す。

子張問。士如何。斯可謂之達矣。子曰。何哉。爾所謂達者。子張對曰。在邦必聞。在家必聞。子曰。是聞也。非達也。夫達也者。質直而好義。察言而觀色。慮以下人。在邦必達。在家必達。夫聞也者。色取仁而行違。居之不疑。在邦必聞。在家必聞。

子張(しちょう)(と)う、士(し)如何(いか)なるを、斯(こ)れ之(これ)を達(たつ)と謂(い)うべきか。子(し)(いわ)く、何(なん)ぞや、爾(なんじ)が謂(い)う所(ところ)の達(たつ)とは。子張(しちょう)(こた)えて曰(いわ)く、邦(くに)に在(あ)っても必(かなら)ず聞(き)こえ、家(いえ)に在(あ)っても必(かなら)ず聞(き)こゆ。子(し)(いわ)く、是(こ)れ聞(ぶん)なり。達(たつ)に非(あら)ざるなり。夫(そ)れ達(たつ)なる者(もの)は、質直(しっちょく)にして義(ぎ)を好(この)み、言(げん)を察(さっ)して色(いろ)を観(み)、慮(おもんばか)って以(もっ)て人(ひと)に下(くだ)る。邦(くに)に在(あ)っても必(かなら)ず達(たっ)し、家(いえ)に在(あ)っても必(かなら)ず達(たっ)す。夫(そ)れ聞(ぶん)なる者(もの)は、色(いろ)には仁(じん)を取(と)って行(おこな)いは違(たが)え、之(これ)に居(い)て疑(うたが)わず、邦(くに)に在(あ)っても必(かなら)ず聞(き)こえ、家(いえ)に在(あ)っても必(かなら)ず聞(き)こゆ。

樊遲從遊於舞雩之下。曰。敢問崇德脩慝辨惑子曰。善哉問。先事後得。非崇德與。攻其惡無攻人之惡。非脩慝與。一朝之忿。忘其身以及其親非惑與。

樊遅(はんち)、従(したが)って舞雩(ぶう)の下(もと)に遊(あそ)ぶ。曰(いわ)く、敢(あ)えて徳(とく)を崇(たか)くし慝(とく)を修(おさ)め惑(まど)いを弁(べん)ずるを問(と)う。子(し)(いわ)く、善(よ)いかな問(と)うこと。事(こと)を先(さき)にし得(う)ることを後(あと)にす、徳(とく)を崇(たか)くするに非ずや。其(そ)の悪(あく)を攻(せ)めて、人(ひと)の悪(あく)を攻(せ)むること無(な)し、慝(とく)を修(おさ)むるに非(あら)ずや。一朝(いっちょう)の忿(いか)りに、其(そ)の身(み)を忘(わす)れて以(もっ)て其(そ)の親(しん)に及(およ)ぶ、惑(まど)いに非(あら)ずや。

樊遲問仁。子曰。愛人問知。子曰。知人。樊遲未達。子曰。擧直錯諸枉。能使枉者直。樊遲退。見子夏曰。郷也吾見於夫子而問知。子曰。擧直錯諸枉。能使枉者直。何謂也。子夏曰。富哉言乎。舜有天下。選於衆。擧皐陶。不仁者遠矣。湯有天下。選於衆。擧伊尹。不仁者遠矣。

樊遅(はんち)、仁(じん)を問(と)う。子(し)(いわ)く、人(ひと)を愛(あい)す。知(ち)を問(と)う。子(し)(いわ)く、人(ひと)を知(し)る。樊遅(はんち)、未(いま)だ達(たっ)せず。子(し)(いわ)く、直(なお)きを挙(あ)げて諸(もろもろ)の枉(ま)がれるを錯(お)けば、能(よ)く枉(ま)がれる者(もの)をして直(なお)たらしむ。樊遅(はんち)退(しりぞ)いて、子夏(しか)を見(み)て曰(いわ)く、郷(さき)に吾(われ)夫子(ふうし)に見(まみ)えて知(ち)を問(と)う。子(し)(いわ)く、直(なお)きを挙(あ)げて諸(もろもろ)の枉(ま)がれるを錯(お)けば、能(よ)く枉(ま)がれる者(もの)をして直(なお)たらしむ、何(なん)の謂(い)うことぞや。子夏(しか)(いわ)く、富(と)めるかな言(げん)や。舜(しゅん)、天下(てんか)を有(たも)って、衆(しゅう)を選(えら)んで、皐陶(こうとう)を挙(あ)げれば、不仁者(ふじんしゃ)(とお)ざかり、湯(とう)、天下(てんか)を有(たも)って、衆(しゅう)を選(えら)んで、伊尹(いいん)を挙(あ)ぐれば、不仁者(ふじんしゃ)(とお)ざかる。

子貢問友。子曰。忠告而善道之。不可則止。無自辱焉。

子貢(しこう)、友(とも)を問(と)う。子(し)(いわ)く、忠告(ちゅうこく)して善(よ)く之(これ)を道(みち)びき、不可(ふか)なれば則(すなわ)ち止(や)む。自(みずか)ら辱(はずかし)めらるること無(な)し。

曾子曰。君子以文會友。以友輔仁。

曽子(そうし)(いわ)く、君子(くんし)は文(ぶん)を以(もっ)て友(とも)を会(かい)し、友(とも)を以(もっ)て仁(じん)を輔(たす)く。

ページトップに戻る

次へ「子路第十三」

==========