漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 先進第十一

先進第十一 - 論語

先進第十一(せんしんだいじゅういち)

子曰。先進於禮樂。野人也。後進於禮樂。君子也。如用之。則吾從先進。

(し)(いわ)く、先進(せんしん)の礼楽(れいがく)に於(お)けるは、野人(やじん)なり。後進(こうしん)の礼楽(れいがく)に於(お)けるは、君子(くんし)なり。如(も)し之(これ)を用(もち)いれば、則(すなわ)ち吾(われ)は先進(せんしん)に従(したが)わん。

子曰。從我於陳蔡者。皆不及門也。德行。顏淵。閔子騫。冉伯牛。仲弓。言語。宰我。子貢。政事。冉有。季路。文學。子游。子夏。

(し)(いわ)く、我(われ)に陳蔡(ちんさい)に従(したが)う者(もの)は、皆(みな)、門(もん)に及(およ)ばず。徳行(とくこう)には、顔淵(がんえん)、閔子騫(びんしけん)、冉伯牛(ぜんはくぎゅう)、仲弓(ちゅうきゅう)。言語(げんご)には、宰我(さいが)、子貢(しこう)。政事(せいじ)には、冉有(ぜんゆう)、季路(きろ)。文学(ぶんがく)には、子游(しゆう)、子夏(しか)

子曰。囘也。非助我者也。於吾言無所不説。

(し)(いわ)く、回(かい)や、我(われ)を助(たす)くる者(もの)に非(あら)ざるなり。吾(わ)が言(げん)に於(お)いて説(よろこ)ばざる所(ところ)(な)し。

子曰。孝哉閔子騫。人不間於其父毋毘弟之言。

(し)(いわ)く、孝(こう)なるかな閔子騫(びんしけん)、人(ひと)、其(そ)の父毋(ふぼ)毘弟(こんてい)の言(げん)を間(かん)せず。

南容三復白圭。孔子以其兄之子妻之。

南容(なんよう)、白圭(はくけい)を三復(さんぷく)す、孔子(こうし)、其(そ)の兄(あに)の子(こ)を以(もっ)て之(これ)に妻(めあ)わす。

季康子問。弟子孰爲好學。孔子對曰。有顏囘者。好學。不幸短命死矣。今也則亡。

季康子(ここうし)(と)う、弟子(ていし)(たれ)か学(がく)を好(この)むことと為(な)す。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、顔回(がんかい)という者(もの)(あ)り、学(がく)を好(この)めり、不幸(ふこう)短命(たんめい)にして死(し)す、今(いま)や則(すなわ)ち亡(な)し。

顏淵死。顏路請子之車。以爲之椁。子曰。才不才。亦各言其子也。鯉也死。有棺而無椁。吾不徒行以爲之椁。以吾從大夫之後。不可徒行也。

顔淵(がんえん)(し)す、顔路(がんろ)、子(し)の車(くるま)を請(こ)い、以(もっ)て之(これ)が椁(かく)を為(つく)らんとす。子(し)(いわ)く、才(さい)も不才(ふさい)も、亦(また)各々(おのおの)(そ)の子(こ)を言(い)う。鯉(り)(し)すとき、棺(かん)(あ)りて椁(かく)(な)し、吾(われ)、徒行(とこう)して以(もっ)て之(これ)が椁(かく)を為(つく)らず、吾(われ)、大夫(たいふ)の後(しりえ)に従(したが)うを以(もっ)て、徒行(とこう)す可(べ)からざるなり。

顏淵死。子曰。噫。天喪予。天喪予。

顔淵(がんえん)(し)す。子(し)(いわ)く、噫(ああ)、天(てん)、予(われ)を喪(ほろ)ぼせり、天(てん)、予(われ)を喪(ほろ)ぼせり。

顏淵死。子哭之慟。從者曰。子慟矣。曰。有慟乎。非夫人之爲慟。而誰爲。

顔淵(がんえん)(し)す。子(し)、之(これ)を哭(こく)して慟(どう)す。従者(じゅうしゃ)(いわ)く、子(し)(どう)せりと。曰(いわ)く、慟(どう)すること有(あ)るか。夫(か)の人(ひと)の為(ため)に慟(どう)するに非(あら)ずして、誰(た)が為(ため)にせん。

顏淵死。門人欲厚葬之。子曰。不可。門人厚葬之。子曰。囘也視予猶父也。予不得視猶子也。非我也。夫二三子也。

顔淵(がんえん)(し)す、門人(もんじん)、厚(あつ)く之(これ)を葬(ほうむ)らんと欲(ほっ)す。子(し)(いわ)く、不可(ふか)なり。門人(もんじん)、厚(あつ)く之(これ)を葬(ほうむ)る。子(し)(いわ)く、回(かい)や予(われ)を視(み)ること猶(なお)(ちち)のごとくす、予(われ)、視(み)ること猶(なお)(こ)のごとくするを得(え)ず、我(われ)に非(あら)ず、夫(か)の二三子(にさんし)なり。

季路問事鬼神。子曰。未能事人。焉能事鬼。敢問死。曰。未知生。焉知死。

季路(きろ)、鬼神(きしん)に事(つか)えんことを問(と)う。子(し)(いわ)く、未(いま)だ人(ひと)に事(つか)えること能(あた)わず、焉(いずく)んぞ能(よ)く鬼(き)に事(つか)えん。敢(あ)えて死(し)を問(と)う。曰(いわ)く、未(いま)だ生(せい)を知(し)らず、焉(いずく)んぞ死(し)を知(し)らん。

閔子侍側。誾誾如也。子路。行行如也。冉有。子貢。侃侃如也。子樂。若由也。不得其死。然。

閔子(びんし)、側(かたわら)に侍(じ)す、誾誾(ぎんぎん)(じょ)たり。子路(しろ)、行行(こうこう)(じょ)たり。冉有(ぜんゆう)、子貢(しこう)、侃侃(かんかん)(じょ)たり。子(し)(たの)しむ。由(ゆう)が若(ごと)きは、其(そ)の死(し)を得(え)ず、然(しか)り。

魯人爲長府。閔子騫曰。仍舊貫。如之何。何必改作。子曰。夫人不言。言必有中。

魯人(ろじん)、長府(ちょうふ)を為(つく)る。閔子騫(びんしけん)(いわ)く、旧貫(きゅうかん)に仍(よ)らば、之(これ)を如何(いかん)(なん)ぞ必(かなら)ずしも改(あらた)めて作(つく)らん。子(し)(いわ)く、夫(か)の人(ひと)(い)わず、言(い)えば必(かなら)ず中(あた)ること有(あ)り。

子曰。由之瑟。奚爲於丘之門。門人不敬子路。子曰。由也升堂矣。未入於室也。

(し)(いわ)く、由(ゆう)が瑟(しつ)、奚(なん)ぞ丘(きゅう)が門(もん)に於(お)いてするを為(な)さん。門人(もんじん)、子路(しろ)を敬(けい)せず。子(し)(いわ)く、由(ゆう)は堂(どう)に升(のぼ)れり、未(いま)だ室(しつ)に入(い)らざるなり。

子貢問。師與商也孰賢。子曰。師也過。商也不及。曰。然則師愈與。子曰。過猶不及。

子貢(しこう)(と)う、師(し)と商(しょう)と孰(いず)れか賢(まさ)れる。子(し)(いわ)く、師(し)は過(す)ぎたり、商(しょう)は及(およ)ばず。曰(いわ)く、然(しか)らば則(すなわ)ち師(し)が愈(まさ)れるか。子(し)(いわ)く、過(す)ぎたるは猶(なお)(およ)ばざるがごとし。

季子富於周公。而求也爲之聚斂而附益之。子曰。非吾徒也。小子嗚鼓而攻之。可也。

季子(きし)、周公(しゅうこう)より富(と)めり、而(しか)して求(きゅう)や之(これ)が為(ため)に聚斂(しゅうれん)して之(これ)を附益(ふえき)す。子(し)(いわ)く、吾(わ)が徒(と)に非(あら)ざるなり。小子(しょうし)(つづみ)を嗚(な)らして之(これ)を攻(せ)めて、可(か)なり。

柴也愚。參也魯。師也辟。由也喭。

(さい)や愚(ぐ)なり。参(しん)や魯(ろ)なり。師(し)や辟(へき)なり。由(ゆう)や喭(がん)なり。

子曰。囘也其庶乎。屢空。賜不受命。而貨殖焉。億則屢中。

(し)(いわ)く、回(かい)や其(そ)れ庶(ちか)いかな。屡々(しばしば)(むな)し。賜(し)は命(めい)を受(う)けずして、貨殖(かしょく)す。億(おもんばか)れば則(すなわ)ち屡々(しばしば)(あた)る。

子張問善人之道。子曰。不踐迹。亦不入於室。

子張(しちょう)、善人(ぜんにん)の道(みち)を問(と)う。子(し)(いわ)く、迹(あと)を践(ふ)まず、亦(また)(しつ)に入(い)らず。

子曰。論篤是與君子者乎。色莊者乎。

(し)曰く、論篤(ろんとく)、是(こ)れ与(くみ)せば君子者(くんししゃ)か、色荘者(しきそうしゃ)か。

子路問。聞斯行諸。子曰。有父兄在。如之何。其聞斯行之。冉有問。聞斯行諸。子曰。聞斯行之。公西華曰。由也問。聞斯行諸。子曰。有父兄在。求也問。聞斯行諸。子曰。聞斯行之。赤也惑。敢問。子曰。求也退。故進之。由也兼人。故退之。

子路(しろ)(と)う、聞(き)くままに斯(こ)れ諸(これ)を行(おこな)わんや。子(し)(いわ)く、父兄(ふけい)(い)ますこと有(あ)り、之(これ)を如何(いかん)ぞ、其(そ)れ聞(き)くままに斯(こ)れ之(これ)を行(おこな)わん。冉有(ぜんゆう)(と)う、聞(き)くままに斯(こ)れ諸(これ)を行(おこな)わんや。子(し)(いわ)く、聞(き)くままに斯(こ)れ之(これ)を行(おこな)え。公西華(こうせいか)(いわ)く、由(ゆう)や問(と)う、聞(き)くままに斯(こ)れ諸(これ)を行(おこな)わんや。子(し)(いわ)く、父兄(ふけい)(い)ますこと有りと。求(きゅう)や問(と)う、聞(き)くままに斯(こ)れ諸(これ)を行(おこな)わんや。子(し)(いわ)く、聞(き)くままに斯(こ)れ之(これ)を行(おこな)えと。赤(せき)や惑(まど)う、敢(あ)えて問(と)う。子(し)(いわ)く、求(きゅう)や退(しりぞ)く、故(ゆえ)に之(これ)を進(すす)む、由(ゆう)や人(ひと)を兼(か)ぬ、故(ゆえ)に之(これ)を退(しりぞ)く。

子畏於匡。顏淵後。子曰。吾以女爲死矣。曰。子在。囘何敢死。

(し)、匡(きょう)に畏(おそ)る。顔淵(がんえん)(おく)れたり。子(し)(いわ)く、吾(わ)れ女(なんじ)を以(もっ)て死(し)せりと為(な)す。曰(いわ)く、子(し)、在(い)ます、回(かい)、何(なん)ぞ敢(あえ)て死(し)せん。

季子然問。仲由冉求可謂大臣與。子曰。吾以子爲異之問。曾由與求之問。所謂大臣者。以道事君。不可則止。今由與求也。可謂具臣矣。曰。然則從之者與。子曰。弑父與君。亦不從也。

季子然(きしぜん)(と)う、仲由(ちゅうゆう)、冉求(ぜんきゅう)は大臣(だいじん)と謂(い)う可(べ)きか。子(し)(いわ)く、吾(わ)れ子(し)を以(もっ)て異(い)なるを問(とい)と為(な)す。曽(すなわ)ち由(ゆう)と求(きゅう)との問(とい)なり。所謂(いわゆる)、大臣(だいじん)は、道(みち)を以(もっ)て君(きみ)に事(つか)え、不可(ふか)なれば則(すなわ)ち止(や)む。今(いま)、由(ゆう)と求(きゅう)とは、具臣(ぐしん)と謂(い)う可(べ)し。曰(いわ)く、然(しか)らば則(すなわ)ち之(これ)に従(したが)う者(もの)か。子(し)(いわ)く、父(ちち)と君(きみ)とを弑(しい)せば、亦(また)(したが)わざるなり。

子路使子羔爲費宰。子曰。賊夫人之子。子路曰。有民人焉。有社禝焉。何必讀書。然後爲學。子曰。是故。惡夫侫者。

子路(しろ)、子羔(しこう)をして費(ひ)の宰(さい)(た)らしむ。子(し)(いわ)く、夫(か)の人(ひと)の子(こ)を賊(そこ)なう。子路(しろ)(いわ)く、民人(みんじん)(あ)り、社禝(しゃしょく)(あ)り、何(なん)ぞ必(かなら)ずしも書(しょ)を読(よ)みて、然(しか)して後(のち)に学(まな)ぶと為(な)さん。子(し)(いわ)く、是(こ)の故(ゆえ)に、夫(か)の侫者(ねいしゃ)を悪(にく)む。

子路。曾晢。冉有。公西華。侍坐。子曰。以吾一日長乎爾。毋吾以也。居則曰。不吾知也。如或知爾。則何以哉。子路卒爾而封曰。千乘之國。攝乎大國之間。加之以師旅。因之以饑饉。由也爲之。比及三年。可使有勇。且知方也。夫子哂之。求爾何如。對曰。方六七十。如五六十。求也爲之。比及三年。可使足民。如其禮樂。以俟君子。赤爾何如。對曰。非曰能之。願學焉。宗廟之事。如會同。端章甫。願爲小相焉。點爾何如。鼓瑟希。鏗爾舎瑟而作。對曰。異乎三子者之撰。子曰。何傷乎。亦各言其志也。曰。莫春者。春服既成。冠者五六人。童子六七人。浴乎沂。風乎舞雩。詠而歸。夫子喟然嘆曰。吾與點也。三子者出。曾皙後。曾皙曰。夫三子者之言何如。子曰。亦各言其志也已矣。曰。夫子何哂由也。曰。爲國以禮。其言不讓。是故哂之。唯求則非邦也與。安見方六七十。如五六十。而非邦也者。唯赤則非邦也與。宗廟會同。非諸侯而何。赤也爲之小。孰能爲之大。

子路(しろ)、曽晢(そうせき)、冉有(ぜんゆう)、公西華(こうせいか)、侍坐(じざ)す。子(し)(いわ)く、吾(わ)が一日(いちじつ)も爾(なんじ)より長(ちょう)ぜるを以(もっ)て、吾(わ)れを以(もっ)てすること毋(なか)れ。居(お)れば則(すなわ)ち曰(いわ)く、吾(わ)れを知(し)らずと、如(も)し爾(なんじ)を知(し)ること或(あ)らば、則(すなわ)ち何(なに)を以(もっ)てせんや。子路(しろ)、卒爾(そつじ)として対(こた)えて曰(いわ)く、千乗(せんじょう)の国(くに)、大国(たいこく)の間(あいだ)に攝(はさ)まりて、之(これ)に加(くわ)うるに師旅(しりょ)を以(もっ)てし、之(これ)に因(よ)るに饑饉(ききん)を以(もっ)てせんに、由(ゆう)や之(これ)を為(おさ)めて、三年(さんねん)に及(およ)ぶ比(ころ)、勇(ゆう)(あ)って、且(か)つ方(ほう)を知(し)らしむ可(べ)し。夫子(ふうし)、之(これ)を哂(わら)う。求(きゅう)、爾(なんじ)は何如(いかん)。対(こた)えて曰(いわ)く、方(ほう)六七十(ろくしちじゅう)、如(も)しくは五六十(ごろくじゅう)。求(きゅう)や之(これ)を為(おさ)めて、三年(さんねん)に及(およ)ぶ比(ころ)、民(たみ)を足(た)らしむ可(べ)し。其(そ)の礼楽(れいがく)の如(ごと)きは、以(もっ)て君子(くんし)を俟(ま)たん。赤(せき)、爾(なんじ)は何如(いかん)。対(こた)えて曰(いわ)く、之(これ)に能(よ)くすと曰(い)うに非(あら)ず、願(ねが)わくば学(まな)ばん。宗廟(そうびょう)の事(こと)、如(も)しくは会同(かいどう)に、端章甫(たんしょうほ)して、願(ねがわ)わくば小相(しょうそう)と為(な)らん。点(てん)、爾(なんじ)は何如(いかん)。瑟(しつ)を鼓(ひ)くこと希(や)み、鏗爾(こうじ)として瑟(しつ)を舎(お)いて作(た)ちて、対(こた)えて曰(いわ)く、三子者(さんししゃ)の撰(そな)えに異(こと)なり。子(し)(いわ)く、何(なん)ぞ傷(いた)まんや、亦(また)各々(おのおの)(そ)の志(こころざし)を言(い)うなり。曰(いわ)く、莫春(ぼしゅん)には、春服(しゅんぷく)(すで)に成(な)り、冠者(かんじゃ)五六人(ごろくにん)、童子(どうじ)六七人(ろくしちにん)、沂(き)に浴(よく)し、舞雩(ぶう)に風(ふう)し、詠(よ)みて帰(かえ)らん。夫子(ふうし)、喟然(きぜん)として嘆(たん)じて曰(いわ)く、吾(わ)れは点(てん)に与(くみ)せん。三子者(さんししゃ)(い)づ、曽皙(そうせき)(おく)れたり。曽皙(そうせき)(いわ)く、夫(か)の三子者(さんししゃ)の言(げん)何如(いかん)。子(し)(いわ)く、亦(また)各々(おのおの)(そ)の志(こころざし)を言(い)うのみ。曰(いわ)く、夫子(ふうし)、何(なん)ぞ由(ゆう)を哂(わら)う。曰(いわ)く、国(くに)を為(おさ)むるに礼(れい)を以(もっ)てす、其(そ)の言(げん)(ゆず)らず、是故(このゆえ)に之(これ)を哂(わら)う。唯(ただ)、求(きゅう)は則(すなわ)ち邦(くに)に非(あら)ずや、安(いずく)んぞ、方(ほう)六七十(ろくしちじゅう)、如(も)しくは五六十(ごろくじゅう)にして、邦(くに)に非(あら)ざる者(もの)を見(み)ん。唯(ただ)、赤(せき)は則(すなわ)ち邦(くに)に非(あら)ずや、宗廟(そうびょう)会同(かいどう)、諸侯(しょこう)に非(あら)ずして何(なん)ぞ、赤(せき)は之(これ)が小(しょう)と為(な)らば、孰(たれ)か能(よ)く之(これ)が大(だい)と為(な)らん。

ページトップに戻る

次へ「顔淵第十二」

==========