漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 郷黨第十

郷黨第十 - 論語

郷黨第十(きょうとうだいじゅう)

孔子於郷黨。恂恂如也。似不能言者。其在宗廟朝廷。便便言。唯謹爾。

孔子(こうし)、郷党(きょうとう)に於(お)いては、恂恂如(じゅんじゅんじょ)たり。言(ものい)うこと能(あた)わざる者(もの)に似(に)たり。其(そ)の宗廟(そうびょう)、朝廷(ちょうてい)に在(あ)れば、便便(べんべん)として言(い)う。唯(ただ)(つつし)めるのみ。

朝與下大夫言。侃侃如也。與上大夫言。誾誾如也。君在。踧踖如也。與與如也。

(ちょう)にして下大夫(かたいふ)と言(ものい)えば、侃侃如(かんかんじょ)たり。上大夫(じょうたいふ)と言(ものい)えば、誾誾如(ぎんぎんじょ)たり。君(きみ)(いま)せば、踧踖如(しゅくせきじょ)たり。与与如(よよじょ)たり。

君召使擯。色勃如也。足躩如也。揖所與立。左右手。衣前後。襜如也。趨進。翼如也。賓退。必復命曰。賓不顧矣。

(きみ)、召(め)して擯(ひん)たらしむれば、色(いろ)勃如(ぼゆじょ)たり、足(あし)躩如(かくじょ)たり。与(とも)に立(た)つ所(ところ)に揖(ゆう)すれば、手(て)を左右(さゆう)にす。衣(い)の前後(ぜんご)、襜如(せんじょ)たり。趨(わし)り進(すす)むに、翼如(よくじょ)たり。宝(ひん)退(しりぞ)けば、必(かなら)ず復命(ふくめい)して曰(いわ)く、宝(ひん)(かえり)みずと。

入公門。鞠躬如也。如不容。立不中門。行不履閾。過位。色悖如也。足躩如也。其言似不足者。攝齊升堂。鞠躬如也。屛氣似不息者。出降一等。逞顔色。怡怡如也。沒階趨翼如也。復其位。踧踖如也。

公門(こうもん)に入(い)るに、鞠躬如(きくきゅうじょ)たり、容(い)れられざるが如(ごと)し。立(た)つに門(もん)に中(ちゅう)せず、行(ゆ)くに閾(しきい)を履(ふ)まず。位(くらい)を過(す)ぐれば、色(いろ)悖如(ぼつじょ)たり、足(あし)躩如(かくじょ)たり、其(そ)の言(ものい)うこと足(た)らざる者(もの)に似(に)たり。斉(もすそ)を攝(かか)げて堂(どう)に升(のぼ)るに、鞠躬如(きくきゅうじょ)たり、気(き)を屏(おさ)めて息(いき)せざる者(もの)に似(に)たり。出(いで)て一等(いっとう)を降(くだ)れば、顔色(がんしょく)を逞(はな)ちて、怡怡如(いいじょ)たり、階(かい)を没(つく)して趨(わし)れば翼如(よくじょ)たり。其(そ)の位(くらい)に復(かえ)るに、踧踖如(しゅくせきじょ)たり。

執圭。鞠躬如也。如不勝。上如揖。下如授。勃如戰色。足蹜蹜如有循。享禮。有容色。私覿。愉愉如也。

(けい)を執(と)れば、鞠躬如(きくきゅうじょ)たり、勝(た)えざるが如(ごと)し。上(あ)ぐることは揖(ゆう)するが如(ごと)く、下(さ)ぐることは授(さず)くるが如(ごと)く、勃如(ぼつじょ)として戦色(せんしょく)あり、足(あし)蹜蹜(しゅくしゅく)として循(したが)うこと有(あ)るが如(ごと)し。享礼(きょうれい)には、容色(ようしょく)(あ)り。私覿(してき)には、愉愉如(ゆゆじょ)たり。

君子不以紺緅飾。紅紫不以爲褻服。當暑袗絺綌。必表而出之。緇衣羔裘。素衣麑裘。黄衣狐裘。褻裘長。短右袂。必有寢衣。長一身有半。狐貉之厚以居。去喪無所不佩。非帷裳。必殺之。羔裘玄冠。不以弔。吉月必朝服而朝。

君子(くんし)は紺緅(かんすう)を以(もっ)て飾(かざり)とせず。紅紫(こうし)は以(もっ)て褻服(せつふく)と為(な)さず。暑(しょ)に当(あ)たりては袗(ひとえ)の絺綌(ちげき)、必(かなら)ず表(おもて)にして之(これ)を出(いだ)す。緇衣(しい)には羔裘(こうきゅう)、素衣(そい)には麑裘(げいきゅう)、黄衣(こうい)には狐裘(こきゅう)。褻裘(せつきゅう)は長(なが)くし、右(みぎ)の袂(たもと)を短(みじか)くす。必(かなら)ず寝衣(しんい)(あ)り、長(たけ)一身(いっしん)有半(ゆうはん)。狐貉(こかく)の厚(あつ)き以(もっ)て居(お)る。喪(も)を去(のぞ)いて佩(お)びざる所(ところ)(な)し。帷裳(いしょう)に非(あら)ざれば、必(かなら)ず之(これ)を殺(そ)ぐ。羔裘(こうきゅう)玄冠(げんかん)しては、以(もっ)て弔(ちょう)せず。吉月(きつげつ)には必(かなら)ず朝服(ちょうふく)して朝(ちょう)す。

齊必有明衣。布。齊必變食。居必遷坐。

(ものいみ)すれば必(かなら)ず明衣(めいい)有り、布(ぬの)をす。斉(ものいみ)すれば必(かなら)ず食(しょく)を変(へん)ず。居(お)れば必(かなら)ず坐(ざ)を遷(うつ)す。

食不厭精。膾不厭細。食饐而餲。魚餒而肉敗不食。色惡不食。臭惡不食。失飪不食。不時不食。割不正不食。不得其醬不食。肉雖多。不使勝食氣。惟酒無量。不及亂。沽酒。市脯。不食。不徹薑食。不多食。祭於公。不宿肉。祭肉不出三日。出三日。不食之矣。食不語。寢不言。雖蔬食菜羹瓜祭。必齊如也。

(し)は精(せい)を厭(いと)わず、膾(かい)は細(ほそ)きを厭(いと)わず。食(し)は饐(い)して餲(あい)せる、魚(うお)の餒(あざ)れて肉(にく)の敗(やぶ)れたるは食(しょく)せず、色(いろ)の悪(あ)しきは食(しょく)せず、臭(にお)いの悪(あ)しきは食(しょく)せず、飪(じん)の失(しっ)するは食(しょく)せず、時(とき)ならざるは食(しょく)せず。割(きりめ)(ただ)しからずは食(しょく)せず、其(そ)の醬(しょう)を得(え)ざれば食(しょく)せず。肉(にく)(おお)しと雖(いえど)も、食(し)の気(き)に勝(か)たしめず。惟(ただ)(さけ)は量(りょう)(な)けれども、乱(らん)に及(およ)ばず。沽(か)う酒(さけ)、市(か)う脯(ほじし)は、食(しょく)せず。薑(はじかみ)を徹(す)てずして食(しょく)す。多(おお)く食(しょく)せず。公(こう)に祭(まつ)れば、肉(にく)を宿(しゅく)せず、祭(まつ)りの肉(にく)は三日(みっか)を出(いだ)さず、三日(みっか)を出(いで)れば、之(これ)を食(しょく)せず。食(しょく)するに語(かた)らず、寝(い)ぬるに言(ものい)わず。蔬食(そし)菜羹(さいこう)と雖(いえど)も瓜(かなら)ず祭(まつ)る、必(かなら)ず斉如(さいじょ)たり。

席不正不坐。

(せき)(ただ)しからざれば坐(ざ)せず。

郷人飮酒。杖者出。斯出矣。郷人儺。朝服而立阼階。

郷人(きょうじん)の飲酒(いんしゅ)に、杖者(じょうしゃ)(い)づれば、斯(ここ)に出(い)づ。郷人(きょうじん)の儺(おにやらい)に、朝服(ちょうふく)して阼階(そかい)に立(た)つ。

問人於他邦。再拜而送之。康子饋藥。拜而受之。曰。丘未達。不敢嘗。

(ひと)を他邦(たほう)に問(と)えば、再拝(さいはい)して之(これ)を送(おく)る。康子(こうし)(くすり)を饋(おく)る、拝(はい)して之(これ)を受(う)く。曰(いわ)く、丘(きゅう)(いま)だ達(たっ)せず、敢(あえ)て嘗(な)めず。

厩焚。子退朝曰。傷人乎。不問馬。

(うまや)(や)けたり、子(し)、朝(ちょう)より退(しりぞ)きて曰(いわ)く、人(ひと)を傷(そこな)えるかと。馬(うま)を問(と)わず。

君賜食。必正席先嘗之。君賜腥。必熟而薦之。君賜生。必畜之。侍食於君。君祭先飯。疾。君視之。東首。加朝服施紳。君命召。不俟駕行矣。

(きみ)、食(しょく)を賜(たま)えば、必(かなら)ず席(せき)を正(ただ)しくして先(ま)ず之(これ)を嘗(な)む。君(きみ)、腥(せい)を賜(たま)えば、必(かなら)ず熟(じゅく)して之(これ)を薦(すす)む。君(きみ)、生(せい)を賜(たま)えば、必(かなら)ず之(これ)を畜(か)う。君(きみ)に侍食(じしょく)するに、君(きみ)、祭(まつ)れば先(ま)ず飯(はん)す。疾(や)むに、君(きみ)、之(これ)を視(み)れば、東首(とうしゅ)して、朝服(ちょうふく)を加(くわ)えて紳(しん)を施(ひ)く。君(きみ)、命(めい)じて召(め)せば、駕(が)を俟(ま)たずして行(ゆ)く。

入大廟毎事問。

大廟(たいびょう)に入(い)りて事毎(ことごと)に問(と)う。

朋友死無所歸。曰。於我殯。朋友之饋。雖車馬。非祭肉不拜。

朋友(ほうゆう)(し)して帰(き)する所(ところ)(な)し。曰(いわ)く、我(われ)に於(お)いて殯(ひん)せよ。朋友(ほうゆう)の饋(おくりもの)は、車馬(しゃば)と雖(いえど)も、祭肉(さいにく)に非(あら)ざれば拝(はい)せず。

寢不尸。居不容。見齊衰者。雖狎必變。見冕者與瞽者。雖褻必以貌。凶服者式之。式負版者。有盛饌。必變色而作。迅雷風烈必變。

(い)ぬるに尸(し)せず、居(お)るに容(かたち)づくらず。斉衰(しさい)の者(もの)を見(み)ては、狎(な)れたりと雖(いえど)も必(かなら)ず変(へん)ず。冕者(べんしゃ)と瞽者(こしゃ)とを見ては、褻(せつ)と雖(いえど)も必(かなら)ず貌(ぼう)を以(もっ)てす。凶服(きょうふく)の者(もの)には之(これ)に式(しょく)す。負版(ふはん)の者(もの)に式(しょく)す。盛饌(せいせん)(あ)れば、必(かなら)ず色(いろ)を変(へん)じて作(た)つ。迅雷(じんらい)風烈(ふうれつ)には必(かなら)ず変(へん)ず。

升車。必正立執綏。車中不内顧。不疾言。不親指。

(くるま)に升(のぼ)りては、必(かなら)ず正(ただ)しく立(た)ちて綏(すい)を執(と)る。車(くるま)の中(なか)にて内顧(ないこ)せず、疾言(しつげん)せず、親指(しんし)せず。

色斯擧矣。翔而後集。曰。山梁雌雉。時哉時哉。子路共之。三嗅而作。

(いろ)のままに斯(こ)れ挙がり、翔(かけ)って後(のち)に集(あつ)まる。曰(いわ)く、山梁(さんりょう)の雌雉(しち)、時(とき)なる哉(かな)、時(とき)なる哉(かな)。子路(しろ)、之(これ)を共(きょう)す、三(み)たび嗅(か)いで作(た)つ。

ページトップに戻る

次へ「先進第十一」

==========