漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 子罕第九

子罕第九 - 論語

子罕第九(しかんだいく)

子罕言。利與命與仁。

(し)(まれ)に言(い)う、利(り)と命(めい)と仁(じん)と。

逹巷黨人曰。大哉孔子。博學而無所成名。子聞之謂門弟子曰。吾何執。執御乎。執射乎。吾執御矣。

逹巷党(たっこうとう)の人(ひと)(いわ)く、大(おお)いなるかな孔子(こうし)、博(ひろ)く学(まな)びて名(な)を成(な)す所(ところ)(な)し。子(し)、之(これ)を聞(き)きて門弟子(もんていし)に謂(い)って曰(いわ)く、吾(われ)は何(なに)をか執(と)らん、御(ぎょ)を執(と)らんか、射(しゃ)を執(と)らんか、吾(われ)は御(ぎょ)を執(と)らん。

子曰。麻冕禮也。今也純儉。吾從衆。拜下禮也。今拜乎上。泰也。雖違衆。吾從下。

(し)(いわ)く、麻冕(まべん)は礼(れい)なり、今(いま)や純(いと)は倹(けん)なり、吾(われ)は衆(しゅう)に従(したが)わん。下(しも)に拝(はい)するは礼(れい)なり、今(いま)(かみ)に拝(はい)するは泰(たい)なり、衆(しゅう)に違(たが)うと雖(いえど)も吾(われ)は下(しも)に従(したが)わん。

子絶四。毋意。毋必。毋固。毋我。

(し)、四(し)を絶(た)つ。意(い)(な)く、必(ひつ)(な)く、固(こ)(な)く、我(が)(な)し。

子畏於匡。曰。文王既沒。文不在茲乎。天之將喪斯文也。後死者不得與於斯文也。天之未喪斯文也。匡人其如予何。

(し)、匡(きょう)に畏(おそ)る。曰(いわ)く、文王(ぶんのう)(すで)に没(ぼっ)したれども、文(ぶん)(ここ)に在(あ)らずや。天(てん)の将(まさ)に斯(こ)の文(ぶん)を喪(ほろぼ)さんとするや、後死(こうし)の者(もの)、斯(こ)の文(ぶん)に与(あず)かることを得(え)ず。天(てん)の未(いま)だ斯(こ)の文(ぶん)を喪(ほろぼ)さざるや、匡人(きょうじん)(そ)れ予(われ)を如何(いかん)せん。

大宰問於子貢曰。夫子聖者與。何其多能也。子貢曰。固天縱之將聖。又多能也。子聞之曰。大宰知我乎。吾少也賤。故多能鄙事。君子多乎哉。不多也。牢曰。子云。吾不試故藝。

大宰(たいさい)、子貢(しこう)に問(と)いて曰(いわ)く、夫子(ふうし)は聖者(せいじゃ)か。何(なん)ぞ其(そ)れ多能(たのう)なる。子貢(しこう)(いわ)く、固(もと)より天(てん)(これ)を縦(ゆる)して将(ほとん)ど聖(せい)ならしむ、又(また)多能(たのう)なり。子(し)(これ)を聞(き)きて曰(いわ)く、大宰(たいさい)は我(われ)を知(し)れるか。吾(われ)(わか)くして賎(いや)し。故(ゆえ)に鄙事(ひじ)に多能(たのう)なり。君子(くんし)(た)ならんや。多(た)ならざるなり。牢(ろう)(いわ)く、子(し)(い)う、吾(われ)(もちい)られず、故(ゆえ)に芸(げい)あり。

子曰。吾有知乎哉。無知也。有鄙夫問於我。空空如也。我叩其兩端而竭焉。

(し)(いわ)く、吾(われ)(し)ること有(あ)らんや、知(し)ること無(な)し。鄙夫(ひっぷ)(あ)り、我(われ)に問(と)う。空空如(こうこうじょ)たり。我(われ)(そ)の両端(りょうたん)を叩(たた)いて竭(つく)す。

子曰。鳳鳥不至。河不出圖。吾已矣夫。

(し)(いわ)く、鳳鳥(ほうちょう)(いた)らず。河(か)、図(と)を出(いだ)さず。吾(われ)(や)んぬるかな。

子見齊哀者。冕衣裳者。與瞽者。見之雖少必作。過之必趨。

(し)、斉哀(しさい)の者(もの)と、冕衣裳(べんいしょう)の者(もの)と、瞽者(こしゃ)とを見(み)れば、之(これ)を見(み)て少(わか)しと雖(いえど)も必(かなら)ず作(た)つ。之(これ)を過(す)ぎれば必(かなら)ず趨(はし)る。

顔淵喟然歎曰。仰之彌高。鑽之彌堅。瞻之在前。忽焉在後。夫子循循然善誘之。博我以文。約我以禮。欲罷不能。既竭吾才。如有所立卓爾。雖欲從之。未由也已。

顔淵(がんえん)、喟然(きぜん)として歎(たん)じて曰(いわ)く、之(これ)を仰(あお)げば弥(いよいよ)(たか)し、之(これ)を鑽(き)れば弥(いよいよ)(かた)し、之(これ)を瞻(み)るに前(まえ)に在(あ)れば、忽焉(こつえん)として後(うしろ)に在(あ)り。夫子(ふうし)、循循然(じゅんじゅんぜん)として善(よ)く之(これ)を誘(すす)む。我(われ)を博(ひろ)むるに文(ぶん)を以(もっ)てし、我(われ)を約(やく)するに礼(れい)を以(もっ)てす。罷(や)まんと欲(ほっ)して能(あた)わず、既(すで)に吾(わが)(さい)を竭(つく)す。立(た)てる所(ところ)(あ)りて卓爾(たくじ)たるが如(ごと)し。之(これ)に従(したが)わんと欲(ほっ)すと雖(いえど)も、由(よし)なきのみ。

子疾病。子路使門人爲臣。病間曰。久矣哉。由之行詐也。無臣而爲有臣。吾誰欺。欺天乎。且予與其死于臣之手也。無寧死于二三子之手乎。且予縱不得大葬。予死于道路乎。

(し)の疾(しつ)、病(やまい)なり。子路(しろ)、門人(しん)をして臣(しん)(た)らしむ。病(やまい)、間(かん)して曰(いわ)く、久(ひさ)しいかな。由(ゆう)の詐(いつわ)りを行(おこな)うや。臣(しん)(な)くして臣(しん)(あ)りと為(な)す。吾(われ)(たれ)をか欺(あざむ)かん、天(てん)を欺(あざむ)かんや。且(か)つ予(われ)(そ)の臣(しん)の手(て)に死(し)なんよりは、無寧(むしろ)二三子(にさんし)の手(て)に死(し)なんか。且(か)つ予(われ)(たと)え大葬(たいそう)を得(え)ずとも、予(われ)道路(どうろ)に死(し)なんや。

子貢曰。有美玉於斯。韞匵而藏諸。求善賈而沾諸。子曰。沽之哉。沽之哉。我待賈者也。

子貢(しこう)(いわ)く、斯(ここ)に美玉(びぎょく)(あ)り、匵(ひつ)に韞(おさ)めて蔵(かく)さんか、善賈(ぜんか)を求(もと)めて沾(う)らんか。子(し)(いわ)く、之(これ)を沽(う)らんかな、之(これ)を沽(う)らんかな、我(われ)は賈(か)を待(ま)つ者(もの)なり。

子欲居九夷。或曰。陋。如之何。子曰。君子居之。何陋之有。

(し)、九夷(きゅうい)に居(お)らんと欲(ほっ)す。或(ある)ひと曰(いわ)く、陋(いや)しきこと、之(これ)を如何(いかん)せん。子(し)(いわ)く、君子(くんし)(これ)に居(お)らば、何(なん)の陋(いや)しきことか之(これ)(あ)らん。

子曰。吾自衞反魯。然後樂正。雅頌各得其所。

(し)(いわ)く、吾(われ)(えい)より魯(ろ)に反(かえ)って、然(しか)して後(のち)に楽(がく)(ただ)しく、雅頌(がしょう)各々(おのおの)(そ)の所(ところ)を得(え)たり。

子曰。出則事公卿。入則事父兄。喪事不敢不勉。不爲酒困。何有於我哉。

(し)(いわ)く、出(いで)ては則(すなわ)ち公卿(こうけい)に事(つか)え、入(い)りては則(すなわ)ち父兄(ふけい)に事(つか)う、喪(そう)の事(こと)は敢(あえ)て勉(つと)めずんばあらず、酒(さけ)の困(みだれ)を為(な)さず、何(なん)ぞ我(われ)に有(あ)るや。

子在川上曰。逝者如斯夫。不舍晝夜。

(し)、川(かわ)の上(ほとり)に在(あ)りて曰(いわ)く、逝(ゆ)く者(もの)は斯(かく)の如(ごと)きか。昼夜(ちゅうや)を舍(や)めず。

子曰。吾未 見好德如好色者也。

(し)(いわ)く、吾(われ)(いま)だ徳(とく)を好(この)むこと色(いろ)を好(この)むが如(ごと)くなる者(もの)を見(み)ず。

子曰。譬如爲山。未成一簣。止。吾止也。譬如平地。雖覆一簣。進吾往也。

(し)(いわ)く、譬(たと)えば山(やま)を為(つく)るが如(ごと)し。未(いま)だ一簣(いっき)を成(な)さず。止(や)むは吾(わ)が止(や)むなり。譬(たと)えば平地(へいち)の如(ごと)し。一簣(いっき)を覆(くつがえ)すと雖(いえど)も、進(すす)むは吾(わ)が往(ゆ)くなり。

子曰。語之而不惰者。其囘也與。

(し)(いわ)く、之(これ)に語(つ)げて惰(おこた)らざる者(もの)は、其(そ)れ回(かい)なるか。

子謂顏淵曰。惜乎。吾見其進也。未見其止也。

(し)、顏淵(がんえん)を謂(い)って曰(いわ)く、惜(お)しいかな、吾(わ)れ其(そ)の進(すす)むを見(み)る、未(いま)だ其(そ)の止(や)むを見(み)ず。

子曰。苗而不秀者有矣夫。秀而不實者有矣夫。

(し)(いわ)く、苗(なえ)にして秀(ひい)でざる者(もの)(あ)り。秀(ひい)でて実(みの)らざる者(もの)(あ)り。

子曰。後生可畏。焉知來者之不如今也。四十五十而無聞焉。斯亦不足畏也已。

(し)(いわ)く、後生(こうせい)(おそ)るべし。焉(いずく)んぞ来者(らいしゃ)の今(いま)に如(し)かざることを知(し)らんや。四十(しじゅう)五十(ごじゅう)にして聞(き)こゆること無(な)きは、斯(こ)れ亦(また)(おそ)るるに足(た)らざるのみ。

子曰。法語之言。能無從乎。改之爲貴。巽與之言。能無説乎。繹之爲貴。説而不繹。從而不改。吾末如之何也已矣。

(し)(いわ)く、法語(ほうご)の言(げん)は、能(よ)く従(したが)うこと無(な)からんや。之(これ)を改(あらた)むるを貴(たっと)しと為(な)す。巽与(そんよ)の言(げん)、能(よ)く説(よろこ)ぶこと無(な)からんや。之(これ)を繹(たず)ぬるを貴(たっと)しと為(な)す。説(よろこ)びて繹(たず)ねず、従(したが)いて改(あらた)めずんば、吾(わ)れ之(これ)を如何(いかん)ともすること未(な)きのみ。

子曰。主忠信。毋友不如己者。過則勿憚改。

(し)(いわ)く、忠信(ちゅうしん)を主(しゅ)とし、己(おのれ)に如(し)かざる者(もの)を友(とも)とすること毋(なか)れ。過(あやま)ちては則(すなわ)ち改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ。

子曰。三軍可奪帥也。匹夫不可奪志也。

(し)(いわ)く、三軍(さんぐん)(すい)を奪(うば)う可(べ)し。匹夫(ひっぷ)も志(こころざし)を奪(うば)う可(べ)からず。

子曰。衣敝縕袍。與衣狐貉者立而不恥者。其由也與。不忮不求。何用不臧。子路終身誦之。子曰。是道也。何足以臧。

(し)(いわ)く、敝(やぶ)れたる縕袍(おんぽう)を衣(き)て、狐貉(こかく)を衣(き)たる者(もの)と立(た)って恥(はじ)ざる者(もの)は、其(そ)れ由(ゆう)か。忮(そこな)わず求(むさぼ)らず、何(なに)を用(もっ)てか臧(よ)からん。子路(しろ)、終身(しゅうしん)(これ)を誦(しょう)す。子(し)(いわ)く、是(こ)の道(みち)や、何(なん)ぞ以(もっ)て臧(よ)しとするに足(た)らん。

子曰。歳寒然後。知松柏之後彫也。

(し)(いわ)く、歳(とし)(さむ)くして然(しか)る後(のち)、松柏(しょうはく)の彫(しぼ)むに後(おく)るることを知(し)る。

子曰。知者不惑。仁者不憂。勇者不懼。

(し)(いわ)く、知者(ちしゃ)は惑(まど)わず、仁者(じんしゃ)は憂(うれ)えず、勇者(ゆうしゃ)は懼(おそ)れず。

子曰。可與共學。未可與適道。可與適道。末可與立。可與立。未可與權。

(し)(いわ)く、与(とも)に共(とも)に学(まな)ぶ可(べ)し、未(いま)だ与(とも)に道(みち)に適(ゆ)く可(べ)からず。与(とも)に道(みち)に適(ゆ)く可(べ)し、末(いま)だ与(とも)に立(た)つ可(べ)からず。与(とも)に立(た)つ可(べ)し、未(いま)だ与(とも)に權(はか)る可(べ)からず。

唐棣之華。偏其反而。豈不爾思。室是遠而。子曰。未之思也。夫何遠之有。

唐棣(とうてい)の華(はな)、偏(へん)として其(そ)れ反(かえ)る。豈(あ)に爾(なんじ)を思(おも)わざらんや。室(しつ)(こ)れ遠(とお)ければなり。子(し)(いわ)く、未(いま)だ之(これ)を思(おも)わざるなり。夫(そ)れ何(なん)の遠(とお)きことか之(これ)(あ)らん。

ページトップに戻る

次へ「郷党第十」

==========