漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 泰伯第八

泰伯第八 - 論語

泰伯第八(たいはくだいはち)

子曰。泰伯。其可謂至德也已矣。三以天下讓。民無得而稱焉。

(し)(いわ)く、泰伯(たいはく)は其(そ)れ至徳(しとく)と謂(い)うべきのみ。三(み)たび天下(てんか)を以(もっ)て譲(ゆず)る。民(たみ)(え)て称(しょう)すること無(な)し。

子曰。恭而無禮則勞。愼而無禮則葸。勇而無禮則亂。直而無禮則絞。君子篤於親。則民興於仁。故舊不遺。則民不偸。

(し)(いわ)く、恭(きょう)にして礼(れい)(な)ければ則(すなわ)ち労(ろう)す。慎(つつし)んで礼(れい)(な)ければ則(すなわ)ち葸(おそ)る。勇(ゆう)にして礼(れい)(な)ければ則(すな)ち乱(みだ)る。直(ちょく)にして礼(れい)(な)ければ則(すなわ)ち絞(こう)す。君子(くんし)(しん)に篤(あつ)ければ、則(すなわ)ち民(たみ)(じん)を興(おこ)す。故旧(こきゅう)(わす)れざれば、則(すなわ)ち民(たみ)(うす)からず。

曾子有疾。召門弟子曰。啓予足。啓予手。詩云。戰戰兢兢。如臨深淵。如履薄氷。而今而後。吾知免夫。小子。

曽子(そうし)(やまい)(あ)り。門弟子(もんれいし)を召(め)して曰(いわ)く、予(よ)が足(あし)を啓(ひら)け、予(よ)が手(て)を啓(ひら)け。詩(し)に云(いわ)く、戦戦(せんせん)兢兢(きょうきょう)として、深淵(しんえん)に臨(のぞ)むが如(ごと)く、薄氷(はくひょう)を履(ふ)むが如(ごと)しと。而今(いま)よりして後(のち)、吾(わ)れ免(まぬ)がるることを知(し)るかな。小子(しょうし)

曾子有疾。孟敬子問之。曾子言曰。鳥之將死。其嗚也哀。人之將死。其言也善。君子所貴乎道者三。動容貌。斯遠暴慢矣。正顏色。斯近信矣。出辭氣。斯遠鄙倍矣。籩豆之事。則有司存。

曽子(そうし)(やまい)(あ)り。孟敬子(もうけいし)(これ)を問(と)う。曽子(そうし)(い)って曰(いわ)く、鳥(とり)の将(まさ)に死(し)せんとするは、其(そ)の嗚(な)くや哀(かな)し。人(ひと)の将(まさ)に死(し)せんとするは、其(そ)の言(い)うや善(よ)し。君子(くんし)の道(みち)に貴(たっと)ぶ所(ところ)の者(もの)(みっ)つ。容貌(ようぼう)を動(うご)かして、斯(ここ)に暴慢(ぼうまん)を遠(とお)ざけ、顏色(がんしょく)を正(ただ)しくして、斯(ここ)に信(しん)に近(ちか)づき、辞気(じき)を出(いだ)して、斯(ここ)に鄙倍(ひばい)を遠(とお)ざけ、籩豆(へんとう)の事(こと)は、則(すなわ)ち有司(ゆうし)(そん)す。

曾子曰。以能問於不能。以多問於寡。有若無。實若虛。犯而不校。昔者吾友。嘗從事於斯矣。

曽子(そうし)(いわ)く、能(のう)を以(もっ)て不能(ふのう)に問(と)い、多(おお)きを以(もっ)て寡(すく)なきに問(と)い、有(あ)れども無(な)きが若(ごと)く、実(み)てれども虚(むな)しきが若(ごと)く、犯(おか)せども校(はか)らず。昔者(むかし)(わが)(とも)、嘗(かつ)て事(こと)に斯(ここ)に従(したが)えり。

曾子曰。可以託六尺之孤。可以寄百里之命。臨大節而不可奪也。君子人與。君子人也。

曽子(そうし)(いわ)く、以(もっ)て六尺(りくせき)の孤(こ)を託(たく)すべし。以(もっ)て百里(ひゃくり)の命(めい)を寄(よ)すべし。大節(たいせつ)に臨(のぞ)みて奪(うば)うべからず。君子(くんし)(ひと)か。君子(くんし)(ひと)なり。

曾子曰。士不可以不弘毅。任重而道遠。仁以爲己任。不亦重乎。死而後已。不亦遠乎。

曽子(そうし)(いわ)く、士(し)は以(もっ)て弘毅(こうき)ならざるべからず。任(にん)(おも)くして道(みち)(とお)し。仁(じん)(もっ)て己(おのれ)が任(にん)と為(な)す。亦(また)(おも)からずや。死(し)して後(のち)に已(や)む。亦(また)(とお)からずや。

子曰。興於詩。立於禮。成於樂。

(し)(いわ)く、詩(し)に興(おこ)り、礼(れい)に立(た)ち、楽(がく)に成(な)る。

子曰。民可使由之。不可使知之。

(し)(いわ)く、民(たみ)は之(これ)に由(よ)らしむべし。之(これ)を知(し)らしむべからず。

子曰。好勇疾貧。亂也。人而不仁。疾之已甚。亂也。

(し)(いわ)く、勇(ゆう)を好(この)みて貧(ひん)を疾(にく)めば、乱(みだ)る。人(ひと)として不仁(ふじん)なる、之(これ)を疾(にく)むこと已甚(はなはだ)しければ、乱(みだ)る。

子曰。如有周公之才之美。使驕且吝。其餘不足觀也已。

(し)(いわ)く、如(も)し周公(しゅうこう)の才(さい)の美(び)(あ)りとも、驕(おご)り且(か)つ吝(やぶさ)かならしめば、其(そ)の余(よ)は観(み)るに足(た)らざるのみ。

子曰。三年學。不至於穀。不易得也。

(し)(いわ)く、三年(さんねん)(まな)びて、穀(こく)に至(いた)らざるは、得(え)(やす)からざるなり。

子曰。篤信好學。守死善道。危邦不入。亂邦不居。天下有道則見。無道則隱。邦有道。貧且賤焉。恥也。邦無道。富且貴焉。恥也。

(し)(いわ)く、篤(あつ)く信(しん)じて学(がく)を好(この)み、死(し)を守(まも)りて道(みち)を善(よ)くす。危邦(きほう)には入(い)らず、乱邦(らんぽう)には居(お)らず、天下(てんか)(みち)(あ)れば則(すなわ)ち見(あらわ)れ、道(みち)(な)ければ則(すなわ)ち隠(かく)る。邦(くに)(みち)(あ)るに、貧(まず)しくして且(か)つ賎(いや)しきは、恥(はじ)なり。邦(くに)(みち)(な)きに、富(とみ)(か)つ貴(たっと)きは、恥(はじ)なり。

子曰。不在其位。不謀其政。

(し)(いわ)く、其(そ)の位(くらい)に在(あ)らざれば、其(そ)の政(まつりごと)を謀(はか)らず。

子曰。師摯之始。關雎之亂。洋洋乎。盈耳哉。

(し)(いわ)く、師摯(しし)の始(はじ)め、関雎(かんしょ)の乱(おわ)り、洋洋乎(ようようこ)として、耳(みみ)に盈(み)てるかな。

子曰。狂而不直。侗而不愿。悾悾而不信。吾不知之矣。

(し)(いわ)く、狂(きょう)にして直(ちょく)ならず、侗(どう)にして愿(げん)ならず、悾悾(こうこう)として信(しん)ならざれば、吾(わ)れ之(これ)を知(し)らず。

子曰。學如不及。猶恐失之。

(し)(いわ)く、学(がく)は及(およ)ばざるが如(ごと)くして、猶(なお)(これ)を失(うしな)わんことを恐(おそ)れよ。

子曰。巍巍乎。舜禹之有天下也。而不與焉。

(し)(いわ)く、巍巍乎(ぎぎこ)たり。舜(しゅん)(う)の天下(てんか)を有(たも)つや、而(しか)も与(あず)からず。

子曰。大哉堯之爲君也。巍巍乎。唯天爲大。唯堯則之。蕩蕩乎。民無能名焉。巍巍乎。其有成功也。煥乎。其有文章。

(し)(いわ)く、大(おお)いなるかな、堯(ぎょう)の君(きみ)たるや。巍巍乎(ぎぎこ)たり。唯(ただ)(てん)を大(だい)なりと為(な)す。唯(ただ)(ぎょう)(これ)に則(のっと)る。蕩蕩乎(とうとうこ)たり。民(たみ)(よ)く名(な)づくること無(な)し。巍巍乎(ぎぎこ)として、其(そ)れ成功(せいこう)有り、煥乎(かんこ)として、其(そ)れ文章(ぶんしょう)(あ)り。

舜有臣五人而天下治。武王曰。予有亂臣十人。孔子曰。才難。不其然乎。唐虞之際。於斯爲盛。有婦人焉。九人而已。三分天下有其二。以服事殷。周之德。其可謂至德也已矣。

(しゅん)、臣(しん)五人(ごにん)(あ)りて天下(てんか)(おさ)まる。武王(ぶおう)(いわ)く、予(われ)に乱臣(らんしん)十人(じゅうにん)(あ)り。孔子(こうし)(いわ)く、才(さい)(かた)しと。其(そ)れ然(しか)らずや。唐虞(とうぐ)の際(さい)、斯(これ)より盛(さか)んなりと為(な)す。婦人(ふじん)(あ)り、九人(きゅうにん)のみ。天下(てんか)を三分(さんぶん)して其(そ)の二(に)を有(たも)ち、以(もっ)て殷(いん)に服事(ふくじ)す。周(しゅう)の徳(とく)は、其(そ)れ至徳(しとく)と謂(い)うべきのみ。

子曰。禹吾無閒然矣。菲飮食而致孝乎鬼神。惡衣服而致美乎黻冕。卑宮室而盡力乎溝洫。禹吾無閒然矣。

(し)(いわ)く、禹(う)は吾(わ)れ間然(かんぜん)すること無(な)し。飲食(いんしょく)を菲(うす)くして孝(こう)を鬼神(きしん)に致(いた)し、衣服(いふく)を悪(あ)しくして美(び)を黻冕(ふつべん)に致(いた)し、宮室(きゅうしつ)を卑(いや)しくして力(ちから)を溝洫(こうきょく)に尽(つ)くす。禹(う)は吾(わ)れ間然(かんぜん)すること無(な)し。

ページトップに戻る

次へ「子罕第九」

==========