漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 述而第七

述而第七 - 論語

述而第七(じゅつじだいしち)

子曰。述而不作。信而好古。竊比於我老彭。

(し)(いわ)く、述(の)べて作(つく)らず、信(じん)じて古(いにしえ)を好(この)む。竊(ひそ)かに我(わ)が老彭(ろうほう)に比(ひ)す。

子曰。默而識之。學而不厭。誨人不惓。何有於我哉。

(し)(いわ)く。黙(もく)して之(これ)を識(しる)し。学(まな)びて厭(いと)わず。人(ひと)を誨(おし)えて惓(う)まず。何(なん)ぞ我(われ)に有(あ)らんや。

子曰。德之不修。學之不講。聞義不能徙。不善不能改。是吾憂也。

(し)(いわ)く、徳(とく)の修(おさ)まらざる、学(がく)の講(こう)せざる、義(ぎ)を聞(き)きて徙(うつ)ること能(あた)わざる、不善(ふぜん)を改(あらた)むること能(あた)わざる、是(これ)(わ)が憂(うれい)なり。

子之燕居。申申如也。夭夭如也。

(し)の燕居(えんきょ)、申申(しんしん)(じょ)たり。夭夭(ようよう)(じょ)たり。

子曰。甚矣吾衰也。久矣吾不復夢見周公。

(し)(いわ)く。甚(はなは)だしいかな、吾(わ)が衰(おとろ)えるや。久(ひさ)しいかな、吾(わ)れ復(また)(ゆめ)に周公(しゅうこう)を見(み)ず。

子曰。志於道。據於德。依於仁。游於藝。

(し)(いわ)く、道(みち)に志(こころざ)し、徳(とく)に拠(よ)り、仁(じん)に依(よ)り、芸(げい)に遊(あそ)ぶ。

子曰。自行束脩以上。吾未嘗無誨焉。

(し)(いわ)く、束脩(そくしゅう)を行(おこな)うより以上(いじょう)、吾(わ)れ未(いま)だ嘗(かつ)て誨(おし)うること無(な)くんばあらず。

子曰。不憤不啓。不悱不發。擧一隅。不以三隅反。則不復也。

(し)(いわ)く、憤(ふん)せざれば啓(けい)せず、悱(ひ)せざれば発(はっ)せず。一隅(いちぐう)を挙(あ)げて、三隅(さんぐう)を以(もっ)て反(はん)せずんば、則(すなわ)ち復(ま)たせざるなり。

子食於有喪者之側。未嘗飽也。子於是日哭。則不歌。

(し)、喪(も)(あ)る者(もの)の側(そば)に食(しょく)すれば、未(いま)だ嘗(かつ)て飽(あ)かざるなり。子(し)、是(こ)の日(ひ)に於(お)いて哭(こく)すれば、則(すな)ち歌(うた)わず。

子謂顔淵曰。用之則行。舍之則藏。惟我與爾有是夫。子路曰。子行三軍。則誰與。子曰。暴虎馮河。死而無悔者。吾不與也。必也臨事而懼。好謀而成者也。

(し)、顔淵(がんえん)に謂(い)って曰(いわ)く、之(これ)を用(もち)いれば則(すなわ)ち行(おこな)い、之(これ)を舍(す)つれば則(すなわ)ち蔵(かく)る。惟(ただ)(われ)と爾(なんじ)と是(こ)れ有(あ)るか。子路(しろ)(いわ)く、子(し)、三軍(さんぐん)を行(や)わらば則(すなわ)ち誰(だれ)とともにせん。子(し)(いわ)く、暴虎(ぼうこ)馮河(ひょうが)、死(し)して悔(く)い無(な)き者(もの)は、吾(われ)(とも)にせざるなり。必(かなら)ずや事(こと)に臨(のぞ)みて懼(おそ)れ、謀(はかりごと)を好(この)みて成(な)さん者(もの)なり。

子曰。富而可求也。雖執鞭之士。吾亦爲之。如不可求。從吾所好。

(し)(いわ)く、富(とみ)して求(もと)むべくんば、執鞭(しつべん)の士(し)と雖(いえど)も、吾(わ)れ亦(また)(これ)を為(な)さん。如(も)し求(もと)むべからざれば、吾(わ)が好(この)む所(ところ)に従(したが)わん。

子之所愼。 齊戰疾。

(し)の慎(つつし)む所(ところ)は、 斉(さい)、戦(せん)、疾(しつ)

子在齊。聞詔三月。不知肉味。曰。不圖爲樂之至於斯也。

(し)、斉(せい)に在(あ)って、詔(しょう)を聞(き)く。三月(さんげつ)、肉(にく)の味(あじわい)を知(し)らず。曰(いわ)く、図(はか)らざりき楽(がく)を為(な)すことの斯(ここ)に至(いた)らんとは。

冉有曰。夫子爲衞君乎。子貢曰。諾。吾將問之。入曰。伯夷叔齊何人也。曰。古之賢人也。曰。怨乎。曰。求仁而得仁。又何怨。出曰。夫子不爲也。

冉有(ぜんゆう)(いわ)く、夫子(ふうし)、衛(えい)の君(きみ)を為(たす)けんか。子貢(しこう)(いわ)く、諾(だく)、吾(わ)れ将(まさ)に之(これ)を問(と)わんとす。入(い)りて曰(いわ)く、伯夷(はくい)叔斉()しゅくせいは何(なん)の人(ひと)ぞや。曰(いわ)く、古(いにしえ)の賢人(けんじん)なり。曰(いわ)く、怨(うら)みたるか。曰(いわ)く、仁(じん)を求(もと)めて仁(じん)を得(え)たり。又(また)(なんぞ)ぞ怨(うら)みん。出(い)でて曰(いわ)く、夫子(ふうし)、為(yす)けざるなり。

子曰。飯疏食。飮水。曲肱而枕之。樂亦在其中矣。不義而富且貴。於我如浮雲。

(し)(いわ)く、疏食(そし)を飯(くら)い、水(みず)を飮(の)み、肱(ひじ)を曲(ま)げて之(これ)を枕(まくら)とす。楽(たの)しみ亦(また)(そ)の中(うち)に在(あ)り。不義(ふぎ)にして富(とみ)(か)つ貴(たっと)きは、我(われ)に於(お)いて浮雲(ふうん)の如(ごと)し。

子曰。加我數年。卒以學易。可以無大過矣。

(し)(いわ)く、我(われ)に数年(すうねん)を加(か)して、以(もっ)て易(えき)を学(まな)ぶことを卒(お)えしめば、以(もっ)て大(おお)いなる過(あやま)ち無(な)かるべし。

子所雅言。詩書執禮。皆雅言也。

(し)の雅(つね)に言(い)う所(ところ)は、詩(し)、書(しょ)、執礼(しつれい)、皆(みな)(つね)に言(い)うなり。

葉公問孔子於子路。子路不對。子曰。女奚不曰。其爲人也。發憤忘食。樂以忘憂。不知老之將至云爾。

葉公(しょうこう)、孔子(こうし)を子路(しろ)に問(と)う。子路(しろ)(こた)えず。子(し)(いわ)く、女(なんじ)(な)んぞ曰(い)わざる。其(そ)の人(ひと)と為(な)りや、憤(いきどお)りを発(はっ)して食(しょく)を忘(わす)れ、楽(たの)しみ以(もっ)て憂(うれい)を忘(わす)れ、老(おい)の将(まさ)に至(いた)らんとするを知(し)らず、爾(しか)(い)わんと。

子曰。我非生而知之者。好古。敏以求之者也。

(し)(いわ)く、我(われ)(うま)れながらにして之(これ)を知(し)る者(もの)に非(あら)ず。古(いにしえ)を好(この)みて、敏(びん)にして以(もっ)て之(これ)を求(もと)めたる者(もの)なり。

子不語怪力亂神。

(し)、怪(かい)、力(りょく)、乱(らん)、神(しん)を語(かた)らず。

子曰。三人行。必有我師焉。擇其善者而從之。其不善者而改之。

(し)(いわ)く、三人(さんにん)(おこな)えば、必(かなら)ず我(わ)が師(し)(あ)り。其(そ)の善(よ)き者(もの)を択(えら)びて之(これ)に従(したが)い、其(そ)の善(ぜん)ならざる者(もの)は之(これ)を改(あらた)む。

子曰。天生德於予。桓魋其如予何。

(し)(いわ)く、天(てん)、徳(とく)を予(われ)に生(しょう)ぜり。桓魋(かんたい)(そ)れ予(われ)を如何(いかん)せん。

子曰。二三子以我爲隱乎。吾無隱乎爾。吾無行而不與二三子者。是丘也。

(し)(いわ)く、二三子(にさんし)。我(われ)を以(もっ)て隠(かく)せりと為(な)すか。吾(わ)れ爾(なんじ)に隠(かく)すこと無(な)し。吾(わ)れ行(おこな)うとして二三子(にさんし)と与(しめ)さざる者(もの)(な)し。是(これ)(きゅう)なり。

子以四教。文行忠信。

(し)、四(よつ)を以(もっ)て教(おし)う。文(ぶん)、行(こう)、忠(ちゅう)、信(しん)

子曰。聖人吾不得而見之矣。得見君子者。斯可矣。子曰。善人吾不得而見之矣。得見有恒者。斯可矣。亡而爲有。虚而爲盈。約而爲泰。難乎有恒矣。

(し)(いわ)く、聖人(せいじん)は吾(わ)れ得(え)て之(これ)を見(み)ず。君子(くんし)を見(み)ることを得(え)ば、斯(これ)(か)なり。子(し)(いわ)く、善人(ぜんにん)は吾(わ)れ得(え)て之(これ)を見(み)ず。恒(つね)(あ)る者(もの)を見(み)ることを得(え)ば、斯(これ)(か)なり。亡(な)くして有(ゆう)と為(な)し、虚(むな)しくして盈(み)てりと為(な)し、約(やく)して泰(たい)と為(な)す。難(かた)いかな恒(つね)(あ)ること。

子釣不綱。戈不射宿。

(し)、釣(つ)りして綱(あみ)せず。戈(いぐるみ)して宿(ねとり)を射(い)らず。

子曰。蓋有不知而作之者。我無是也。多聞擇其善者而從之。多見而識之。知之次也。

(し)(いわ)く、蓋(けだ)し知(し)らずして之(これ)を作(な)す者(もの)(あ)らん。我(わ)れ是(こ)れ無(な)し。多(おお)く聞(き)きて其(そ)の善(よ)き者(もの)を択(えら)びて之(これ)に従(したが)い、多(おお)く見(み)て之(これ)を識(しる)すは、之(これ)を知(し)るの次(つぎ)なり。

互郷難與言。童子見。門人惑。子曰。與其進也。不與其退也。唯何甚。人潔己以進。與其潔也。不保其往也。

互郷(ごきょう)(とも)に言(い)い難(がた)し。童子(どうじ)(まみ)ゆ。門人(もんじん)(まど)う。子(し)(いわ)く、其(そ)の進(すす)むを与(ゆる)し、其(そ)の退(しりぞ)くを与(ゆる)さず。唯(ただ)(なん)ぞ甚(はなは)だしからん。人(ひと)、己(おのれ)を潔(いさぎよ)くして以(もっ)て進(すす)まば、其(そ)の潔(いさぎよ)きを与(ゆる)し、其(そ)の往(おう)を保(ほ)せず。

子曰。仁遠乎哉。我欲仁。斯仁至矣。

(し)(いわ)く、仁(じん)(とお)からんや。我(わ)れ仁(じん)を欲(ほっ)して、斯(ここ)に仁(じん)(いた)る。

陳司敗問。昭公知禮乎。孔子曰。知禮。孔子退。揖巫馬期而進之曰。吾聞。君子不黨。君子亦黨乎。君取於呉。爲同姓。謂之呉孟子。君而知禮。孰不知禮。巫馬期以告。子曰。丘幸也。苟有過。人必知之。

(ちん)の司敗(しはい)(と)う、昭公(しょうこう)(れい)を知(し)るや。孔子(こうし)(いわ)く、礼(れい)を知(し)れり。孔子(こうし)退(しろぞ)く。巫馬期(ふばき)を揖(ゆう)して之(これ)を進(すす)めて曰(いわ)く、吾(われ)(き)く、君子(くんし)は黨(とう)せずと、君子(くんし)も亦(また)(とう)するか。君(きみ)、呉(ご)に取れり。同姓為(た)り。之を呉孟子と謂う。君礼を知らば。孰れか礼を知らざらん。巫馬期以て告す。子曰く。丘や幸いなり。苟しくも過ち有れば。人必ず之を知る。

子與人歌而善。必使反之。而後和之。

(し)、人(ひと)と歌(うた)って善(よ)ければ、必(かなら)ず之(これ)を反(かえ)させしめて、而(しか)る後(のち)(これ)に和(わ)す。

子曰。文莫吾猶人也。躬行君子。則吾未之有得。

(し)(いわ)く、文(ぶん)は吾(われ)(なお)(ひと)のごとき莫(な)からんや。君子(くんし)を躬行(きゅうこう)するは、則(すなわ)ち吾(わ)れ未(いま)だ之(これ)を得(え)ること有(あ)らず。

子曰。若聖與仁。則吾豈敢。抑爲之不厭。誨人不惓。則可謂云爾已矣。公西華曰。正唯弟子不能學也。

(し)(いわ)く、聖(せい)と仁(じん)との若(ごと)きは、則(すなわ)ち吾(われ)(あ)に敢(あえ)てせんや。抑(そもそ)も之(これ)を爲(な)して厭(いと)わず、人(ひと)を誨(おし)えて惓(う)まず。則(すなわ)ち爾(しか)(い)うと謂(い)うのみ。公西華(こうせいか)(いわ)く、正(まさ)に唯(ただ)弟子(ていし)(まな)ぶこと能(あた)わず。

子疾病。子路請禱。子曰、有諸。子路對曰、有之。誄曰、禱爾于上下神祇。子曰、丘之禱久矣。

(し)の疾(しつ)、病(へい)なり。子路(しろ)(いの)らんと請(こ)う。子(し)(いわ)く、諸(これ)(あ)りや。子路(しろ)(こた)えて曰(いわ)く、之(これ)(あ)り。誄(るい)に曰(いわ)く、爾(なんじ)を上下(しょうか)の神祇(しんぎ)に祷(いの)ると。子(し)(いわ)く、丘(きゅう)の祷(いの)ること久(ひさ)し。

子曰。奢則不孫。儉則固。與其不孫也。寧固。

(し)(いわ)く、奢(おご)れば則(すなわ)ち不孫(ふそん)なり。倹(けん)なれば則(すなわ)ち固(いや)し。其(そ)の不孫(ふそん)ならんよりは、寧(むし)ろ固(いや)しかれ。

子曰。君子坦蕩蕩。小人長戚戚。

(し)(いわ)く、君子(くんし)(たいら)かにして蕩蕩(とうとう)たり。小人(しょうじん)(とこ)しえに戚戚(せきせき)たり。

子溫而厲。威而不猛。恭而安。

(し)(おん)にして厲(はげ)し。威(い)ありて猛(たけ)からず。恭(きょう)にして安(やす)し。

ページトップに戻る

次へ「泰伯第八」

==========