漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 雍也第六

雍也第六 - 論語

雍也第六(ようやだいろく)

子曰。雍也可使南面。仲弓問子桑伯子。子曰。可也簡。仲弓曰。居敬而行簡。以臨其民。不亦可乎。居簡而行簡。無乃大簡乎。子曰。雍之言然。

(し)(いわ)く、雍(よう)や南面(なんめん)せしむべし。仲弓(ちゅうきゅう)、子桑伯子(しそうはくし)を問(と)う。子(し)(いわ)く、可(か)なり簡(かん)なり。仲弓(ちゅうきゅう)(いわ)く、敬(けい)に居(い)て簡(かん)を行(おこな)い、以(もっ)て其(そ)の民(たみ)に臨(のぞ)む。亦(また)(か)ならずや。簡(かん)に居(い)て簡(かん)を行(おこな)えば、乃(すなわ)ち大簡(たいかん)なる無(な)からんか。子(し)(いわ)く、雍(よう)の言(げん)(しか)り。

哀公問。弟子孰爲好學。孔子對曰。有顔回者好學。不遷怒。不貮過。不幸短命死矣。今也則亡。未聞好學者也。

哀公(あいこう)(と)う、弟子(ていし)(たれ)か學(がく)を好(この)むと爲(な)す。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、顔回(がんかい)なる者(もの)(あ)り。學(がく)を好(この)む。怒(いかり)を遷(うつ)さず。過(あやま)ちを貮(ふたた)びせず。不幸(ふこう)短命(たんめい)にして死(し)す。今(いま)や則(すなわ)ち亡(な)し。未(いま)だ學(がく)を好(この)む者(もの)を聞(き)かざるなり。

子華使於齊。冉子爲其母請粟。子曰。與之釜。請益。曰。與之庾。冉子與之粟五秉。子曰。赤之適齊也。乘肥馬。衣輕裘。吾聞之也。君子周急不繼富。原思爲之宰。與之粟九百。辭。子曰。毋。以與爾鄰里郷黨乎。

子華(しか)、齊(せい)に使(つか)いす。冉子(ぜんし)、其(そ)の母(はは)の為(ため)に粟(あわ)を請(こ)う。子(し)(いわ)く、之(これ)に釜(ふ)を与(あた)えよ。益(えき)を請(こ)う。曰(いわ)く、之(これ)に庾(ゆ)を与(あた)えよ。冉子(ぜんし)、之(これ)に粟(あわ)五秉(ごへい)を与(あた)う。子(し)(いわ)く、赤(せき)の齊(せい)に適(ゆ)くや、肥馬(ひば)に乗(の)り、輕裘(けいきゅう)を衣(き)る。吾(われ)(これ)を聞(き)くや、君子(くんし)(きゅう)に周(あまね)くして富(とみ)を継(つ)がずと。原思(げんし)、之(これ)が宰(さい)と為(な)る。之(これ)に粟(あわ)九百(きゅうはく)を与(あた)う。辭(じ)す。子(し)(いわ)く、毋(なか)れ、以(もっ)て爾(なんじ)の鄰里(りんり)郷黨(きょうとう)に与(あた)えんか。

子謂仲弓曰。犂牛之子。騂且角。雖欲勿用。山川其舍諸。

(し)、仲弓(ちゅうきゅう)を謂(い)って曰(いわ)く、犂牛(りぎゅう)の子(こ)、騂(あか)くして且(か)つ角(つの)あり。用(もち)いること勿(な)からんと欲(ほっ)すと雖(いえど)も、山川(さんせん)(そ)れ諸(これ)を舍(す)てんや。

子曰。回也其心三月不違仁。其餘則日月至焉而已矣。

(し)(いわ)く、回(かい)や其(そ)の心(こころ)三月(さんげつ)(じん)に違(たが)わず。其(そ)の餘(よ)は則(すなわ)ち日(ひ)に月(つき)に至(いた)るのみ。

季康子問。仲由可使從政也與。子曰。由也果。於從政乎何有。曰。賜也可使從政也與。曰。賜也達。於從政乎何有。曰。求也可使從政也與。曰。求也藝。於從政乎何有。

季康子(きこうし)(と)う、仲由(ちゅうゆう)、政(せい)に従(したが)わしむべきか。子(し)(いわ)く、由(ゆう)や果(か)なり。政(せい)に従(したが)うに於(お)いて何(なに)か有(あ)らん。曰(いわ)く、賜(し)や政(せい)に従(したが)わしむべきか。曰(いわ)く、賜(し)や達(たつ)なり。政(せい)に従(したが)うに於(お)いて何(なに)か有(あ)らん。曰(いわ)く、求(きゅう)や政(せい)に従(したが)わしむべきか。曰(いわ)く、求(きゅう)や藝(げい)なり。政(せい)に従(したが)うに於(お)いて何(なに)か有(あ)らん。

季氏使閔子騫爲費宰。閔子騫曰。善爲我辭焉。如有復我者。則吾必在汶上矣。

季氏(きし)、閔子騫(びんしけん)をして費(ひ)の宰(さい)と為(な)さしむ。閔子騫(びんしけん)(いわ)く、善(よ)く我(わ)が為(ため)に辭(じ)せよ。如(も)し我(われ)に復(ふく)する者(もの)(あ)らば、則(すなわ)ち吾(われ)(かなら)ず汶上(ぶんじょう)に在(あ)り。

伯牛有疾。子問之。自牖執其手。曰。亡之。命矣夫。斯人也。而有斯疾也。斯人也。而有斯疾也。

伯牛(はくぎゅう)(しつ)(あ)り。子(し)(これ)を問(と)う。牖(まど)より其(そ)の手(て)を執(と)りて、(いわ)く、之(これ)を亡(うしな)わん。命(めい)なるかな。斯(この)(ひと)にして斯(この)(しつ)(あ)りや。斯(この)(ひと)にして斯(この)(しつ)(あ)りや。

子曰。賢哉回也。一簟食。一瓢飮。在陋巷。人不堪其憂。回也不改其樂。賢哉回也。

(し)(いわ)く、賢(けん)なるかな回(かい)や。一簟(いったん)の食(しょく)、一瓢(いっぴょう)の飮(いん)、陋巷(ろうこう)に在(あ)り。人(ひと)(そ)の憂(うれ)いに堪(た)えず。回(かい)や其(そ)の樂(たの)しみを改(あらた)めず。賢(けん)なるかな回(かい)や。

冉求曰。非不説子之道。力不足也。子曰。力不足者。中道而廢。今女畫。

冉求(ぜんきゅう)(いわ)く、子(し)の道(みち)を説(よろこ)ばざるに非(あら)ず。力(ちから)(た)らざるなり。子(し)(いわ)く、力(ちから)(た)らざる者(もの)、中道(ちゅうどう)にして廢(はい)す。今(いま)(なんじ)は畫(かぎ)れり。

子謂子夏曰。女爲君子儒。無爲小人儒。

(し)、子夏(しか)に謂(い)って曰(いわ)く、女(なんじ)君子(くんし)の儒(じゅ)と爲(な)れ、小人(しょうじん)の儒(じゅ)と為(な)ること無(な)かれ。

子游爲武城宰。子曰。女得人焉爾乎。曰。有澹臺滅明者。行不由徑。非公事。未嘗至於偃之室也。

子游(しゆう)、武城(ぶじょう)の宰(さい)と爲(な)る。子(し)(いわ)く、女(なんじ)(ひと)を得(え)たるか。曰(いわ)く、澹臺滅明(たんだいめつめい)なる者(もの)(あ)り。行(い)くに徑(こみち)に由(よ)らず。公事(こうじ)に非(あら)ざれば、未(いま)だ嘗(かつ)て偃(えん)の室(しつ)に至(いた)らざるなり。

子曰。孟之反不伐。奔而殿。將入門。策其馬。曰。非敢後也。馬不進也。

(し)(いわ)く、孟之反(もうしはん)(ほこ)らず。奔(はし)りて殿(しんがり)たり。將(まさ)に門(もん)に入(い)らんとす。其(そ)の馬(うま)に策(むちう)ちて、曰(いわ)く、敢(あえ)て後(おく)れたるに非(あら)ず。馬(うま)(すす)まざればなり。

子曰。不有祝鮀之佞而有宋朝之美。難乎。免於今之世矣。

(し)(いわ)く、祝鮀(しゅくだ)の佞(ねい)(あ)りて而(しか)して宋朝(そうちょう)の美(び)(あ)らずんば、難(かた)いかな、今(いま)の世(よ)に免(まぬが)れんこと。

子曰。誰能出不由戸。何莫由斯道也。

(し)(いわ)く、誰(たれ)か能(よ)く出(いづ)るに戸(こ)に由(よ)らず。何(なん)ぞ斯(こ)の道(みち)に由(よ)ること莫(な)きなり。

子曰。質勝文則野。文勝質則史。文質彬彬。然後君子。

(し)(いわ)く、質(しつ)、文(ぶん)に勝(か)ちては則(すなわ)ち野(や)。文(ぶん)、質(しつ)に勝(か)ちては則(すなわ)ち史(し)。文質(ぶんしつ)彬彬(ひんぴん)として、然(しか)る後(のち)君子(くんし)なり。

子曰。人之生也直。罔之生也幸而免。

(し)(いわ)く、人(ひと)の生(せい)や直(ちょく)なり。之(これ)を罔(な)みして生(うま)るるや幸(さいわい)にして免(まぬが)る。

子曰。知之者不如好之者。好之者不如樂之者。

(し)(いわ)く、之(これ)を知(し)る者(もの)は之(これ)を好(この)む者(もの)に如(し)かず。之(これ)を好(この)む者は(もの)(これ)を樂(たの)しむ者(もの)に如(し)かず。

子曰。中人以上。可以語上也。中人以下。不可以語上也。

(し)(いわ)く、中人(ちゅうじん)以上(いじょう)には、以(もっ)て上(かみ)を語(つ)ぐべし。中人(ちゅうじん)以下(いか)には、以(もっ)て上(かみ)を語(つ)ぐべからず。

焚遲問知。子曰。務民之義。敬鬼神而遠之。可謂知矣。問仁。曰。仁者先難而後獲。可謂仁矣。

焚遲(はんち)、知(ち)を問(と)う。子(し)(いわ)く、民(たみ)の義(ぎ)を務(つと)めて、鬼神(きしん)を敬(けい)して之(これ)に遠(とお)ざかる。知(ち)と謂(い)うべし。仁(じん)を問(と)う。曰(いわ)く、仁者(じんしゃ)は難(かた)きに先(さき)にして獲(う)るを後(あと)にす。仁(じん)と謂(い)うべし。

子曰。知者樂水。仁者樂山。知者動。仁者靜。知者樂。仁者壽。

(し)(いわ)く、知者(ちしゃ)は水(みず)を楽(たの)しむ。仁者(じんしゃ)は山(やま)を楽(たの)しむ。知者(ちしゃ)は動(うご)き、仁者(じんしゃ)は静(しず)かなり。知者(ちしゃ)は楽(たの)しみ、仁者(じんしゃ)は壽(いのちなが)し。

子曰。齊一變。至於魯。魯一變。至於道。

(し)(いわ)く、齊(せい)一變(いっぺん)せば、魯(ろ)に至(いた)らん。魯(ろ)一變(いっぺん)せば、道(みち)に至(いた)らん。

子曰。觚不觚。觚哉觚哉。

(し)(いわ)く、觚(こ)、觚(こ)ならず。觚(こ)ならんや觚(こ)ならんや。

宰我問曰。仁者雖告之曰。井有仁焉。其從之也。子曰。何爲其然也。君子可逝也。不可陷也。可欺也。不可罔也。

宰我(さいが)(と)うて曰(いわ)く、仁者(じんしゃ)は之(これ)に告(つ)げて、井(せい)に仁(じん)(あ)りと曰(い)うと雖(いえど)も、其(そ)れ之(これ)に従(したが)わんか。子(し)(いわ)く、何爲(なんす)れぞ其(そ)れ然(しか)らん。君子(くんし)(ゆ)かしむべきも、陷(おとし)いるべからず。欺(あざむ)くべきも、罔(し)うべからず。

子曰。君子博學於文。約之以禮。亦可以弗畔矣夫。

(し)(いわ)く、君子(くんし)(ひろ)く文(ぶん)を学(まな)び、之(これ)を約(やく)するに禮(れい)を以(もっ)てすれば、亦(また)(もっ)て畔(そ)むかざるべきか。

子見南子。子路不説。夫子矢之曰。予所否者。天厭之。天厭之。

(し)、南子(なんし)に見(まみ)ゆ。子路(しろ)(よろこ)ばず。夫子(ふうし)(これ)に矢(ちか)うて曰(いわ)く、予(わが)(ひ)とする所(ところ)の者(もの)あらば、天(てん)(これ)を厭(た)たん。天(てん)(これ)を厭(た)たん。

子曰。中庸之爲德也。其至矣乎。民鮮久矣。

(し)(いわ)く、中庸(ちゅうよう)の德(とく)と爲(な)るや、其(そ)の至(いた)れるか。民(たみ)(すくな)きこと久(ひさ)し。

子貢曰。如有博施於民。而能濟衆。何如。可謂仁乎。子曰。何事於仁。必也聖乎。堯舜其猶病諸。夫仁者。己欲立而立人。己欲達而逹人。能近取譬。可謂仁之方也已。

子貢(しこう)(いわ)く、如(も)し博(ひろ)く民(たみ)に施(ほどこ)して、能(よ)く衆(しゅう)を濟(すく)うこと有(あ)らば、何如(いかん)。仁(じん)と謂(い)うべきか。子(し)(いわ)く、何(なん)ぞ仁(じん)に事(とど)まらん。必(かなら)ずや聖(せい)。堯舜(ぎょうしゅん)(そ)の猶(なお)(これ)を病(やまい)す。夫(そ)れ仁者(じんしゃ)、己(おの)れ立(た)たんと欲(ほっ)して人(ひと)を立(た)て、己(おの)れ達(たっ)せんと欲(ほっ)して人(ひと)を逹(たっ)す。能(よ)く近(ちか)く譬(たとえ)を取(と)るを、仁(じん)の方(ほう)と謂(い)うべきのみ。

ページトップに戻る

次へ「述而第七」

==========