漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 里仁第四

里仁第四 - 論語

里仁第四(りじんだいし)

子曰。里仁爲美。擇不處仁。焉得知。

(し)(いわ)く。里(り)は仁(じん)を美(び)と為(な)す。択(えら)びて仁(じん)に処(お)らざれば、焉(いずく)んぞ知(ち)を得(え)ん。

子曰。不仁者。不可以久處約。不可以長處樂。仁者安仁。知者利仁。

(し)(いわ)く。不仁者(ふじんしゃ)は、以(もっ)て久(ひさ)しく約(やく)を処(お)るべからず。以(もっ)て長(なが)く楽(らく)を処(お)るべからず。仁者(じんしゃ)は仁(じん)を安(やす)んじ、知者(ちしゃ)は仁(じん)を利(り)す。

子曰。惟仁者能好人。能惡人。

(し)(いわ)く。惟(ただ)仁者(じんしゃ)のみ能(よ)く人(ひと)を好(この)み、能(よ)く人(ひと)を悪(にく)む。

子曰。苟志於仁矣。無惡也。

(し)(いわ)く。苟(まこと)に仁(じん)に志(こころざ)せば、悪(にく)むこと無(な)し。

子曰。富與貴。是人之所欲也。不以其道得之。不處也。貧與賤。是人之所惡也。不以其道得之。不去也。君子去仁。惡乎成名。君子無終食之閒違仁。造次必於是。顚沛必於是。

(し)(いわ)く。富(とみ)と貴(き)とは、是(こ)れ人(ひと)の欲(ほっ)する所(ところ)なり。其(そ)の道(みち)を以(もっ)てせずして之(これ)を得(う)れば、処(お)らざるなり。貧(ひん)と賤(せん)とは、是(こ)れ人(ひと)の悪(にく)む所(ところ)なり。其(そ)の道(みち)を以(もっ)てせずして之(これ)を得(う)れば、去(さ)らざるなり。君子(くんし)(じん)(さ)りて、悪(いずく)にか名(な)を成(な)さん。君子(くんし)は食(しょく)を終(お)わるの間(あいだ)も仁(じん)に違(たが)うこと無(な)し。造次(ぞうじ)に必(かなら)ず是(ここ)に於(お)いてし、顚沛(てんぱい)も必(かなら)ず是(ここ)に於(お)いてす。

子曰。我未見好仁者。惡不仁者。好仁者無以尚之。惡不仁者其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎。我未見力不足者。蓋有之矣。我未之見也。

(し)(いわ)く。我(わ)れ未(いま)だ仁(じん)を好(この)む者(もの)と、不仁(ふじん)を悪(にく)む者(もの)を見(み)ず。仁(じん)を好(この)む者(もの)は以(もっ)て之(これ)を尚(くわ)うること無(な)し。不仁(ふじん)を悪(にく)む者(もの)は其(そ)れ仁(じん)を為(な)すや、不仁者(ふじんしゃ)をして其(そ)の身(み)に加(くわ)えしめず。能(よ)く一日(いちじつ)も其(そ)の力(ちから)を仁(じん)に用(もち)いること有(あ)らんか。我(わ)れ未(いま)だ力(ちから)の足(た)らざる者(もの)を見(み)ず。蓋(けだ)し之(これ)(あ)らん。我(わ)れ未(いま)だ之(これ)を見(み)ざるなり。

子曰。人之過也。各於其黨。觀過。斯知仁矣。

(し)(いわ)く。人(ひと)の過(あやま)ちや、各々(おのおの)(そ)の黨(たぐい)に於(お)いてす。過(あやま)ちを観(み)て、斯(ここ)に仁(じん)を知(し)る。

子曰。朝聞道。夕死可矣。

(し)(いわ)く。朝(あした)に道(みち)を聞(き)き、夕(ゆう)べに死(し)すとも可(か)なり。

子曰。士志於道。而恥惡衣惡食者。未足與議也。

(し)(いわ)く。士(し)、道(みち)に志(こころざ)して、悪衣(あくい)悪食(あくしょく)を恥(は)じる者(もの)は、未(いま)だ与(とも)に議(ぎ)するに足(た)らざるなり。

子曰。君子之於天下也。無適也。無莫也。義之與比。

(し)(いわ)く。君子(くんし)の天下(てんか)に於(お)けるや、適(てき)も無(な)く、莫(ばく)も無(な)く。義(ぎ)(これ)(とも)に比(したが)う。

子曰。君子懷德。小人懷土。君子懷刑。小人懷惠。

(し)(いわ)く。君子(くんし)は徳(とく)を懐(おも)い、小人(しょうじん)は土(ど)を懐(おも)う。君子(くんし)は刑(けい)を懐(おも)い、小人(しょうじん)は恵(けい)を懐(おも)う。

子曰。放於利而行。多怨。

(し)(いわ)く。利(り)に放(よ)りて行(おこな)わば、怨(うら)み多(おお)し。

子曰。能以禮讓爲國乎。何有。不能以禮讓爲國。如禮何。

(し)(いわ)く。能(よ)く礼譲(れいじょう)を以(もっ)て国(くに)を為(おさ)めんか、何(なに)か有(あ)らん。能(よ)く礼譲(れいじょう)を以(もっ)て国(くに)を為(おさ)めざれば、礼(れい)を如何(いかん)

子曰。不患無位。患所以立。不患莫己知。求爲可知也。

(し)(いわ)く。位(くらい)(な)きことを患(うれ)えず、立(た)つ所以(ゆえん)を患(うれ)う。己(おのれ)を知(し)ること莫(な)きを患(うれ)えず、知(し)らるべきことを為(な)すを求(もと)むるなり。

子曰。參乎。吾道一以貫之。曾子曰。唯。子出。門人問曰。何謂也。曾子曰。夫子之道。忠恕而已矣。

(し)(いわ)く。参(しん)や。吾(わ)が道(みち)、一(いつ)(もっ)て之(これ)を貫(つらぬ)けり。曽子(そうし)(いわ)く。唯(い)。子(し)(い)ず。門人(もんじん)(と)うて曰(いわ)く。何(なん)の謂(い)うことや。曽子(そうし)(いわ)く。夫子(ふうし)の道(みち)は、忠恕(ちゅうじょ)のみ。

子曰。君子喩於義。小人喩於利。

(し)(いわ)く。君子(くんし)は義(ぎ)に喩(さと)る。小人(しょうじん)は利(り)に喩(さと)る。

子曰。見賢思齊焉。見不賢而内自省也。

(し)(いわ)く。賢(けん)を見(み)ては斉(ひと)しからんことを思(おも)い、不賢(ふけん)を見(み)ては内(うち)に自(みず)から省(かえり)みるなり。

子曰。事父毋幾諫。見志不從。又敬不違。勞而不怨。

(し)(いわ)く。父毋(ふぼ)に事(つか)うるに幾(ようや)く諫(いさ)む。志(こころざし)の従(したが)わざるを見(み)ては、又(また)(けい)して違(たが)わず。労(ろう)して怨(うら)みず。

子曰。父毋在。不遠遊。遊必有方。

(し)(いわ)く。父毋(ふぼ)(いま)せば、遠(とお)くに遊(あそ)ばず。遊(あそ)ぶこと必(かなら)ず方(ほう)(あ)り。

子曰。三年無改於父之道。可謂孝矣。

(し)(いわ)く。三年(さんねん)(ちち)の道(みち)を改(あらた)むる無(な)きを、孝(こう)と謂(い)うべし。

子曰。父毋之年。不可不知也。一則以喜。一則以懼。

(し)(いわ)く。父毋(ふぼ)の年(とし)は、知(し)らざるべからず。一(ひと)たびは則(すなわ)ち以(もっ)て喜(よろこ)び、一(ひと)たびは則(すなわ)ち以(もっ)て懼(おそ)る。

子曰。古者言之不出。恥躬之不逮也。

(し)(いわ)く。古者(いにしえ)の言(こと)を出(い)でざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥(は)じてなり。

子曰。以約失之者鮮矣。

(し)(いわ)く。約(やく)を以(もっ)て之(これ)を失(しっ)する者(もの)は鮮(すくな)し。

子曰。君子欲訥於言而敏於行。

(し)(いわ)く。君子(くんし)は言(げん)に訥(とつ)にして行(おこな)うに敏(びん)ならんと欲(ほっ)す。

子曰。德不孤。必有鄰。

(し)(いわ)く。徳(とく)(こ)ならず。必(かなら)ず鄰(りん)(あ)り。

子游曰。事君數。斯辱矣。朋友數。斯疏矣。

子游(しゆう)(いわ)く。君(きみ)に事(つか)うるに数(しばしば)すれば、斯(こ)れ辱(はずか)しめらる。朋友(ほうゆう)に数(しばしば)すれば、斯(こ)れ疏(うと)んぜらる。

ページトップに戻る

次へ「公冶長第五」

==========