漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 八佾第三

八佾第三 - 論語

八佾第三(はついつだいさん)

孔子謂季氏。八佾舞於庭。是可忍也。孰不可忍也。

孔子(こうし)季氏(きし)を謂(い)う。八佾(はついつ)(にわ)に舞わす。是(こ)れを忍(しの)ぶべくんば、孰(いず)れか忍(しの)ぶべからざらん。

三家者以雍徹。子曰。相維辟公。天子穆穆。奚取於三家之堂。

三家(さんか)は雍(よう)を以(もっ)て徹(てっ)す。子(し)(いわ)く。相(たす)くる維(こ)れ辟公(へきこう)、天子(てんし)穆穆(ぼくぼく)たりと。奚(なん)ぞ三家(さんか)の堂(どう)に取(と)らん。

子曰。人而不仁。如禮何。人而不仁。如樂何。

(し)(いわ)く。人(ひと)にして仁(じん)ならざれば、礼(れい)、如何(いかん)。人(ひと)にして仁(じん)ならざれば、楽(がく)、如何(いかん)

林放問禮之本。子曰。大哉問。禮。與其奢也寧儉。喪。與其易也寧戚。

林放(りんぽう)、礼(れい)の本(もと)を問(と)う。子(し)(いわ)く。大(おお)いなるかな、問(と)いや。礼(れい)は、其(そ)の奢(おごり)よりは寧(むし)ろ倹(けん)せよ。喪(そう)は、其(そ)の易(おさ)めんよりは寧(むし)ろ戚(せき)せよ。

子曰。夷狄之有君。不如諸夏之亡也。

(し)(いわ)く。夷狄(いてき)、之(これ)(きみ)(あ)り。諸夏(しょか)の亡(な)きが如(ごと)くならざるなり。

季氏旅於泰山。子謂冉有曰。女弗能救與。對曰。不能。子曰。嗚呼。曾謂泰山。不如林放乎。

季氏(きし)、泰山(たいざん)に旅(りょ)す。子(し)、冉有(ぜんゆう)に謂(い)いて曰(いわ)く。女(なんじ)(すく)うこと能(あた)わざるか。対(こた)えて曰(いわ)く。能(あた)わず。子(し)(いわ)く。嗚呼(ああ)、曾(かつ)て泰山(たいざん)は、林放(りんぽう)に如(し)かずと謂(い)わんか。

子曰。君子無所爭。必也射乎。揖讓而升。下而飮。其爭也君子。

(し)(いわ)く。君子(くんし)は争(あらそ)う所(ところ)(な)し。必(かなら)ずや射(しゃ)か。揖譲(ゆうじょう)して升(のぼ)り、下(くだ)りて飮(の)む。其(そ)の争(あらそ)いや君子(くんし)なり。

子夏問曰。巧笑倩兮。美目盼兮。素以爲絢兮。何謂也。子曰。繪事後素。曰。禮後乎。子曰。起予者商也。始可與言詩已矣。

子夏(しか)(と)うて曰(いわ)く。巧笑(こうしょう)(せん)たり。美目(ぼもく)(へん)たり。素(そ)(もっ)て絢(あや)を爲(な)すとは、何(なん)の謂(い)いぞや。子(し)(いわ)く。絵(え)の事(こと)は素(そ)より後(あと)にす。曰(いわ)く。礼(れい)は後(あと)か。子(し)(いわ)く。予(われ)を起(お)こす者(もの)は商(しょう)なり。始(はじ)めて与(とも)に詩(し)を言(い)うべきのみ。

子曰。夏禮吾能言之。杞不足徴也。殷禮吾能言之。宋不足徴也。文獻不足故也。足則吾能徴之矣。

(し)(いわ)く。夏(か)の礼(れい)を吾(わ)れ能(よ)く之(これ)を言(い)えども、杞(き)は徴(しる)すに足(た)らざるなり。殷(いん)の礼(れい)を吾(わ)れ能(よ)く之(これ)を言(い)えども、宋(そう)は徴(しる)すに足らざるなり。文献(ぶんけん)(た)らざる故(ゆえ)なり。足(た)らば則(すなわ)ち吾(わ)れ能(よ)く之(これ)を徴(しる)せん。

子曰。禘自既灌而往者。吾不欲觀之矣。

(し)(いわ)く。禘(てい)、既(すで)に灌(かん)してより往(のち)は、吾(わ)れ之(これ)を観(み)ることを欲(ほっ)せず。

或問禘之説。子曰。不知也。知其説者之於天下也。其如示諸斯乎。指其掌。

(あるひと)(てい)の説(せつ)を問(と)う。子(し)(いわ)く。知(し)らざるなり。其(そ)の説(せつ)を知(し)る者(もの)の天下(てんか)に於(お)けるや、其(そ)れ諸(これ)を斯(ここ)に示(み)るが如(ごと)きかと。其(そ)の掌(たなごころ)を指(ゆび)さす。

祭如在。祭神如神在。子曰。吾不與祭。如不祭。

(まつ)ること在(いま)すが如(ごと)く、神(かみ)を祭(まつ)ること神(かみ)(いま)すが如(ごと)し。子(し)(いわ)く。吾(わ)れ祭(まつり)に与(あずか)らざれば、祭(まつ)らざるが如(ごと)し。

王孫賈問曰。與其媚於奥。寧媚於竈。何謂也。子曰。不然。獲罪於天。無所禱也。

王孫賈(おうそんか)(と)うて曰(いわ)く。其(そ)の奥(おく)に媚(こ)びんよりは、寧(むし)ろ竈(かまど)に媚(こ)びよとは、何(なん)と謂(い)いぞや。子(し)(いわ)く。然(しか)らず。罪(つみ)を天(てん)に獲(う)れば、祈(いの)る所(ところ)(な)きなり。

子曰。周監於二代。郁郁乎文哉。吾從周。

(し)(いわ)く。周(しゅう)は二代(にだい)に監(かんが)みて、郁郁乎(いくいくこ)として文(ぶん)なるかな。吾(わ)れは周(しゅう)に従(したが)わん。

子入大廟。每事問。或曰。孰謂鄹人之子知禮乎。入大廟。每事問。子聞之曰。是禮也。

(し)、大廟(たいびょう)に入(い)りて、事每(ことごと)に問(と)う。或(あるひと)(いわ)く。孰(たれ)か鄹人(すうじん)の子(こ)を礼(れい)を知(し)ると謂(い)うや。大廟(たいびょう)に入(い)りて、事每(ことごと)に問(と)う。子(し)、之(これ)を聞(き)きて曰(いわ)く。是(これ)(れい)なり。

子曰。射不主皮。爲力不同科。古之道也。

(し)(いわ)く。射(しゃ)は皮(かわ)を主(しゅ)とせず、力(ちから)の科(しな)を同(おな)じうせざるが爲(ため)なり。古(いにしえ)の道(みち)なり。

子貢欲去告朔之餼羊。子曰。賜也。爾愛其羊。我愛其禮。

子貢(しこう)、告朔(こくさく)の餼羊(きよう)を去(さ)らんと欲(ほっ)す。子(し)(いわ)く。賜(し)や、爾(なんじ)(そ)の羊(ひつじ)を愛(お)しむ。我(われ)は其(そ)の礼(れい)を愛(お)しむ。

子曰。事君盡禮。人以爲諂也。

(し)(いわ)く。君(きみ)に事(つか)うるに礼(れ)を盡(つ)くせば、人(ひと)(もっ)て諂(へつら)いと為(な)す。

定公問。君使臣。臣事君。如之何。孔子對曰。君使臣以禮。臣事君以忠。

定公(ていこう)、問(と)う。君(きみ)、臣(しん)を使(つか)い、臣(しん)、君(きみ)に事(つか)うること、之(これ)如何(いかん)。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く。君(きみ)、臣(しん)を使(つか)うに礼(れい)を以(もっ)てし、臣(しん)、君(きみ)に事(つか)うるに忠(ちゅう)を以(もっ)てす。

子曰。關雎。樂而不淫。哀而不傷。

(し)(いわ)く。関雎(かんしょ)は、楽(たの)しみて淫(いん)せず、哀(かな)しみて傷(やぶ)らず。

哀公問社於宰我。宰我對曰。夏后氏以松。殷人以栢。周人以栗。曰。使民戰栗。子聞之曰。成事不説。遂事不諫。既往不咎。

哀公(あいこう)、社(しゃ)を宰我(さいが)に問(と)う。宰我(さいが)(こた)えて曰(いわ)く。夏后氏(かこうし)は松(まつ)を以(もっ)てし、殷人(いんじん)は栢(はく)を以(もっ)てし、周人(しゅうじん)は栗(くり)を以(もっ)てす。曰(いわ)く。民(たみ)をして戦栗(せんりつ)せしむ。子(し)(これ)を聞(き)きて曰(いわ)く。成事(せいじ)は説(と)かず。遂事(すいじ)は諫(いさ)めず。既往(きおう)は咎(とが)めず。

子曰。管仲之器小哉。或曰。管仲儉乎。曰。管氏有三歸。官事不攝。焉得儉。然則管仲知禮乎。曰。邦君樹塞門。管氏亦樹塞門。邦君爲兩君之好。有反坫。管氏亦有反坫。管氏而知禮。孰不知禮。

(し)(いわ)く。管仲(かんちゅう)の器(き)(しょう)なるかな。或(あるひと)(いわ)く。管仲(かんちゅう)(けん)なるか。曰(いわ)く。管氏(かんし)に三帰(さんき)(あ)り。官(かん)の事(こと)は攝(か)ねず、焉(いずくん)ぞ倹(けん)を得(え)ん。然(しか)らば則(すなわ)ち管仲(かんちゅう)は礼(れい)を知(し)るか。曰(いわ)く。邦君(ほうくん)(じゅ)して門(もん)を塞(ふさ)ぐ。管氏(かんし)も亦(また)(じゅ)して門(もん)を塞(ふさ)ぐ。邦君(ほうくん)、両君(りょうくん)の好(こう)を為(な)すに、反坫(はんてん)(あ)り。管氏(かんし)も亦(また)反坫(はんてん)(あ)り。管氏(かんし)にして礼(れい)を知らば、孰(たれ)か礼(れい)を知らざらん。

子語魯大師樂。曰。樂其可知也。始作。翕如也。從之。純如也。皦如也。繹如也。以成。

(し)、魯(ろ)の大師(たいし)に楽(がく)を語(つ)げて、曰(いわ)く。楽(がく)は其(そ)れ知(し)るべし。始(はじ)めて作(な)すに、翕如(きゅうじょ)たり。之(これ)を従(はな)って純如(じゅんじょ)たり。皦如(きょうじょ)たり。繹如(えきじょ)たり。以(もっ)て成(な)る。

儀封人請見。曰。君子之至於斯也。吾未嘗不得見也。從者見之。出曰。二三子。何患於喪乎。天下之無道也久矣。天將以夫子爲木鐸。

(ぎ)の封人(ほうじん)(まみ)えんことを請(こう)うて、曰く(いわく)。君子(くんし)の斯(ここ)に至(いた)るや、吾(わ)れ未(いま)だ嘗(かつ)て見(まみ)ゆること得(え)ずんばあらずと。従者(じゅうしゃ)(これ)を見(まみ)えしむ。出(い)でて曰(いわ)く。二三子(にさんし)、何(なん)ぞ喪(うしな)うことを患(うれ)えんや。天下(てんか)の道(みち)(な)きや久(ひさ)し。天(てん)、将(まさ)に夫子(ふうし)を以(もっ)て木鐸(ぼくたく)と為(な)さんとす。

子謂韶。盡美矣。又盡善也。謂武。盡美矣。未盡善也。

(し)、韶(しょう)を謂(い)う。美(び)を尽(つ)くす。又(また)(ぜん)を尽(つ)くせり。武(ぶ)を謂(い)う。美(び)を尽(つ)くす。未(いま)だ善(ぜん)を尽(つ)くさざるなり。

子曰。居上不寛。爲禮不敬。臨喪不哀。吾何以觀之哉。

(し)(いわ)く。上(かみ)に居(い)て寛(かん)ならず。礼(れ)を為(な)して敬(けい)せず、喪(も)に臨(のぞ)んで哀(かな)しまずんば、吾(わ)れ何(なに)を以(もっ)て之(これ)を観(み)んや。

ページトップに戻る

次へ「里仁第四」

==========