漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 爲政第二

爲政第二 - 論語

爲政第二(いせいだいに)

子曰。爲政以德。譬如北辰。居其所。而衆星共之。

(し)(いわ)く、政(まつりごと)を為(な)すに徳(とく)を以(もっ)てす。譬(たと)えば北辰(ほくしん)の其(そ)の所(ところ)に居(きょ)して、衆星(しゅうせい)の之(これ)に共(むか)うが如(ごと)し。

子曰。詩三百。一言以蔽之。曰。思無邪。

(し)(いわ)く、詩(し)三百(さんびゃく)、一言(いちげん)(もっ)て之(これ)を蔽(おお)う。曰(いわ)く、思(おも)い邪(よこしま)(な)しと。

子曰。道之以政。齊之以刑。民免而無恥。道之以德。齊之以禮。有恥且格。

(し)(いわ)く、之(これ)を道(みちび)くに政(まつりごと)を以(もっ)てし、之(これ)を斉(ととの)うるに刑(けい)を以(もっ)てすれば、民(たみ)(まぬが)れて恥(は)じること無(な)し。之(これ)を道(みちび)くに徳(とく)を以(もっ)てし、之(これ)を斉(ととの)うるに礼(れい)を以(もっ)てすれば、恥(はじ)(あ)りて且(か)つ格(いた)る。

子曰。吾十有五而志于學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲。不踰矩。

(し)(いわ)く、吾(わ)れ十有五(じゅうゆうご)にして学(がく)に志(こころざ)す。三十(さんじゅう)にして立(た)つ。四十(しじゅう)にして惑(まど)わず。五十(ごじゅう)にして天命(てんめい)を知(し)る。六十(ろくじゅう)にして耳(みみ)(したが)う。七十(しちじゅう)にして心(こころ)の欲(ほっ)する所(ところ)に従(したが)えども、矩(のり)を踰(こ)えず。

孟懿子問孝。子曰。無違。樊遲御。子告之曰。孟孫問孝於我。我對曰。無違。樊遲曰。何謂也。子曰。生事之以禮。死葬之以禮。祭之以禮。

孟懿子(もういし)(こう)を問(と)う。子(し)(いわ)く、違(たが)うこと無(な)かれ。樊遅(はんち)(ぎょ)たり。子(し)(これ)に告(つ)げて曰(いわ)く、孟孫(もうそん)(こう)を我(われ)に問(と)う。我(われ)(こた)えて曰(いわく)く、違(たが)うこと無(な)かれと。樊遅(はんち)(いわ)く、何(なん)の謂(い)いぞや。子(し)(いわ)く、生(い)けるには之(これ)に事(つか)えたるに礼(れい)を以(もっ)てし、死(し)すれば之(これ)を葬(ほうむ)るに礼(れい)を以(もっ)てし、之(これ)を祭(まつ)るに礼(れい)を以(もっ)てす。

孟武伯問孝。子曰。父母唯其疾之憂。

孟武伯(もうぶはく)(こう)を問(と)う。子(し)(いわ)く、父母(ふぼ)は唯(ただ)(そ)の疾(やまい)を之(これ)(うれ)う。

子游問孝。子曰。今之孝者。是謂能養。至於犬馬。皆能有養。不敬。何以別乎。

子游(しゆう)(こう)を問(と)う。子(し)(いわ)く、今(いま)の孝(こう)は、是(こ)れ能(よ)く養(やしな)うことを謂(い)う。犬馬(けんば)に至(いた)るまで皆(みな)(よ)く養(やしな)うこと有(あ)り。敬(けい)せざれば何(なに)を以(もっ)て別(わか)たんや。

子夏問孝。子曰。色難。有事弟子服其勞。有酒食先生饌。曾是以爲孝乎。

子夏(しか)(こう)を問(と)う。子(し)(いわ)く、色(いろ)(かた)し。事(こと)(あ)れば弟子(ていし)(そ)の労(ろう)に服(ふく)す。酒食(しゅし)(あ)れば先生(せんせい)(せん)す。曾(かつ)て是(これ)を以(もっ)て孝(こう)と為(な)さんや。

子曰。吾與囘言終日。不違如愚。退而省其私。亦足以發。囘也不愚。

(し)(いわ)く、吾(われ)(かい)と言(ものい)うこと終日(しゅうじつ)す。違(たが)わざること愚(ぐ)の如(ごと)し。退(しりぞ)いて其(そ)の私(わたし)を省(かえり)みれば、亦(また)(もっ)て発(はっ)するに足(た)れり。回(かい)や愚(ぐ)ならず。

子曰。視其所以。觀其所由。察其所安。人焉痩哉。人焉痩哉。

(し)(いわ)く、其(そ)の以(もっ)てする所(ところ)を視(み)、其(そ)の由(よ)る所(ところ)を観(み)、其(そ)の安(やす)んずる所(ところ)を察(さっ)すれば、人(ひと)(いずく)んぞ痩(かく)さんや。人(ひと)(いずく)んぞ痩(かく)さんや。

子曰。溫故而知新。可以爲師矣。

(し)(いわ)く、故(ふる)きを温(たず)ねて新(あたら)しきを知(し)る。以(もっ)て師(し)と為(な)るべし。

子曰。君子不器。

(し)(いわ)く、君子(くんし)は器(き)ならず。

子貢問君子。子曰。先行其言而後従之。

子貢(しこう)君子(くんし)を問(と)う。子(し)(いわ)く、先(ま)ず其(そ)の言(げん)を行(おこな)いて、而(しか)して後(のち)(これ)に従(したが)う。

子曰。君子周而不比。小人比而不周。

(し)(いわ)く、君子は周(しゅう)して比(ひ)せず。小人(しょうじん)は比(ひ)りし周(しゅう)せず。

子曰。學而不思則罔。思而不學則殆。

(し)(いわ)く、学(まな)びて思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し。思(おも)いて学(まな)ばざれば則(すなわ)ち殆(あやう)し。

子曰。攻乎異端。斯害也已。

(し)(いわ)く、異端(いたん)を攻(おさ)むるは、斯(こ)れ害(がい)のみ。

子曰。由。誨女知之乎。知之爲知之。不知爲不知。是知也。

(し)(いわ)く、由(ゆう)、女(なんじ)に之(これ)を知(し)ることを誨(おし)えんか。之(これ)を知(し)るを之(これ)を知(し)ると為(な)し、知(し)らざるを知(し)らざると為(な)す。是(これ)(し)るなり。

子張學干祿。子曰。多聞闕疑。愼言其餘。則寡尤。多見闕殆。愼行其餘。則寡悔。言寡尤。行寡悔。祿在其中矣。

子張(しちょう)、禄(ろく)を干(もと)むるを学(まな)ぶ。子(し)(いわ)く、多(おお)く聞(き)きて疑(うたが)わしきを闕(か)きて、慎(つつし)んで其(そ)の余(よ)を言(い)わば、則(すなわ)ち尤(とがめ)(すくな)し。多(おお)く見(み)て殆(あやう)きを闕(か)きて、慎(つつし)んで其(そ)の余(よ)を行(おこな)わば、則(すなわ)ち悔(くい)(すくな)し。言(こと)(とがめ)(すくな)く、行(おこな)い悔(くい)(すくな)ければ、禄(ろく)(そ)の中(うち)に在(あ)り。

哀公問曰。何爲則民服。孔子對曰。擧直錯諸枉。則民服。擧枉錯諸直。則民不服。

哀公(あいこう)(と)いて曰(いわ)く、何爲(いかん)すれば則(すなわ)ち民(たみ)(ふく)せん。孔子(こうし)(こた)えて曰(いわ)く、直(なお)きを挙(あ)げて諸(もろもろ)(ま)がれるを錯(お)けば、則(すなわ)ち民(たみ)(ふく)す。枉(ま)がれるを挙(あ)げて、諸(もろもろ)の直(なお)きを錯(お)けば、則(すなわ)ち民(たみ)(ふく)せず。

季康子問。使民敬忠以勸。如之何。子曰。臨之以莊則敬。孝慈則忠。擧善而教不能則勸。

季康子(きこうし)(と)う、民(たみ)をして敬忠(けいちゅう)にして以(もっ)て勧(すす)ましめんこと、之(これ)如何(いかん)。子(し)(いわ)く、之(これ)に臨(のぞ)むに荘(そう)を以(もっ)てすれば則(すなわ)ち敬(けい)、孝慈(こうじ)なれば則(すなわ)ち忠(ちゅう)、善(ぜん)を挙(あ)げて不能(ふのう)を教(おし)えれば則(すなわ)ち勤(すす)む。

或謂孔子曰。子奚不爲政。子曰。書云孝乎。惟孝友于兄弟。施於有政。是亦爲政。奚其爲爲政。

(あるひと)、孔子(こうし)に謂(い)いて曰(いわ)く、子(し)(なん)ぞ政(まつりごと)を為(な)さざる。子(し)(いわ)く、書(しょ)に孝(こう)を云(い)えるか。惟(こ)れ孝(こう)は、兄弟(けいてい)に友(とも)あり。政(まつりごと)(あ)るに施(ほどこ)すと。是(こ)れ亦(また)(まつりごと)を爲(な)すなり。奚(なん)ぞ其(そ)れ政(まつりごと)を為(な)すを為(な)さん。

子曰。人而無信。不知其可也。大車無輗。小車無軏。其何以行之哉。

(し)(いわ)く、人(ひと)として信(しん)(な)くんば、其(そ)の可(か)なることを知(し)らざるなり。大車(たいしゃ)(げい)(な)く、小車(しょうしゃ)(げつ)(な)くんば、其(そ)の何(なに)を以(もっ)てか之(これ)を行(や)らんや。

子張問十世可知也。子曰。殷因於夏禮。所損益可知也。周因於殷禮。所損益可知也。其或繼周者。雖百世可知也。

子張(しちょう)(と)う、十世(じっせい)(し)るべしや。子(し)(いわ)く、殷(いん)は夏(か)の礼(れい)に因(よ)る。損益(そんえき)する所(ところ)(し)るべきなり。周(しゅう)は殷(いん)の礼(れい)に因(よ)る。損益(そんえき)する所(ところ)(し)るべきなり。其(そ)れ或(あるい)は周(しゅう)を継(つ)ぐ者(もの)は、百世(ひゃくせい)と雖(いえど)も知(し)るべきなり。

子曰。非其鬼而祭之。諂也。見義不爲。無勇也。

(し)(いわ)く、其(そ)の鬼(おに)に非(あら)ずして之(これ)を祭(まつ)るは、諂(へつら)いなり。義(ぎ)を見(み)て為(せ)ざるは、勇(ゆう)(な)きなり。

ページトップに戻る

次へ「八佾第三」

==========