漢詩作法入門講座

==========
==========
本コンテンツでは、JavaScript機能を有効にしてください。
JavaScriptが無効な場合、正常に表示できない可能性があります。

ホーム > 中国古典 > 論語 > 學而第一

學而第一 - 論語

學而第一(がくじだいいち)

子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。

(し)(いわ)く、学(まな)びて時(とき)に之(これ)を習(なら)う。亦(また)(よろこ)ばしからずや。朋(とも)(あ)り遠方(えんぽう)より来(きた)る。亦(また)(たの)しからずや。人(ひと)(し)らずして慍(いか)らず。亦(また)君子(くんし)ならずや。

有子曰。其爲人也孝弟。而好犯上者鮮矣。不好犯上而好作亂者。未有之有也。君子務本。本立道生。孝弟也者。其爲仁之本與。

有子(ゆうし)(いわ)く、其(そ)の人(ひと)と為(な)りや、孝弟(こうてい)にして上(かみ)を犯(おか)すことを好(この)む者(もの)(すくな)し。上(かみ)を犯(おか)すことを好(この)まずして、乱(らん)を作(な)すことを好(この)む者、未(いま)だ之(これ)(あ)らざるなり。君子(くんし)は本(もと)を務(つと)む。本(もと)(た)ちて道(みち)(しょう)ず。孝弟(こうてい)なる者(もの)は、其(そ)れ仁(じん)を為(な)すの本(もと)か。

子曰。巧言令色鮮矣仁。

(し)(いわ)く、巧言(こうげん)令色(れいしょく)(すくな)し仁。

曾子曰。吾日三省吾身。爲人諜而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎。

曾子(そうし)(いわ)く。吾(わ)れ日(ひび)に三(みっ)つ吾(わ)が身(み)を省(かえり)みる。人(ひと)の為(ため)に諜(はか)りて忠(ちゅう)ならざるか。朋友(ほうゆう)と交(まじ)わりて信(しん)ならざるか。伝(つた)えられて習(なら)わざるか。

子曰。道千乘之國。敬事而信。節用而愛人。使民以時。

(し)(いわ)く、千乗(せんじょう)の国(くに)を道(おさ)むるに、事(こと)を敬(けい)して信。用(よう)を節(せっ)して人(ひと)を愛(あい)し、民(たみ)を使(つか)うに時(とき)を以(もっ)てす。

子曰。弟子入則孝。出則弟。謹而信。汎愛衆。而親仁。行有餘力。則以學文。

(し)(いわ)く、弟子(ていし)、入(い)りては則(すなわ)ち孝(こう)、出(い)でては則(すなわ)ち弟(てい)、謹(つつし)みて信(しん)、汎(ひろ)く衆(しゅう)を愛(あい)して仁(じん)に親(ちか)づく。行(おこな)い余力(よりょく)(あ)らば、則(すなわ)ち以(もっ)て文を学ぶ。

子夏曰。賢賢易色。事父毋能竭其力。事君能致其身。與朋友交。言而有信。雖曰未學。吾必謂之學矣。

子夏(しか)(いわ)く、賢(けん)を賢(けん)として色(いろ)に易(か)え、父毋(ふぼ)に事(つか)えては能(よ)く其(そ)の力(ちから)を竭(つく)し、君(きみ)に事(つか)えては能(よ)く其(そ)の身(み)を致(いた)し、朋友(ほうゆう)と交(まじ)わるに、言(い)いて信(しん)(あ)らば、未(いま)だ学ばずと曰(い)うと雖(いえど)も、吾(わ)れは必(かなら)ず之(これ)を学(まな)びたりと謂(い)わん。

子曰。君子不重則不威。學則不固。主忠信。無友不如己者。過則勿憚改。

(し)(いわ)く、君子(くんし)(おも)からざれば則(すなわ)ち威(い)ならず。学(がく)も則(すなわ)ち固(かた)からず。忠信(ちゅうしん)を主(しゅ)とし、己(おのれ)に如(し)かざる者(もの)を友(とも)とすること無(な)かれ。過(あやま)ちては則(すなわ)ち改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ。

曾子曰。愼終追遠。民德歸厚矣。

曾子(そうし)(いわ)く、終(おわ)りを慎(つつし)み、遠(とお)きを追(お)えば、民(たみ)の徳(とく)、厚(あつ)きに帰(き)す。

子禽問於子貢曰。夫子至於此邦也。必聞其政。求之與。抑與之與。子貢曰。夫子溫良恭儉讓以得之。夫子之求之也。其諸異乎人之求之與。

子禽(しきん)、子貢(しこう)に問(と)うて曰(いわ)く、夫子(ふうし)の此(こ)の邦(くに)に至(いた)るや、必(かなら)ず其(そ)の政(まつりごと)を聞(き)く。之(これ)を求(もとむ)むるか。抑(そもそも)(これ)を与(あた)えたるか。子貢(しこう)(いわ)く。夫子(ふうし)は温良恭倹譲(おんりょうきょうけんじょう)(もっ)て之(これ)を得(え)たり。夫子(ふうし)の之(これ)を求(もと)むるは、其(そ)れ諸(これ)(ひと)の之(これ)を求(もと)むるに異(こと)なるか。

子曰。父在觀其志。父沒觀其行。三年無改於父之道。可謂孝矣。

(し)(いわ)く。父(ちち)(い)ませば其(そ)の志(こころざし)を観(み)、父(ちち)(ぼっ)しては其(そ)の行(おこな)いを観(み)る。三年(さんねん)、父(ちち)の道(みち)を改(あらた)むること無(な)し。孝(こう)と謂(い)うべき。

有子曰。禮之用。和爲貴。先王之道斯爲美。小大由之。有所不行。知和而和。不以禮節之。亦不可行也。

有子(ゆうし)(いわ)く、礼(れい)の用(よう)、和(わ)を貴(たっと)しと為(な)す。先王(せんおう)の道(みち)、斯(これ)(び)と為(な)す。小大(しょうだい)(これ)に由(よ)る。行(おこな)われざる所(ところ)に有(あ)り。和(わ)を知(し)りて和(わ)すれども、礼(れい)を以(もっ)て之(これ)を節(せっ)せざれば、亦(また)(おこな)わるべからざるなり。

有子曰。信近於義。言可復也。恭近於禮。遠恥辱也。因不失其親。亦可宗也。

有子(ゆうし)(いわ)く、信(しん)、義(ぎ)に近(ちか)づけば、言(げん)(ふむ)べし。恭(きょう)、礼(れい)に近(ちか)ければ、恥辱(ちじょく)に遠(とお)ざかる。因(よ)ること其(そ)の親(しん)を失(うしな)わざれば、亦(また)(そう)とすべし。

子曰。君子食無求飽。居無求安。敏於事而愼於言。就有道而正焉。可謂好學也已。

(し)(いわ)く、君子は食(しょく)(あ)くを求(むと)むること無(な)し。居(きょ)(やす)きを求(もと)むること無(な)し。事(こと)に敏(びん)にして言(こと)に慎(つつし)む。有道(ゆうどう)に就(つ)いて正(ただ)すを、学(がく)を好(この)むと謂(い)うべきのみ。

子貢曰。貧而無諂。富而無驕。何如。子曰。可也。未若貧而樂。富而好禮者也。子貢曰。詩云。如切如磋。如琢如磨。其斯之謂與。子曰。賜也。始可與言詩已矣。告諸往而知來者也。

子貢(しこう)(いわ)く、貧(まず)しくして諂(へつら)うこと無(な)く、富(と)みて驕(おご)ること無(な)きは、何如(いかん)。子(し)(いわ)く。可(か)なり。未(いま)だ貧(まず)しくして楽(たの)しみ、富(と)みて礼(れい)を好(この)む者(もの)には若(し)かざるなり。子貢(しこう)(いわ)く、詩(し)に云(い)う、切(き)るが如(ごと)く、磋(みが)くが如(ごと)く、琢(う)つが如(ごと)く、磨(と)ぐが如(ごと)しと。其(そ)れ斯(こ)れを之(これ)(い)うか。子(し)(いわ)く、賜(し)や、始(はじ)めて与(とも)に詩(し)を言(い)うべきのみ。諸(これ)(おう)を告(つ)げて来(らい)を知(し)る者(もの)なり。

子曰。不患人之不己知。患不知人也。

(し)(いわ)く、人(ひと)の己(おのれ)を知(し)らざることを患(うれ)えず、人(ひと)を知(し)らざることを患(うれ)う。

ページトップに戻る

次へ「爲政第二」

==========