漢詩の基礎 | 漢詩を作る | 漢詩作法入門講座

「漢詩の基礎」の内容

  • 「漢詩の基礎」
    はじめに
    この章では、「漢詩とは何か」、「詩とは何か」について概略を述べています。
    漢詩を学ぶ前に
    この章では、漢詩を学習する上で最低限必要なものとして「漢和辞典」と、作詩する上で必要となる「詩語表」について紹介します。
    漢詩の形式
    この章では、五言詩、七言詩、絶句、律詩、古体詩、今体詩など、主に漢詩の形式に関する概略を説明しています。
    漢詩の構造
    この章では、七言絶句を二首取り上げ、句を構成する語(詩語)が「二字・二字・三字」であることを説明しています。
    返読の規則
    この章では、七言絶句を一首を例にレ点、一二点などの返り点の基礎と、返読文字、再読文字の概略を説明しています。
    韻について
    この章では、韻の初歩的な事柄を説明しています。また、四声(平声・上声・去声。入声)と漢和辞典を使って文 字の韻を調べる方法も簡単に紹介しています。
    平仄式について
    この章では、「平韻」、「仄韻」、「平仄式」について簡単に説明しています。ここでは「七言絶句平起式」、「七言絶句仄起式」、「五言絶句平起式」、「五言絶句仄起式」、「五言律詩平起式」、「五言律詩仄起式」、「七言律詩平起式」、「七言律詩仄起式」を掲載しています。
    その他の規約
    この章では、平仄式以外の規則として夏目漱石の絶句一首を取り上げ「一三五不論」、「孤平不許」、「下三連不許」、「同字重出を避ける」などの規則について説明しています。
  • 「漢詩の作り方」
  • 「参考図書」
  • 「詩語表」

「漢詩の作り方」次へ